腕の痛みの原因別症状まとめ これであなたの痛みの原因が推測可能

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

腕の痛みがあるときに、これはなんで痛いのだろうか?と考えるのはごく自然のことですね。腕に何が起こっているのか?その原因は何なのか?

これは必ず受診される患者さんが知りたいことですから、当然、最初にその説明をするわけですが、それも一筋縄ではいかないこともあります。われわれ専門医でも一発で原因を特定できるとは限らないんですね。

そんなときに解決策、突破口になり得るのが日々の症状です。

単に腕が痛いというだけでなく、どこがどのように、どんなタイミングで痛くなるのか?というようなことで原因をどんどん絞り込めていけます。

しかし、その視点が患者さんにないと、なんとなーく自覚症状も認識が甘くて、医師に伝えられないケースもあります。

ということで、ご自身の症状から原因を推測するという視点を持っていただくためにも、どういう原因で起こった腕の痛みはどんな症状になりやすいのか?ということを解説してみたいと思います。

こんにちは、肩を専門とする整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきます。

腕の痛みの原因と特徴的な症状

ここでの腕の痛みは主に肘から肩にかけての「上腕(じょうわん)」の痛みに限定します。肘から先の前腕の痛みはまた別の機会にお話しできればと思います。

腕の痛みの原因:肩関節周囲炎・五十肩

まずは肩関節周囲炎や五十肩、四十肩と呼ばれる、いわゆる肩関節周囲の炎症による腕の痛みです。

肩関節やその周囲の炎症による痛みは
意外と腕の上の方の痛みとして自覚しやすいという特徴があります。

 

ですから、患者さんも僕が診察中に肩を注意深く触れていると、

「いや、先生、肩じゃなくて腕が痛いんです」

とおっしゃることも多いです。

 

しかし、診察の中で肩関節を動かしたり、
痛みを誘発するテストをしてみると、やはり痛みが出るんですね。それで、

「ああ、肩が悪いんですね」

と理解されるという流れになります。

 

さて、肩関節周囲炎、五十肩など肩の炎症による腕の痛みの特徴は

  • 肘関節の曲げ伸ばしでは痛くない
  • 肩関節をある方向に動かしたときの痛みがある(その方向はケースバイケース)

ということが基本です。

また、肩に圧痛があることは多いですが、腕の痛いところには圧痛(押しても痛い)という部分はないことが多いです。

また腱板損傷も肩の炎症を起こしますが、同様に腕の痛みとして自覚されることが少なくありません。

五十肩の典型的症状などはこちらでも解説しておりますが、

五十肩・肩関節周囲炎の症状とは?

まず五十肩に典型的な症状を紹介していきます。

動作時痛 動かすと痛みが走る

四十肩・五十肩は日中に何もしてないときに痛い(安静時痛)というのはあまりありません。

肩・腕を回したとき、肩を挙げたときなど動かしたときに痛いというのが典型的です。

夜間痛 寝ていると痛くて目が覚める

Lonely mature man drinking beer at evening

次に夜間痛、夜寝ていると目が覚めちゃうくらいに痛むというのが典型的です。
他の関節で夜間痛というのは、何か重大なものが隠れている可能性を考えなくてはいけませんが、
肩の場合は五十肩を含め、多くの炎症において重大な疾患でなくても頻繁に出現する症状です。

可動域制限 肩が回らない

可動域制限、これは肩を動かす幅が狭いことをいいますが、
典型的には肩(腕)を上に上げられない、手を後ろに回せない(肩の内旋、伸展制限)などの症状が出ます。

スポンサード リンク

腕の痛みの原因:腱板断裂

腱板断裂(けんばんだんれつ)についても肩関節周囲炎と同様に
肩関節周囲の炎症が痛みの原因と言えますが、より重症と考えていいと思います。

こちらで詳しく解説しております。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

肩腱板損傷の特徴的な症状

この肩腱板損傷の症状ですが、
四十肩・五十肩同様に肩の痛みが典型的です。

しかし、それだけでは
五十肩や肩関節周囲炎など、
他と区別がつきません。

そういう意味では
腱板損傷のときに特徴的な症状を
さらに詳しく理解しておきたいところです。

腕を捻ったときの痛み

まず腕を捻ったときの痛みです。

大きく回したりしても痛いのですが、

時にはドアノブを回したり、
扉の開閉をしたり

というような、小さめの動作でも痛い

ということがあります。

 

これは肩腱板の筋肉が
英語ではrotator cuff muscle

つまり、回旋腱板筋と呼ばれるように

肩の回旋(捻り)運動を担当するということが
1つの理由です。

自分ではあまり上がらないが、やってもらうと上がる

もう1つは、

肩が上がらない

という、多くの人が悩まされる肩の症状の中でも

自分の力では上げられなくて(自動挙上制限)、

他の人や、
自分の逆側の手で腕を持って、
上げ「られる」と、

結構、上まで上げられる(他動挙上は可能)

という症状も特徴です。

筋肉が痩せている

腱板損傷では、
損傷した筋肉は使えなくなってくるので、

筋肉がやせ細って、萎縮してしまいます。

Man feels pain in the small of the back and holding hands on his loin

そうすると、裸になって、
両肩甲骨を比べてみると、

筋肉が痩せていることが見えることあります。

肩腱板損傷は症状だけでは判別できない

ここにきて元も子もないような話ですが、

腱板損傷の症状としての特徴はあるモノの、

多くの肩腱板損傷の患者さんを拝見してきますと、

まったく肩が上げられない人もいらっしゃれば、
痛くて眠れない人もいらっしゃれば、

ちょっとだけ痛い程度の人、

時には痛みが全然ない人まで、様々な症状の人がいらっしゃいます。

 

