腱板疎部損傷とは?治療法は? 肩専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩腱板疎部という部位の損傷について解説します。

腱板疎部損傷(けんばんそぶそんしょう)
聞き慣れない言葉かもしれません。

腱板損傷であれば
聞いたことがある人もいらっしゃるかもしれません。

その腱板損傷とも関連があるのが
腱板疎部損傷です。

 

実は腱板疎部が損傷したわけではないけれど、
腱板疎部が炎症して、線維化を起こしている、
いわば、腱板疎部炎とも言える状態は四十肩、五十肩において
かなり起こっている病態ですので、

多くの人にとって人ごとではないのが腱板疎部のトラブルです。

できるだけわかりやすく
お伝えできればと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩腱板の基本まとめ

腱板疎部というちょっと特殊な部位を知るためには、
まず基本となる肩腱板についての理解が必要です。
こちらで解説しておりますが、
簡単におさらいいたします。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

肩腱板(かたけんばん)とは?

これは、の「腱」の「板」
ということになります。
それぞれ簡単に解説いたします。

」についてですが、腱は筋肉の一部です。

筋肉は一般に柔らかいわけですが、
その筋肉が骨にくっつく前に

より筋張って、硬めの線維になっています。

この筋肉から連なる硬めの線維を「腱」
といいます。

次に「板」ですが、
これは複数の腱が集まって、板状になっているから
腱板ということになっています。

そしてこの腱板を構成する筋肉が腱板疎部を理解する上で大切です。

この腱板は

前から肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の4種類からなり、
腱板疎部は特に前の2つである肩甲下筋と棘上筋の間を指します。

特に一番前を走る肩甲下筋腱が唯一、
上腕骨の小結節という前方の出っ張りにくっつくことが
腱板疎部という場所ができる大きな理由になっています。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

 

つまり、肩腱板(かたけんばん)というのは、
4つのインナーマッスル(深い筋肉)の腱が
最終的に板状に合流した部位です。

腱板筋群とは
4つのインナーマッスルのこと

と言えます。

腱板疎部とは腱と腱の間の薄いところ

腱板疎部というのは、
この腱板の中でも

前方の肩甲下筋腱と棘上筋腱の
をいいます。

この間にもやや薄めですがスジがあって、

  • 烏口上腕靱帯
  • 上関節上腕靱帯
  • 関節包

という名前の組織の複合体
と考えられ、

腱板のように、
筋肉としての働きではありません。

極端に言うと、肩関節の脱臼を防ぐような
「安定性」に貢献している
と考えられています。

腱板疎部損傷の原因

ときにこの腱板疎部が損傷してしまい、
肩の痛みを引き起こすことがあります。

その原因としては、

オーバーユース

投球動作などの
スポーツによる使いすぎ

その他、重労働による
使いすぎ

などが1つあります。

特に肩を酷使する投球動作は
原因になりやすいですね。

肩を捻ってしまったなど外傷

もう一つは、
肩を捻ったり、強打したり、
というような一発の強い外傷です。

これも原因になります。

腱板疎部損傷の症状

この腱板疎部ですが、
安定性に貢献していると言いました。

ただ、この腱板疎部損傷だけでは
脱臼しやすくなる
というほどの不安定性は通常でません。

むしろ、小さな不安定性で、
動かしたとき、スポーツしたときの
肩の痛みというのが典型的です。

痛みの部位は肩の前方

痛みの部位は、
当然、損傷している腱板疎部が多いです。

そこは肩の前方にあります。

烏口突起という突起を触れられれば、
その外側あたりに位置しているので、
わかりやすいです。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

腱板疎部損傷のMRI画像

腱板疎部が損傷しているか、炎症を起こしているか?

というのが一番判定できるのはMRI検査です。

 

MRI検査は磁気共鳴画像検査と言って、一般的なレントゲンやCTのような放射線を使わない検査で身体に対する安全性も高く、かつ、画像も骨以外の筋肉や靭帯、腱板疎部などがしっかり描出できるので有用です。

デメリットは費用と時間です。
時間は30分以上かかり、かつほとんどの病院では別日に予約して撮ることになります。費用も検査だけ7000-8000円程度はかかると考えておくといいでしょう。

この損傷、炎症部位はMRIの中でも
脂肪抑制画像と呼ばれる画像において、白く写ります。

引用元:肩関節のMRI 読影ポイントのすべて 第2版 メジカルビュー社

引用元:肩関節のMRI 読影ポイントのすべて 第2版 メジカルビュー社

腱板疎部損傷の治療法

この腱板疎部損傷の治療は
そんなに難しいことはありません。

難しいのは、むしろ診断で、

肩の痛みの原因が本当に腱板疎部損傷にあるのかどうか?
これを常に考える必要があります。

肩という元来不安定な関節の
その不安定性は
人によって個人差が大きいです。

そのため、腱板疎部損傷があって、
それによる不安定性が痛みの原因になる人と、

ほとんど不安定性が出ずに
痛みも出ない人といます。

 

