腕の痛みに使用するサポーターを専門医が解説します

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

腕の痛みがあって安静にしろって言われたけど、仕事をやらないといけない、試合に出ないといけない・・・などどうしようもないケースがあったときに助けになるかもしれないのがサポーターです。

肩から腕にかけての痛みに対するサポーターと肘周りのサポーターが主にありますが、ある程度、原因が絞れていれば効果的なサポーターも自ずと決まってきます。

ということで、原因とリンクした形でサポーターをご紹介できればと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

腕の痛みの原因をおさらい

腕の痛みの原因で頻度が多いものについておさらいしておきます。

肩関節周囲炎・五十肩

まずは肩関節周囲炎や五十肩、四十肩というような肩の炎症による腕の痛みです。

肩関節やその周囲の炎症による痛みは意外と腕の上の方の痛みとして自覚しやすいという特徴があります。

 

ですから、患者さんも僕が肩を注意深く触れていると、

「いや、先生、肩じゃなくて腕が痛いんです」

とおっしゃることも少なくありません。

 

しかし、実際に肩関節を動かしたり、痛みを誘発するテストをしてみると痛みが出るんですね。それで、

「ああ、肩が悪いんですね」

と理解されるという流れはとても多いです。

 

この肩関節周囲炎、五十肩による腕の痛みの特徴は

  • 肘関節の曲げ伸ばしでは痛くない
  • 肩関節をある方向に動かしたときの痛みがある(その方向はケースバイケース)

ということが基本です。

また、肩のある部分に圧痛があることは多いですが、
腕の痛いところには圧痛(押しても痛い)という部分はないことが多いです。

詳しくはこちらでも解説しておりますが、

四十肩・五十肩 この症状は典型的

まず五十肩に典型的な症状を紹介していきます。

動作時痛 動かすと痛みが走る

五十肩は日常生活の中で、特に日中に何もしてないときに痛い(安静時痛)というのはあまりありません。

腕を回したとき、肩を挙げたときなど動かしたときに痛いというのが典型的です。

夜間痛 寝ていると痛くて目が覚める

Lonely mature man drinking beer at evening

次に夜間痛が特徴的です。夜寝ていると目が覚めちゃうくらいに痛むというのが典型的です。

他の関節、部位では夜間痛というのは、何か重大なものが隠れている可能性を示唆しますが、肩の場合は五十肩を含め、多くの炎症において頻繁に出現する症状です。

この夜間痛があるときは特に炎症が強い状態と考えられ、積極的に注射などを行うこともあります。

可動域制限 肩が回らない

可動域制限、これは肩を動かす幅が狭いことをいいますが、典型的には肩を上に上げられない、後ろに回せないなどの症状が出ますが、特に五十肩では他動可動域制限と言って、自分でも他人にやってもらってもカタくて動かせないという状態が多いです。

腱板断裂

腱板断裂(けんばんだんれつ)についても肩関節周囲炎と同様に肩関節周囲の問題と言えますが、より重症と考えていいと思います。

こちらで詳しく解説しております。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

肩腱板損傷の特徴的な症状

この肩腱板損傷の症状ですが、
まずは当然、肩の痛みがあります。

しかし、それだけでは
五十肩や肩関節周囲炎など、
他と区別がつかないので、

そういう意味では
腱板損傷のときに特徴的な症状を
理解しておきたいところです。

腕を捻ったときの痛み

まず腕を捻ったとき(ひねったとき)の痛みです。

時にはドアノブを回したり、
扉の開閉をしたり

というような、小さめの何気ない動作でも痛い

ということがあります。

これは肩腱板筋群が
英語ではrotator cuff

つまり、回旋腱板と呼ばれるように

肩の回旋運動(内外旋)を担当するということが
1つの理由です。

自分ではあまり上がらないが、やってもらうと上がる

もう1つは、

肩が上がらない

という、多くの人が悩まされる肩の症状の中でも

自分の力(自動運動)では上げられなくて、

他の人や、
自分の逆側の手で腕を持って、
上げ「られる」と(他動運動)、

結構、上まで上げられる

という症状も特徴です。

五十肩の上げられないとはちょっと違うわけです。

筋肉が痩せている

腱板損傷では、
損傷した筋肉は使いたいのに使えない状態になってくるので、

筋肉がやせ細って、萎縮します。

Man feels pain in the small of the back and holding hands on his loin

そうすると、裸になって、
両肩甲骨を比べて見たり、触れてみると、

筋肉が痩せていることが表面からもわかることがあります。

肩腱板損傷は症状だけでは判別できない

最後に元も子もないような話ですが、

こういった特徴はあるモノの、

多くの肩腱板損傷の患者さんを拝見してきますと、
まったく肩が上げられない人や、
痛くて眠れない人もいらっしゃれば、

ちょっと痛い程度の人、

時には痛みが全然ない人まで様々な症状を呈する人がいます。

そういった経験を積めば積むほど、

私が特に肩が専門だからこそ、

症状だけでは肩腱板が損傷しているか否かを
判断するのが厳しいと考えています。

そのため、症状の経過や
患者さんの求めるレベルと肩の現状の機能のギャップ
などを全体的に判断して、

必要があれば、積極的にMRIや超音波などで
肩腱板損傷の有無をチェックするように推奨しています。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

