ガングリオンが肩に!? 痛みとの関連は? 専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

ガングリオンというのは良く手にできる良性の腫瘍のようなもので、比較的多い病態です。

それが肩にもできることがあるというのは

実際に自分や周りの人が言われたときに、はじめて知ることがほとんどではないでしょうか?

手などにできたガングリオンは放置しても特に悪さすることは少ないですし、治療するにしても、まずは注射で抜いてみたりと、比較的軽めのイメージがあると思います。

しかし、肩にできたガングリオンはむしろ肩の痛みなどの症状があるときに、検査してた結果見つかるものがほとんどで、

手術などの治療を必要とすることもかなりあります。

そんな肩のガングリオンについて解説していきたいと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

肩の構造をおさらい(関節唇と肩甲上神経について)

関節唇(かんせつしん)とは?

関節唇というのは肩の関節の中で肩甲骨側の受け皿にあたる関節窩(かんせつか)と呼ばれる部位の受け皿を深くして外れにくくする役割がある柔らかめの軟骨です。

ちょっとわかりにくいですね。噛み砕きます。

まず、肩関節は上腕骨と肩甲骨から成りますが、肩甲骨側が受け皿のような形、上腕骨側が受け皿に乗っかるボールのような形をしています。

これをボール&ソケットタイプの関節と呼びます。

画像引用元: Philipp N et al:Anterior Glenohumeral Instability: A Pathology-based Surgical Treatment Strategy. AAOS 2014

この受け皿側の骨(関節窩)の形状ではとても浅いので、ボールがすぐに転げ落ちてしまいそうになります。

つまり、脱臼ですね。

そうならないように関節窩をぐるりと取り囲むようにして、受け皿に深さを与えているのが関節唇という柔らかめの軟骨だということです。

肩甲上神経とは?

肩甲上神経(けんこうじょうしんけい)とは、肩の近くに走る末梢神経(まっしょうしんけい)の1つです。

末梢神経といえば、他には正中神経とか坐骨神経などが有名ですね。それと同じ種類の神経です。

肩から腕の運動や感覚を司る神経は首から出てきます。そして、肩甲上神経は肩の上あたりで枝分かれして、肩甲骨の凹みを通って、筋肉や関節に入ります。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

インナーマッスルを動かす神経

主に肩甲上神経は運動神経です。つまり、筋肉に信号を伝えるはたらきがあり、これが働かなくなると、いわゆる「運動麻痺」が起こります。

この肩甲上神経が支配する筋肉は

  • 棘上筋(きょくじょうきん)
  • 棘下筋(きょっかきん)

の2つです。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩の重要な腱板筋群(インナーマッスル)の2/4、つまり半分を支配していると言えます。

肩の後ろの感覚にも関係していると言われている

以前から、肩甲上神経には皮枝(皮膚感覚を支配する枝)は存在せず、純粋な運動神経と言われていましたが、実際に肩甲上神経麻痺の患者さんを診察すると、かなりの頻度で、肩の後ろから外側の感覚低下(しびれや鈍い感じがする)という症状があることが報告されています。

少なくとも関節には枝を出している

感覚を司る皮枝の存在は議論中ですが、解剖学的に関節の中に入る枝は存在します。

関節とは肩鎖関節(けんさかんせつ)肩関節ですので、これらの関節痛の原因の1つになり得るということです。

 

ガングリオンが肩にできるときは大抵ここ

ガングリオンが手などにできる場合は、見た目からして盛り上がっていますから、見ても触れてもわかる状態です。

しかし、肩の場合には奥まったところにガングリオンができて、たいていはMRIなどの精密検査で初めて見つかります。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩甲骨関節窩の後上方

そのガングリオンの好発部位(よく発生する場所)は肩甲骨のそれも関節窩という肩関節を構成する部分の近くに起こります。

具体的には肩甲骨関節窩の上、やや後ろ寄りです。

スポンサード リンク

後上方関節唇の損傷部位から関節液が漏れる?

なぜここに起こるのかというと、多くの原因はSLAP損傷と呼ばれる関節唇損傷と考えられています。

SLAP損傷はこちらで解説しております。

SLAP損傷のすべてを肩専門スポーツ医が解説します

2017.09.08

この関節唇損傷部位から関節液(関節の中に充満する液体)がわずかずつ漏れ出て、それがたまってガングリオンになってしまうということです。

肩甲上神経をガングリオンが圧迫すると痛みや筋力低下が起こる

このように肩甲骨関節窩の後上方にガングリオンができても、皮膚からは触れませんし、ガングリオンそのものが痛みを発生させることもありません。

しかし、この肩甲骨関節窩の後上方には神経が走っているんですね。
さきほどおさらいした肩甲上神経という神経で、主には運動神経で棘上筋、棘下筋という腱板の一部を支配しています。

肩甲上神経麻痺についてはこちらもご参照ください。

肩甲上神経麻痺とは?あなたの肩にも起こっているかもしれない

2017.04.10

これらの筋肉が働かなくなると、肩の動きが悪くなったり、痛みが出たりします。また、一部、肩周り(特に後方)の感覚も支配していると言われており、痛みやしびれの原因にもなり得ます。

肩にガングリオンができた場合の治療法

このように肩にガングリオンが見つかった場合の治療です。

症状がなければ経過観察でもいい

ガングリオンそのものは特に悪いものではありませんので、症状がなければ放置していいと思います。

症状があっても、まずは消炎鎮痛剤や神経障害性疼痛の薬などの内服、リハビリ、ブロック注射などで改善するか試みます。

ブロック注射はこちらもご参照ください。

肩甲上神経ブロックとは?その方法と意味を専門医解説

2017.04.11

痛みや筋力低下などが残れば手術

手術以外の治療を試しても改善しない場合や、明らかに筋肉が麻痺している場合などは手術を行います。

手術はおもに関節鏡を使います。

arthroscope surgery

関節鏡で覗きながらまずガングリオンを取り去ってしまい、さらに、その原因となった関節唇損傷を骨に埋め込んだ糸(アンカー)で縫いつけて終了です。

まとめ

今回は肩にできるガングリオンというマニアックな病態について解説いたしました。

参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。