肩の他に首や背中が痛いときの原因と治療 専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

整形外科医として日々、あらゆる関節の
診察、治療をしておりますが、

僕の特に専門領域としては肩関節がありますので、
肩の痛みで診察に来られる人が多いです。

その中でもなかなか特効薬や
手術で劇的に改善ということが難しいのが、

僧帽筋を主とする首から肩甲骨・背中にかけての
筋肉性の痛みです。

 

これはある意味「肩こり」と似たメカニズムが働いていて、
筋肉の緊張が関連していると考えられていますが、
特に筋肉が切れているわけでもなく、
神経が損傷しているわけでもなく、

もっと言うと、いずれおさまるであろう炎症が原因でもないので、

長引きやすいのがツラいところです。

 

今回はこの肩の痛みと関連して
首から肩甲骨・背中が痛い時の原因と治療法について解説いたします。

慢性的な肩こりの痛みに対する治療としても
使えるエクササイズを紹介しておりますので
ご参考にされてください。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

首から肩甲骨・背中の筋肉が痛い場合の原因

首から肩甲骨・背中が痛い場合の多くは
筋肉性の痛みと考えられています。

と言っても、筋肉が切れてしまったわけでも
強い炎症を起こしているわけでもなく、

筋肉の緊張状態が続いて痛みが出ると考えられています。

肩の問題が先にあるケースがある

そして、この痛みはいろいろな状況に随伴して、
つまり、他の病態にくっつくように起こってきます。

例えば、
肩の腱板断裂で肩を動かしたときの痛みがあるために
全体が緊張して首の方まで痛くなるとか、

肩の手術後のリハビリの過程で
肩の凝りが強まってしまうなどですね。

 

首から肩甲骨にかけての筋肉の痛みは
肩甲骨や首の動きには関連しますが、
肩関節(肩甲上腕関節)の問題とは直接はつながりません。

しかし、肩関節に何らかの問題があって、

  • 肩関節の痛みがある
  • 肩関節の動きが悪い

というような状態では
肩関節の日々の動きも小さいですから、
肩甲骨自体もあまり動けていません。

そのため、首から肩甲骨への筋肉に血の巡りが悪くなり、
だんだんとカタくなってしまったりします。

もしくは、肩関節の痛みがあったり、
動きが悪い中で頑張ってリハビリをしているときは、
動きの悪い肩関節をサポートしようと
肩甲骨を過剰に無理に動かそうとしてしまい、

結果として、首から肩甲骨の筋肉が緊張してしまいます。

 

こういうメカニズムで首から肩甲骨の痛みや張り感、
重苦しさなどが出現します。

逆に首から肩甲骨の筋肉が問題あれば肩の問題を起こすことも

この痛みはそれだけでツラいものですが、
肩甲骨の動きを結果として余計に悪くしてしまうモノでもあり、

肩関節に問題がある場合は、
その回復にも影響しますし、

もともとは肩関節は痛くなかったのに
肩甲骨の動きが悪いために
肩関節にも痛みが出てきてしまうこともあります。

首から肩甲骨、背中の痛みやすい筋肉

では、この緊張してしまう首から肩甲骨の筋肉について、
整理してみます。

代表的な筋肉として4つご紹介します。

僧帽筋

1つ目は僧帽筋です。
この筋肉はかなり大きく幅広く走っている筋肉で、おそらく最も痛みの原因として頻度が多いのではないかと考えています。

その理由はその幅広さです。

背骨から肩甲骨や鎖骨にくっつきますが、肩甲骨の上から下に走る上部線維肩甲骨に真横に走る中部線維、肩甲骨の下から上行する下部線維と3つのパートに分かれます。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

つまり、首から肩甲骨にかけてが痛い場合、どこが痛くても僧帽筋が原因である可能性があると言えます。

胸鎖乳突筋

これは肩甲骨ではなく鎖骨や胸骨という前側の骨をつないでいますが、首の代表的な筋肉です。首筋の左右前よりが痛い場合はこの胸鎖乳突筋が痛い可能性があります。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

