肩鎖関節炎の治療 ストレッチから手術まで専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

肩の痛みの中で意外とあって、見逃されやすいのが肩鎖関節に原因がある痛みです。肩鎖関節とは肩甲骨と鎖骨の間の関節ですが、大雑把に捉えれば「肩」になってしまいます。

ですが、当然、一般的な肩関節の炎症と肩鎖関節の炎症では治療法も変わってきます。肩関節はキレイなレントゲンでも肩鎖関節は軟骨がすり減っていたり、骨が溶けていたりなんてことも結構あります。

ということで、肩鎖関節炎の治療について保存治療としてのストレッチやテーピング、さらには手術についても解説いたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩鎖関節の基本をおさらい

 

肩鎖関節(けんさかんせつ)とは?

まず肩鎖関節とは?という超基本ですが、その名の通り、肩と鎖骨の関節・・・もっと正確に言うと、肩甲骨の肩峰(けんぽう)という部位と鎖骨の外側の端っこからなる関節です。あまり関節として認識されたことはないかもしれません。

鎖骨を真ん中くらいから外側にずーっとなでるように触っていくと、少し盛り上がって、またすぐ凹んで・・・でも、骨は触る。という部位があると思います。その盛り上がったところが鎖骨の端っこで、凹んだところが肩鎖関節で、またその外側に骨が触れる部分は肩甲骨の肩峰です。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩を動かすときに肩甲骨も連動して動くわけですが、その肩甲骨が動くときの1つの視点となっているのが肩鎖関節です。

肩鎖関節炎の治療コンセプト

肩鎖関節炎の治療コンセプトですが、手術をしない保存治療においては

  • 痛みの原因となる炎症を抑える
  • 炎症を起こしにくくする(負担を減らす)

ということになります。

炎症を抑えるということでいえば、一般的な消炎鎮痛剤の内服、湿布などの外用剤から始まり、結構効果が高いのが肩鎖関節の中にステロイドと局所麻酔薬を注入する関節内注射療法です。

Young doctor women give an injection

そして、さらに炎症の原因となる肩鎖関節炎への負担を減らすためにストレッチやテーピングなどが行われます。

スポンサード リンク

肩鎖関節炎でやりたいストレッチ

肩鎖関節という関節は鎖骨と肩甲骨からなる関節ですが、僧帽筋という首から鎖骨に走る筋肉がカタまっていると、常に鎖骨を上に引き上げようという力が加わってしまいます。

肩鎖関節脱臼や鎖骨骨折でズレが生じる原因はこの僧帽筋の作用です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

 

脱臼や骨折がなくても僧帽筋がカタいと常に負荷がかかっていると考えた方がいいので、僧帽筋の緊張を下げるストレッチをやってみていただくといいかと思います。

こちらの記事では僧帽筋を含めた首から肩まわりの筋肉の緊張を落とす方法について記載していますのでご参照ください。

肩の他に首や背中が痛いときの原因と治療 専門医解説

2017.11.22

肩鎖関節炎で使うテーピング

肩鎖関節の負荷として、もう一つ考えなくてはいけないのが「水平内転」という動きです。

これは逆側の肩の後ろを触れようとするときの動きで、腕が胸の前を横切ります。

このときに肩鎖関節は圧迫力も加わりながら動くので、痛みの原因になりやすいと考えられています。

そこで水平内転を制限するようなテーピングがオススメです。
つまり、胸を張るような方向にサポートするテーピングですね。

肩鎖関節炎では筋トレに注意

このように肩鎖関節の負荷として注意したい水平内転ですが、これは特に筋力トレーニングが典型的です。

王道的トレーニングであるベンチプレスですね。

 

ベンチプレスも上げていく過程で水平内転の動きが加わります。

そこにさらにウエイトが加わるわけですから、その負荷は少なくないですよね。

水平内転を抑えるためには両手の幅を拡げるワイドグリップでのトレーニングがオススメです。

こちらの記事もご参照ください。

ベンチプレスで肩の痛みがある場合の治療法を専門医が解説

2017.11.10

肩鎖関節炎で行う手術 鎖骨遠位端切除術

肩鎖関節炎に対して、ここまで解説したような保存的な治療を行ったところで改善しない場合や改善するも繰り返してしまう場合には手術が検討されます。

実際は肩鎖関節炎と言っても、

  • 軟骨がすり減っている変形性肩鎖関節症
  • 鎖骨の先端が溶けてくる鎖骨遠位端融解症
  • レントゲン上は特に異常がない肩鎖関節炎

という主に3つの状態があります。

軟骨がすり減り、一部骨が肥大、一部びらん(溶ける)状態 画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

ただ、どの状態においても行われる手術は鎖骨遠位端切除術という、鎖骨の先端を削り取ってしまう手術です。

鎖骨や関節円板を取ってしまって大丈夫?

通常、関節の炎症や軟骨のすり減りが強いときに行われるのは人工関節手術なのですが、肩鎖関節には人工関節はありません。

それは技術的な問題もありますが、メリットがほとんどないからです。

逆に膝なんかは人工関節がなかったらどうしようもありません。
膝の一部の脛骨を削り取ったら歩けなくなっちゃいますからね。

でも、鎖骨の先端を削ってしまって、肩鎖関節という軟骨と軟骨が向かい合って、間にクッションである関節円板がある構造がなくなってしまっても、肩は全然動かせるし力も入るんです。

軟骨と関節円板はなくなっても、靭帯は一部残り、特に大切な烏口鎖骨靱帯(うこうさこつじんたい)という靭帯をほぼ完全に残せるので鎖骨が不安定にグラグラしてしまうこともなく、さらに僧帽筋や三角筋などの筋肉も残るので力も入ります。

最近は関節鏡で削ることも多いので、余計にデメリットは少ないと言えるでしょう。

arthroscope surgery

リスクや副作用(合併症)は?

リスクが少ないと言っても「ゼロ」ではありません。

もともとの生まれながらの構造を変えてしまうことには違いないので、ケースバイケースで起こりうる合併症があります。

例えば、肩鎖靭帯という肩鎖関節をつなぐ靭帯も切る(関節鏡では一部残します)ので肩鎖関節が前後方向に不安定になる可能性とか、切ったあとの部分で強い痛みは引いても、軽い痛みや違和感が残ってしまう可能性などがあり得ます。

さらにはどんな手術にも共通するようなリスクは当然、同様に抱えての手術になりますので、やはり、保存治療をまずやって改善しないかを試すことは大切と言えるでしょう。

まとめ

今回は肩鎖関節炎の治療について保存治療から手術まで一通り解説いたしました。まず診断をつけることが最初ですから、肩鎖関節を触ってみたり、水平内転してみたりして、痛みが出るかどうか試してみてください。

治療については肩を専門とする先生の意見を聞きながら(その中でも意見が割れることは少なくありませんが)、納得いく治療を受けていただければと思います。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。