そういった経験から

僕は肩が専門だからこそ、

症状だけでは肩腱板が損傷しているか否かを
判断できないということを実感しています。

そのため、必要があれば、積極的にMRIや超音波などで
肩腱板損傷の有無をチェックしています。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋長頭腱炎(じょうわんにとうきんちょうとうけんえん)は肩や腕の前方の痛みとして自覚することが多いです。腕の場合でもいわゆる「二の腕」に沿った痛み、すなわち腕の前方、から肘の曲がる側(屈側)に痛みを感じることも多いでしょう。

これも腕の筋肉とは言え、上腕二頭筋長頭腱が肩関節の中に入り込むところでの炎症が多いので、結局、肩の動きに関連した動きが中心であることがほとんどです。

こちらで詳しく解説しておりますが、

上腕二頭筋長頭腱炎とは? 専門医がわかりやすく

2017.03.30

上腕二頭筋長頭腱炎の症状は肩前方の痛み

これが上腕二頭筋長頭腱炎の典型的な状態です。

そのため、結節間溝部分(肩の前方の凹み・・・慣れないと判別は難しいかもしれません)に動かしたときの痛みや、押しての痛みなどが出現します。

また、診察のときには、Speed testという診察テストをやります。このテストが陽性の時は、下のイラストのように肘を伸ばしたまま手のひらを上にして肩を力を入れて抵抗に負けないように挙げていってもらうと痛みが走ります。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

首の神経の問題(頚椎椎間板ヘルニアなど)

首の骨である頚椎の後に走る脊髄神経やその枝である神経根(しんけいこん)に問題(椎間板ヘルニアなどによる圧迫や靭帯などによる圧迫、外傷による神経損傷など)があっても、神経性に腕の痛みが出現することがあります。

また、神経の症状なのでピリピリ、じわじわとしたしびれとして出現することも少なくありません。

この場合は肘や肩は問題がないので、どう動かしても痛みは変わらず、
逆に首を前屈したり後屈したり、左右に傾けたりすると痛みが強まるケースが典型的です。

また、神経の障害ですから、動かしたときに痛くはなかったとしても、力が弱くなっていること(筋力低下)があり得ます。これは麻痺症状ですから早期に病院受診が必要な症状です。

筋肉痛(上腕二頭筋 or 上腕三頭筋)

直接的でわかりやすいのは単なる筋肉痛ですね。

これは何らかの腕に負担がかかったエピソードがあるとわかりやすいですね。慣れない運動をしたとか、重いものを持ち運んだとか、変な姿勢で寝てしまっていたとか・・・

この場合はその筋肉を押せば痛い、力を入れれば痛いということになります。それは肘を曲げる上腕二頭筋か、肘を伸ばす上腕三頭筋、そのどちらかであることがほとんどでしょう。

骨折や肉離れなど外傷

これはあまり原因を心配するということはないかもしれません。

何らかの外傷や強い負荷がかかれば、骨折や肉離れなどが起こっている可能性があるわけですね。

ただ、そういった強い外力がかからなくても、疲労骨折を起こしてしまうこともありますし、また、遊びで腕相撲をやっていたら骨折してしまった、ボールを投げたら骨折をしてしまった(投球骨折)なんてこともありますから、注意は必要です。そういった意味でも最低限レントゲンをチェックしてもらうというのは必要でしょう。

腕の痛みの原因をはっきり特定するには?

これらの症状から痛みの原因を推測したとして、その原因を特定することができないと、やはり、疑心暗鬼のままなかなか治療が前に進まないことがあります。

そのため腕の痛みの原因をハッキリ特定するためにわれわれが行っている流れをご説明します。

問診・診察

まず患者さんからお話しを伺うところから始まります。

ここでここまで話したような原因特定に繋がるような痛み、症状の特徴をうまく伝えることができると、よりスムーズに話は進むと思います。

さらに具体的に患部に触れ、関節を動かし、推測される原因に特徴的な診察テストを行って、より絞り込んでいくというのが診察です。

画像検査(レントゲン、MRI、超音波など)

それら診察で得られた所見をさらにレントゲンや精密検査であるMRI超音波などの画像と照合して、原因となり得る画像上の異常が見つかれば、よりその異常が痛みの原因として特定しやすくなります。

しかし、意外と画像上には異常として表れないものもあるのがなかなか悩ましいところです。

推測した原因に対する治療を行ってみる(診断的治療)

そういった悩ましい状態で原因が特定できない場合は、可能性が高そうと推測される原因に対する治療を行うということが時にあります。

例えば、上腕二頭筋長頭腱に炎症があって痛みの原因になっている可能性があると考えられた場合は、その上腕二頭筋長頭腱の周りに局所麻酔薬や炎症を抑えるステロイド薬を注射することでその効果を確かめます。

これはもちろん治療にもなりますし、それで効果があれば、原因も特定できたということになるわけですね。

こういう治療のやり方を診断的治療と言ったりします。

まとめ

今回は腕の痛みの原因をいくつか挙げさせていただき、その特徴的な症状を解説いたしました。少しでもあなたの痛みの原因にせまる上での参考になりましたら幸いです。

肩の痛み、障害というマイナス状態からゼロに戻すだけでなく、さらにプラスへ持っていく方法や考え方についてはメールマガジンで解説していますので、興味が持っていただけましたらご登録をお願いします。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。