つまり、腱板疎部損傷が
MRIや関節鏡検査などで認められた場合、
じゃあ、それを治療すればいい
決めつけないことです。

他に原因がないかも含めて調べた上で、
やはり腱板疎部が原因だろうと判断した場合に、

その治療に進みます。

 

そうしないと、
腱板疎部を手術して修復したけど、
全然痛みは良くならない

なんてことになることもあり得ます。

 

炎症をコントロールする

まずはシンプルに
腱板疎部損傷部の炎症を
コントロールする

ということで、
消炎鎮痛剤や腱板疎部にステロイド注射
などを打ちます。

これで痛みがコントロールついて、
改善していけばいいわけですが、

痛みが残る場合は、
手術を検討します。

関節鏡手術:腱板疎部縫合術

腱板疎部は関節鏡で関節の中から
よく観察することが出来ます。

そこで傷んでいる部位を見つけて、
糸で縫合する
というのが一般的な方法です。

関節鏡の手術に習熟した整形外科医であれば、
そこまで難しい手術ではありません。

関節鏡手術:腱板疎部炎に対する滑膜切除

もうひとつの関節鏡治療があります。

これは腱板疎部損傷というよりは、腱板疎部炎に対する治療です。

損傷しても炎症は結果として起こるのですが、
四十肩、五十肩などでも起こります。

この炎症の結果、滑膜という炎症物質を出す膜がどんどん増えて、
腱板疎部がどんどんカタく分厚くなってしまうことが起こります。
これを線維化といいます。

この腱板疎部炎から線維化を起こしてしまった場合は、
縫合すると余計にカタくなりますから、

逆に増えて線維化した滑膜を削り取ってしまうことを行います。

これをデブリードマンと言います。

 

縫ったり、削り取ったりと、真逆のような話ですが、
病態、状態によって症状を改善できると考えられる方法を選んでいます。

腱板疎部損傷のリハビリ

腱板疎部損傷のリハビリですが、
腱板疎部は筋肉ではないので鍛えることはできません。

しかし、その周囲の肩甲下筋、棘上筋を中心としたインナーマッスルのトレーニングと言うのは効果が期待できます。
痛みが強い中でやる必要はありませんが、

ある程度落ち着いてきた段階ではインナーマッスルに刺激を加えるのは有効だと考えています。

こちらで詳しく解説しておりますが、動画も紹介もしておきますね。

肩のインナーマッスルの鍛え方 トレーニング動画で by専門医

2017.03.11

インナーマッスルの基本チューブトレーニング

インナーマッスルというのは、
大きな力を発揮するモノではないので、
強い負荷をかけても効率が下がるばかりで、
トレーニングになりません。

そのため、アウターマッスルが目覚めない程度の小さめの負荷でトレーニングします。

ポイントとしては、
弱めの負荷でも肩を安定的にゆっくり、リズミカルに動かすことです。

肩を動かす時に
インナーマッスルを先に使う

ということを脳に覚え込ませる。
そんなトレーニングだと考えてください。

だから、インナーマッスルトレーニングは
教育目的のトレーニングと言ったりします。

では、このインナーマッスルトレーニングの
基本3つを紹介いたします。
動画をそれぞれご参照ください。

前方:肩甲下筋を鍛えるトレーニング

これは腱板疎部にとっても大切な前方を走る肩甲下筋という筋肉のトレーニングです。
トレーニング中に胸の筋肉の「奥」の方
熱い感じ(負荷がかかっている)になれば効いている証拠です。

前上方:棘上筋を鍛えるトレーニング

これは腱板疎部の上にある棘上筋という筋肉のトレーニングです。
トレーニング中に肩甲骨の上の方、奥の方が
熱い感じになれば効いています。

後ろ:棘下筋を鍛えるトレーニング

棘下筋は腱板疎部からは少し離れていますが、それでもバランス良く鍛えることが大切です。
トレーニング中に肩甲骨の後ろ、真ん中の奥の方
熱い感じになれば効いています。

まとめ

今回は腱板疎部損傷という
聞き慣れない病態について、

腱板疎部とは?ということから、
治療についてまで

できるだけわかりやすくお伝えしたつもりです。

少しでも参考にしていただければ幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

3 件のコメント

  • 現在沖縄県在住の者です。6月から左肩に痛みが有り、病院受診しました。腱板疎部損傷と言われました。現在は、ブロック注射と リハビリを行なっています。痛みの度合いが改善されないので、手術も考えていますが、なかなか沖縄の医師は手術した方が良いとは言いません。新たに手術をするとの考えで、病院を変えた方が良いのでしょうか?アドバイス御願いします、

    • シモジさん、ご質問いただきありがとうございます。大変恐縮ですが、個人的な病状のご質問には直接拝見していない中ではご返答できません。申し訳ありません。
      一般論として、複数の医師の意見を聞いてもらうこと自体は良いことだとは思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    歌島 大輔

    スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。