テニス肘とは外側上顆炎のこと

テニス肘とはテニスが原因で起こりやすいからそう呼ばれますがテニス以外にも様々な原因があります。

そして、実際の病名は上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)というものです。

外側上顆は筋肉の付着部=enthesis(エンテーシス)

上腕骨外側上顆炎とは、上腕骨という腕の骨の外側上顆という場所の炎症ということですが、

この外側上顆というのが、肘の外側の筋肉がくっつく場所です。

すなわち前腕伸筋群(手の指や手首を伸ばす、反らす筋肉たち)がこの外側上顆に付着するということになります。

この筋肉の付着部、すなわち筋肉(腱)と骨の境目あたりのことを、日本語ではそのまま「付着部」、英語ではenthesis(エンテーシス)という名前がついています。

筋肉の付着部はストレスに弱い

この筋肉の付着部(=enthesis)はスジ張った筋肉と、カタい骨というまったく違う性質の組織のつなぎ目ですから、ストレス・負荷に弱いという特徴があります。

それゆえ、繰り返し筋肉を使ったり、強烈に強い力が加わったり(外傷など)したときに、炎症が起こりやすいんですね。

つまり、上腕骨外側上顆炎は筋肉の付着部というストレス・負荷に弱い外側上顆という部分が、前腕伸筋群の使いすぎなどによって炎症を起こした状態ということになります。

画像引用元:OS NOW Instruction No.19 上肢の鏡視下手術 早期ADL回復をめざして 第一版 メジカルビュー社

その前腕伸筋群の使いすぎというのが、テニスの特にバックハンドストロークの繰り返しで起こりやすいわけです。手首を強烈に返しますよね(背屈、回外動作)

他にも単にデスクワークのマウス操作やキーボード操作などでも1日に何時間もやっているわけですから、テニス肘の原因として結構多いです。

 

肩から腕にかけての痛みに対するサポーター

こちらでも解説しておりますが、肩から上腕にかけての痛みに対するサポーターについてです。

肩の治療の基本は 肩の負荷コントロール

肩の治療の基本、根本ということを考えてみると、例えば、五十肩はまず肩関節周囲炎という症状から始まります。つまり炎症です。この炎症の原因はまだ確定できていませんが、

  • 加齢性の変化
  • オーバーユース(使いすぎ)

この2つの足し算が一番しっくりきます。

とすれば、加齢性の変化をどうにかするのは難しいので、オーバーユースをどうにかすることが大切になります。

そういう意味ではシンプルに「安静」となるわけですが、

実際は例えば、三角巾で肩を吊って、完全に肩をまったく動かさないような安静は、筋肉も落ちますし、肩関節が拘縮、カタくなる原因になりかねません。

ですから、ここでいう「安静」は

肩に対する負荷のうまいこと軽減したりやコントロールするという意味で捉えるといいかと思います。

スポンサード リンク

肩のサポーターの役割

そうするとサポーターの役割も明確になってきます。

肩のサポーターにはいくつかタイプありますが、
完全に腕を固定してしまうようなタイプは、さきほども述べたとおり、安静しすぎとなりかねませんので、

こういったタイプが五十肩の場合にはいいと思います。

肩は動かせるが、外から圧迫力がかかるようなタイプです。

肩サポーターは求心性に圧迫する

このサポーターは主に肩の外側から内側へ圧迫力がかかります。これは上腕骨頭というボールを肩甲骨関節窩(けんこうこつかんせつか)に押しつけるような力で、これを求心性(中心に向かう方向)の力(求心力)と言います。

