ボクシング 肩が痛いときの原因 特にフックに注意を 専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

ボクシングにはケガがつきものですが、それは当然「殴られる」ことに起因することがほとんどです。しかし、逆にパンチを繰り出すときに傷めてしまうこともありますし、その結果、パンチが打てない、威力が落ちる、というようなことがあれば選手生命に関わりますよね。

パンチという動作で負担がかかるのは主に上肢です。
フットワークはもちろん重要ですし、体幹の安定性も重要ですが、最終的に高速に加速されるのは上肢、つまり、肩から腕、手ということになります。

それも様々なパンチの種類の打ち分けの中での主役は肩関節と言っていいでしょう。肩関節の3次元的な動きがパンチにおいてすべて異なりますので、肩にかかる負荷もそれぞれ違ってきます。

それらパンチにおいて肩に痛みがある場合にどういう状態があり得るのか?注意しないといけないのか?ということについて解説いたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩の構造をおさらい

ボクシングの特にフックパンチで肩の痛みが走る場合は

結構多いケースとして、フックと呼ばれる巻き込むように打ち込むパンチで肩に痛みが出る場合です。

このときには肩関節は挙上・外転・内旋という複合運動を起こします。
特に内旋運動が強いのがフックの特徴です。

肩峰下インピンジメントが起こっている可能性

この内旋が強い複合運動によって起こりやすいのが肩峰下インピンジメントという状態です。

これは肩峰(けんぽう)という肩甲骨の屋根にあたるような部分の下に肩のインナーマッスルである腱板がこすれたり、衝突するような状態です。

この肩峰下インピンジメントの痛みを誘発するテストであるHawkins testのイラストとフックパンチ・・・似てますよね。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

こちらもご参照ください。

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

より重症だと腱板損傷が起こっている可能性

そして、それのインピンジメントを繰り返しているうちに、腱板が損傷してしまうことがあります。

腱板断裂をまるごと肩専門医が解説

2017.10.30

そうなると、なかなか痛みが引かないということは十分にあり得ますし、痛みを我慢して続ければ、どんどん腱板損傷は悪化していきますので、早めにMRIなどの精密検査が必要です。

ボクシングの他のパンチで痛みが走る場合

ボクシングには他にも特徴的なパンチがありますが、アッパーとストレートパンチについてもみていきます。

スポンサード リンク

アッパーで痛いのは上腕二頭筋腱損傷にも注意を

アッパーというのは脇をしめて、下から上に打ち上げるんですが、肩は外旋から挙上という動き、そして、肘は曲げた状態をある程度キープという状態です。

ここで強い力がかかるのは上腕二頭筋です。

肘を曲げ、前腕を回外させる働きを持ちますが、まさにこの状態を強烈なパンチの中でキープしておかないと十分な力を伝えられません。

アッパーで肩の前方が痛いという場合はこの上腕二頭筋、特に長頭腱の損傷を疑う必要があります。

上腕二頭筋長頭腱炎とは? 専門医がわかりやすく

2017.03.30

ストレートでも痛い場合はより腱板損傷を気にする

ストレートで痛いという場合ですが、ストレートは肩を挙上し、肘を伸展しながら、やはり肩関節は内旋します。

この内旋度合いはフックの方が負荷が強いので、おそらくストレートで肩が痛い場合はフックでも痛いケースが多いと思いますが、

ストレートですら肩が痛いという時は余計に重症である腱板損傷がないか気になります。

まとめ

今回はボクサーの命であるパンチで肩が痛い場合に、その原因をどのように考えるか?ということを解説いたしました。

思い当たる痛みがあるようであれば、肩の専門の医師の診察を受けてみてもらうといいかと思います。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。