肩関節亜脱臼を疑う症状と癖になった時の対処法を専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

肩関節脱臼というのは完全には脱臼していないが、外れかかっている状態と言っていいかと思います。

ただ、肩関節の場合は亜脱臼の定義もちょっと難しいですし、この症状は脱臼ではなさそうだけど、亜脱臼なのか?と思うケースは結構ありますよね。
また、癖になってしまった場合は単に脱臼の軽症バージョンとして放置していいわけでもないのでしっかりと解説したいと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩脱臼の基本をおさらい

肩脱臼とは?

肩脱臼とは、
肩が外れることを言うわけですが、

実際には肩と言っても、
肩にはいくつか関節があります。

いわゆる肩関節は

肩甲上腕関節(けんこうじょうわんかんせつ)という、
肩甲骨と上腕骨からなる関節のことを言います。
細かく言うと
肩甲骨関節窩(けんこうこつかんせつか)という
受け皿と、
上腕骨頭というボールからなる関節です。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

他には、肩鎖関節という
肩甲骨と鎖骨からなる関節もあります。

他にもいくつか関節に類するモノがありますが、
代表的なのはこの2つですね。

正確には肩甲上腕関節脱臼

そういう意味で、
正確に表現すると

肩甲上腕関節脱臼のことを
一般に肩脱臼と言います。

肩は4方向に外れるがほとんどが前方脱臼

肩の脱臼は
* 前方脱臼
* 後方脱臼
* 上方脱臼
* 下方脱臼

と4種類ありますが、
ほとんどが前方脱臼です。

X-ray anterior shoulder dislocation

X-ray anterior shoulder dislocation

つまり、上腕骨頭が前に外れます。

それにはいろいろ理由がありますが、

関節窩という
肩甲骨側の受け皿の形が、
上下に長い楕円形をしていて、

さらに、やや前に傾いている

画像引用元: Philipp N et al:Anterior Glenohumeral Instability: A Pathology-based Surgical Treatment Strategy. AAOS 2014

画像引用元: Philipp N et al:Anterior Glenohumeral Instability: A Pathology-based Surgical Treatment Strategy. AAOS 2014

ということが大きな要因です。

肩の脱臼と亜脱臼の違いとは?

まず肩の脱臼(完全脱臼)と亜脱臼の違いについてです。

厳密な定義は完全に外れたか否か?

当然、完全に外れたのかどうかが厳密な意味での脱臼と亜脱臼の違いです。

そして、多くの関節ではこの定義で特に問題はありません。

しかし、肩の場合は完全に外れていない、いわゆる外れかかっている状態というのはあまりありません。

そもそもが不安定な関節なので外れかかっている状態であれば、大抵は完全に外れちゃいます。

とすれば、亜脱臼なんてほとんどないと言ってもいいのかもしれませんが、

運用上定義は自分で入れられるか否か?

僕の個人的な意見としては、

自分ですぐに整復できたかどうか?

これで分けるといいかと思っています。

完全脱臼では病院(時には病院外でも)で医師やその他専門家に入れてもらう必要がある状態です。

しかし、亜脱臼では一瞬外れたけど、すぐに入ったケースや、
ちょっと腕を脱力したら入った
というようなケースと考えています。

今回はこの運用上の定義をもとに亜脱臼について解説していきます。

これって肩の亜脱臼?典型的な症状

と言っても、肩が本当に外れたのか?
特に亜脱臼の場合は自分で入れてしまっていますから、外れた状態をレントゲンで捉えることもできません。

そこで、亜脱臼を疑う典型的な症状について挙げてみます。

突然の痛み

まずやはり、突然の痛みを感じるケースが多いです。

安定していたはずの肩関節が一瞬でも外れてしまったわけですから、関節唇や関節包、軟骨が多少なりとも損傷しています。

この痛みははじめて亜脱臼した時に強い症状と言えるでしょう。

逆に癖になってしまっている場合は外れた瞬間の痛みは少ないケースもあります。

脱臼感 外れた感覚

これは外れた人にしかわからないかもしれません。

外れた感覚というのがあるんですね。僕も一度、完全脱臼、以後、亜脱臼のみですが繰り返していたので、その外れた感覚、脱臼感がわかります。

その脱臼感は何とも言えない気持ち悪い感覚としか言いようがないですが、大抵は「これは外れている、一瞬だけど外れた」と自分では間違いなくわかるという感じです。

ですから、「これは外れたのかな?外れているのかな?」という疑心暗鬼くらいの症状は外れていないことが多いかなというのが印象です。

整復感 はまった感覚

そして、亜脱臼の場合は自分で入れていますから、その瞬間のはまった感覚(整復感)も特徴的です。

一気に気持ち悪い感じがなくなって、動かせるようになります。

速やかに痛みが改善

整復されれば、多少痛みが残ることはありますが、外れているときの痛みとは全然違う、速やかな改善が得られます。

逆に打撲や骨折、腱板損傷ではそういう感覚はないです。痛みはしばらく続きますよね。

肩の亜脱臼が癖になってしまったら

この肩の亜脱臼、整復されてしまえば、あまり症状が残ることは少ないですが、

それを繰り返してしまう、つまり癖になってしまうと困りますよね。

何が困るかというと、

  • いつ外れてしまうのか?という恐怖感
  • 外れてしまったときの痛み
  • 繰り返すことによる肩への蓄積ダメージ
  • いつか完全脱臼も起こりうるリスク

このあたりでしょう。

そのため亜脱臼でも癖になっている場合は徹底した対策が必要です。

スポンサード リンク

亜脱臼してしまう姿勢を避ける

基本中の基本ですが、亜脱臼してしまう姿勢を覚えて、避けるということです。

圧倒的に多い「前方」亜脱臼の場合は、肩関節を外転+外旋+伸展という動きで亜脱臼してしまいます。

手を背中側持っていく、持っていかれるというのが、よくある脱臼の動きです。

インナーマッスルを鍛える

肩の安定化装置として、鍛えられるのはインナーマッスルです。

特に腱板(けんばん)という筋肉が収縮すると肩は安定します。
肩の腱板のトレーニングについてはこちらの記事、動画もご参考にしてください。

肩のインナーマッスルの鍛え方 トレーニング動画で by専門医

2017.03.11

 

最終的には手術

ただ、インナーマッスルだけでは癖になった亜脱臼を防げないことも少なくありません。

それは亜脱臼が癖になる原因が鍛えることができない「関節唇(かんせつしん)」や「関節包」「軟骨」の損傷であることが理由です。

とすれば、最終的には手術をしない限りは癖になった亜脱臼を防ぐのは難しいということも少なくありません。

手術は完全脱臼と同様の手術になります。

こちらの記事もご参照ください。

肩脱臼の手術方法を肩専門医が解説

2017.01.01

まとめ

今回は肩関節の亜脱臼について解説いたしました。

疑うべき典型的症状と癖になってしまった場合の対策について、お伝えいたしました。
多くの人は少なからず困っておられますが、肩を専門とする医師の存在を知らずに放置してしまっています。一度、相談されることをオススメします。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。