これは自分の身体で言うと、インナーマッスル、腱板(けんばん)という筋肉たちのはたらきですので、その働きをサポートしてくれる意味があります。

その結果、肩を動かすときも関節が安定した状態で動かせるので肩の負荷が減らせると考えられます。

肩サポーターは保温の意味もある

また、保温の意味もあります。どうしても関節が冷えると、関節液が減って、滑りがわるくなったり、周りの筋肉の血流が悪くなって筋肉のコリや痛みに繋がります。

そういった意味では保温の効果も期待したいところです。

肩のサポーターの効果的な使い方:圧迫力を調整する

そう考えると、保温は装着すれば達成できますが、さらに求心性の圧迫力を得るために、調節できるタイプでは、ある程度しっかりとサポーターを締めるような調節ができることがポイントになります。

もちろん、締めすぎると血流を逆に阻害してしまったりしますので、注意が必要です。

肩のサポーターは腰痛の時のコルセットのように定番の治療ではありません。病院に行っても勧められることはほとんどないでしょう。

ただ、理論上は求心性圧迫力や保温など期待できる効果があるので、日々、肩への負荷のコントロールで苦労している人はトライしてみるのもいいかもしれません。

肘周囲の痛みに対するサポーター

肘周囲の痛みの1つ、テニス肘の治療においてどのような位置づけで、どのような意味合いでサポーターを使うといいのか?ということですが、これは実際はゴルフ肘と呼ばれる内側上顆炎でも同様です。

  • テニス肘は外側の筋肉の付着部
  • ゴルフ肘は内側の筋肉の付着部

の違いだけで、サポーターによる治療の原則は同じです。

テニス肘の治療の基本は伸筋群の負荷を減らすこと

テニス肘の治療は、その原因から考えれば、主に2つあります。

  • 筋肉(前腕伸筋群)の付着部の炎症を抑えること
  • 筋肉(前腕伸筋群)の付着部にかかる負荷を減らすこと

このうち、サポーターはもちろん後者である筋肉の付着部にかかる負荷を減らすことに貢献します。

テニス肘に効果が期待できるサポーターは2種類

この筋肉の付着部にかかる負荷を減らすという意味合いで効果が期待できるサポーターは2種類です。

エルボーバンドで付着部への牽引力をブロック!

1つ目は通称エルボーバンドと呼ばれるモノですが、シンプルに肘のちょっと先の前腕をぐるっと巻くバンドです。

ここでちょっとおさらいです。

筋肉の働きとして、前腕伸筋群が収縮、つまり縮むことで外側上顆と手を引っ張って、手首や指が動くわけです。

つまり、前腕伸筋群が働くときに常に外側上顆付近の筋肉の付着部は引っ張られる=牽引力がかかるわけです。

この筋肉の付着部にかかる牽引力をこのエルボーバンドで巻くことで手前でブロックしてしまおうというのがコンセプトになります。

試しに、外側上顆より指4本分くらい手首寄りの前腕伸筋群を手で多少強めに押さえて手首を動かしてみてください。テニス肘の人は痛みが違うのが実感できるかもしれません。

これがエルボーバンドの効果です。

エルボーバンドのポイントは位置と強さ

このエルボーバンドの正しい巻き方のポイントは2つです。

  • 上腕骨外側上顆より指4本分くらい手首よりに巻く
  • 巻く強さは強すぎず弱すぎず(しびれたり、痛みがでない程度に強めに)

まず位置ですが、これは筋肉の付着部より筋腹より、つまり手首よりで牽引力をブロックしないと意味がないので、だいたい指の幅4本分くらい手首よりで巻くのがオススメです。

ただ、人によって炎症の範囲が違うので、痛み具合によって微調整しましょう。

巻く強さは、弱すぎれば牽引力がブロックできませんし強すぎれば血の巡りが悪くなったり、神経を圧迫したりしてしびれてきたり、痛みが出たりします。

そういう意味で強すぎるのは絶対にダメですが、ただ、弱すぎると意味がなくなるということで絶妙なバランスが求められます。 これは人それぞれ違うので試行錯誤して、状況によって調節することになります。

手首を固定するサポーターで筋肉を休める

もう一つ、効果が期待できるサポーターとしては手首の動きを制限、固定するサポーターです。

Trauma of wrist with brace ,wrist support

前腕伸筋群の中でも最も負荷がかかり、痛みの原因になるのが手首を反らす手根伸筋です。この筋肉を休ませるために、手首を固定してしまおうというのがこのサポーターの役割です。

テニス肘にオススメのサポーターとその正しい使い方 byスポーツ医

まとめ

今回は腕の痛みとして肩周囲の痛みと肘周囲の痛み、それぞれに効果を期待したいサポーターについて解説いたしました。少しでも参考になりましたら幸いです。

肩の痛み、障害というマイナス状態からゼロに戻すだけでなく、さらにプラスへ持っていく方法や考え方についてはメールマガジンで解説していますので、興味が持っていただけましたらご登録をお願いします。

 

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。