肩こりの原因となる筋肉をわかりやすく専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

肩こり・・・
本当にやっかいな症状ですよね。

肩こりの症状の分布からも、その原因が筋肉にあることは多くの人が納得いく部分だと思いますが、それが「●●筋」だ!と認識している人は少ないのではないでしょうか?

ここは肩の専門医が専門情報をわかりやすくお伝えするブログですので、あなたの肩こりが「●●筋」で、その筋肉の働きはこうである。というところを理解していただくことにもトライしたいと思います。

と言っても、どの筋肉か明確に判定するのが難しいこともありますので、もう少しザックリとゾーンで認識する方法についても解説しておりますので参考にしてください。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩こりの原因となる筋肉

では、さっそく、肩こりの原因となる筋肉について整理してみます。

肩こりの代表的な症状は
首から肩甲骨、背中にかけての痛みだと思いますので、
そこに位置する代表的な筋肉を4つご紹介します。

僧帽筋

1つ目は僧帽筋です。
この筋肉はかなり大きく幅広く走っている筋肉で、おそらく痛みの原因として最も頻度が多いのではないかと考えています。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

その理由はやはり、その幅広さです。

背骨から肩甲骨や鎖骨にくっつきますが、肩甲骨の上から下に走る上部線維、肩甲骨に真横に走る中部線維、肩甲骨の下から上行する下部線維と3つのパートに分かれます。

つまり、首から肩甲骨、背中にかけてが痛い場合、どこが痛くても僧帽筋が原因である可能性があると言えます。

胸鎖乳突筋

これは肩甲骨ではなく鎖骨や胸骨という前側の骨をつないでいますが、首の代表的な筋肉です。首筋の左右前よりが痛い場合はこの胸鎖乳突筋が痛い可能性があります。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

この胸鎖乳突筋の首の付け根は乳様突起という耳のすぐウラ側の骨の出っ張りです。その場所から鎖骨や胸骨に向かって走っているどこかで痛い場合は胸鎖乳突筋の可能性が高いです。

肩甲挙筋

次に肩甲挙筋です。

これは首の骨である頚椎から肩甲骨の内側、上側の角(上角)につきます。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

その名の通り肩甲骨を挙げる筋肉ですね。

ある意味この筋肉は常に重力によって落ちようとする肩甲骨を引き上げている筋肉と言えます。そのため、これも痛みの原因になりやすいと考えています。

菱形筋

菱形筋は背骨と肩甲骨の内側をほぼ真横に走っている筋肉で、肩甲骨を背中に引き寄せる働きがあります。この表面には先ほども解説した僧帽筋の中部線維がありますので、どちらが痛みの原因かはっきりしないこともあります。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

ただ、こちらは肩甲骨の内側のラインにくっつきますが、僧帽筋は結局、肩甲骨の肩甲棘という部分や肩峰という部分にくっつきますので、肩甲骨の内側のラインに沿ってかなり痛い場合は菱形筋の付着部の痛みの可能性が高いと判断します。

首から肩甲骨、背中をゾーンにわけて痛みを探る

これらの筋肉の痛みとして
その原因をどのようにとらえていくべきか?
ということを考えてみます。

筋肉は線維方向に
「縮む」というはたらきと
「伸ばされる」という性質しかありません。

線維方向とは直交した方向に動いたり、
斜めに動いたりなんてことは当然できません。

その性質からしても、
もう少しシンプル化して、

前、上、下と
3つのゾーンにわけて考えてみたいと思います。

各ゾーンの筋肉は
大雑把に言えば、似たような肩甲骨の動きを司るので、

その動きに対してアプローチしていくことが
この筋肉の痛みに対する治療になる

という感じでシンプルにできます。

スポンサード リンク

上ゾーン(僧帽筋上部線維、肩甲挙筋)

上ゾーンは首の半分より後から
下は肩甲骨の横に走る突起である肩甲棘までです。
主な筋肉は僧帽筋上部線維肩甲挙筋です。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

この上ゾーンはわかりやすくて
肩甲骨を上に上げる(挙上)働きがあります。

肩をすくめるというような動きです。

下ゾーン(僧帽筋中部下部線維、菱形筋)

下ゾーンは肩甲棘から下で、
菱形筋や僧帽筋中部、下部線維が主な筋肉です。

下ゾーンは肩甲骨を内側に寄せる(内転)
という動きをメインで担当します。

前ゾーン(胸鎖乳突筋)

前ゾーンは
首の真ん中から前(正確には乳様突起から前)のゾーンで、
主な筋肉は胸鎖乳突筋です。

この胸鎖乳突筋はその走行から少し複雑な動きをします。
例えば右の胸鎖乳突筋とすれば、
右に側屈(首をかしげる)ということと、
左回旋(左を向く)ということ

これがメインの働きになります。

各ゾーンに有効なエクササイズ・ストレッチ

このように3つのゾーンにわけて、あなたの痛みがどのゾーンにあるのかを考えてみてください。

各ゾーンに有効なエクササイズ・ストレッチについてはこちらの記事をご参照ください。前半は同様の解説ですから、後半のエクササイズの部分をお読みください。

肩の他に首や背中が痛いときの原因と治療 専門医解説

2017.11.22

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。