野球肩のリハビリポイントを肩専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は野球肩のリハビリテーションについてです。
野球肩とは?という基本から
そのメカニズム、病態の解説をいたします。

その基本をもとに
どういうリハビリを行うべきか?
というポイントと代表的なエクササイズをご紹介します。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

野球肩とは?

野球肩とは、
別名、投球障害肩と言いますが、

つまり、投球動作の繰り返しで起こる
肩の痛みです。

つまり、肩のどこが傷んでいる
ということを表した言葉ではないので、
野球肩と言っても、様々な病態があるわけです。

野球肩の一番の原因は?

野球肩には様々な病態がありますが、

その原因は
さきほども述べたとおり

投球動作の繰り返しです。

adobestock_52166588

投球動作中の肩は回旋運動+αが実状

投げるという動作において、

一番大きく動いているのは、
肩の回旋運動、すなわち外旋と内旋という動きです。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

 

投球動作中のこの外旋と内旋という動きは、
日常生活では経験しない可動域とスピードです。

そのため、繰り返せば、
様々なところに無理が来る

というのが原因です。

肩の回旋運動で負担がかかるのは?

肩の回旋運動で負担がかかる部位は
たくさんあります。

その中でも、

肩の回旋運動を担いながら、
肩を安定化させている
インナーマッスル、腱板筋群

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩の安定化の最重要組織と言ってもいい、
関節唇(かんせつしん)

画像引用元: Philipp N et al:Anterior Glenohumeral Instability: A Pathology-based Surgical Treatment Strategy. AAOS 2014

画像引用元: Philipp N et al:Anterior Glenohumeral Instability: A Pathology-based Surgical Treatment Strategy. AAOS 2014

肩の前方の安定性に貢献している
腱板疎部(けんばんそぶ)

などが代表的です。

 

これらの部位が
様々な原因の中で傷んでしまい、

投球時の痛みにつながる

 

それが投球障害肩=野球肩というわけですね。

野球肩のリハビリポイント

投球動作というのは
全身運動です。

下半身からの力を体幹を使って
肩から腕、手、ボールに伝える。

その力と動きの伝達、連動を

運動連鎖と言います。

この運動連鎖をスムーズに
効率よく行うことが

パフォーマンスにも、
野球肩を防ぐことにも繋がります。

 

その視点において、

投球障害肩のリハビリで重視すべき
部位の筋力や柔軟性はある程度わかっています。

個人個人で重点的に行うリハビリは違う

その中でも
個人個人で重視すべきリハビリは異なります。

それは個人個人でフィジカル面における
弱点が異なるからですね。

股関節が硬い人もいれば、
体幹が弱い人、
肩まわりが硬い人、
インナーマッスルが使えてない人など

弱点は人それぞれです。

 

自分の弱点を把握した上で、
どこを重視すべきか判断するのも
大切なことです。

それでは多くの選手に共通する
リハビリの重点ポイントを紹介します。

下半身:太もも前後の柔軟性

まず下半身ですが、

特に太ももの前後、

つまり大腿四頭筋ハムストリングス
柔軟性が重要です。

投球動作においては、
股関節がかなり幅広く動き、
この股関節の動きにおいて

ふとももの前後の筋肉の柔軟性が足りないと、

かなり無理な動きになり、
骨盤から体幹の動きも制限され、

結果、運動連鎖が非効率的に
スムーズじゃないものになります。

 

この2つに対しては
2つストレッチ動画をご紹介します。
参考にしてください。

体幹の安定性

次に体幹の安定性です。

投球動作においては、
下半身で大きな力を生み出しますが、

この大きな力を肩から腕にスムースに
伝えるには、

体幹がぐらついていてはできませんし、
コントロールも定まりません。

 

この体幹の安定性においては、
様々なトレーニングがありますが、

基本中の基本である
ハンドニーというトレーニング動画を紹介します。

肩甲骨の可動性

下半身の力を体幹で上に伝え、
次に重要になるのが

肩甲骨です。

この肩甲骨は

体幹の一部としての役割
肩の一部としての役割

両方が求められます。

それが意味するのは、

肩甲骨には安定性と動きの幅広さ(=可動性)
この両方が求められる
ということです。

 

この肩甲骨のエクササイズの基本は
CATと呼ばれる
四つん這いで、
肩甲骨を広げて寄せてをゆっくり繰り返す

というものです。

肩関節内旋可動域

最後に肩の可動域、
つまり肩がカタくならないようにする

肩関節の柔軟性を上げる

ということですが、

 

特に投球動作を長年繰り返していると、
肩関節の内旋という可動域がカタくなります。

これは肩関節の後方の関節包
という部分がカタくなっていることが多く
(野球選手には
骨の変形が利き腕では起こっているので、
それだけでもカタくなりますが)

しっかりとストレッチしたいところです。

この肩関節の内旋ストレッチにおいて、
有効なのは、

スリーパーズストレッチと呼ばれるモノです。

究極は投球動作からの逆算リハビリ

このような一般的に
多くの選手に共通する重点ポイントを
ある程度、自分の弱点を把握しながら
まんべんなくやっていく。

ということが1つの方法ではありますが、

 

本当は
個人個人の投球動作をみて、

どの瞬間に痛みが走り、

それはその瞬間に
肩に何が起こっていて、
痛みが走っているのかを推測します。

そして、
その痛みがでる肩の動きを回避するための

理想的な投球動作というモノを
全身の運動連鎖の中で作り上げていく。

 

そのために必要なフィジカルを
エクササイズで獲得していく。

という流れが望ましいわけです。

 

しかし、それをするには、
診断をする医師にも、
投球動作に関する知識が必要です。

しかし、それを持ち合わせる整形外科医は
非常に少ないのが現状ですので、

まずはまんべんなくのリハビリをやる
ということがスタートでしょう。

 

僕の外来で診察させていただく際は、
この投球動作から逆算してリハビリを提案することを
心がけています。

 

今回は野球肩のリハビリテーションについて、
野球肩の基本をおさらいしながら、

ポイントと代表的エクササイズを
ご紹介いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。