この胸鎖乳突筋の首の付け根は乳様突起という耳のすぐウラ側の骨の出っ張りです。その場所から鎖骨や胸骨に向かって走っているどこかで痛い場合はこれです。

肩甲挙筋

次に肩甲挙筋です。

これは首の骨である頚椎から肩甲骨の内側、上側の角(上角)につきます。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

その名の通り肩甲骨を挙げる筋肉ですね。

ある意味この筋肉は常に重力によって落ちようとする肩甲骨を引き上げている筋肉と言えますので、これも痛みの原因になりやすいと考えています。

菱形筋

菱形筋は背骨と肩甲骨の内側をほぼ真横に走っている筋肉で、肩甲骨を背中に引き寄せる働きがあります。この表面には先ほども解説した僧帽筋の中部線維がありますので、どちらが痛みの原因かははっきりしないこともあります。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

ただ、こちらは肩甲骨の内側のラインにくっつきますが、僧帽筋は結局、肩甲骨の肩甲棘という部分や肩峰という部分にくっつきますので、肩甲骨の内側のラインに沿ってかなり痛い場合は菱形筋の付着部の痛みの可能性が高いと言えます。

首から肩甲骨、背中をゾーンにわけて痛みを探る

これらの筋肉の痛みとして
その原因をどのようにとらえていくべきか?
というお話です。

いまいちど、当たり前すぎる話をおさらいですが、

筋肉は線維方向に
「縮む」というはたらきと
「伸ばされる」という性質しかありません。

線維方向とは直交した方向に動いたり、
斜めに動いたりなんてことは当然できません。

その性質からしても、
もう少しシンプル化して、

前、上、下と
3つのゾーンにわけて原因と治療エクササイズについて
考えていきます。

各ゾーンの筋肉は
大雑把に言えば、似たような肩甲骨の動きを司るので、

その動きに対してアプローチしていくことが
この筋肉の痛みに対する治療

という感じでシンプルにできます。

上ゾーン(僧帽筋上部線維、肩甲挙筋)

上ゾーンは首の半分より後から
下は肩甲骨の横に走る突起である肩甲棘までです。
主な筋肉は僧帽筋上部線維と肩甲挙筋です。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

この上ゾーンはわかりやすくて
肩甲骨を上に上げる(挙上)働きがあります。

肩をすくめるというような動きですね。

下ゾーン(僧帽筋中部下部線維、菱形筋)

下ゾーンは肩甲棘から下で、
菱形筋や僧帽筋中部、下部線維が主な筋肉です。

下ゾーンは肩甲骨を内側に寄せる(内転)
という動きを主に担当します。

前ゾーン(胸鎖乳突筋)

前ゾーンは
首の真ん中から前(正確には乳様突起から前)のゾーンで、
主な筋肉は胸鎖乳突筋です。

この胸鎖乳突筋はその走行から少し複雑な動きをします。
例えばの胸鎖乳突筋とすれば、
側屈(首をかしげる)ということと、
左回旋(左を向く)ということ

これが働きになります。

治療にはストレッチを含むエクササイズが必要

この筋肉性の痛みにおいては
緊張状態が悪循環の原因であり、

さらに言うと、その筋肉の血流(血の巡り)が
停滞していることも原因と言われています。

そこで治療としては筋肉を使って、伸ばして、リラックスする
ということが必要と考えています。

筋肉は使えば血流はよくなります。
しかし、使うだけでは筋肉の緊張は高まる一方ですので、
そのあとに、思いっきり緩んでリラックスして、
そして、筋肉を伸ばすことが大切です。

つまり、原因筋を思いっきり

  • 緊張とリラックス
  • 縮む(収縮)ことと伸ばすこと(伸張)

をしましょうということです。

ゾーン別治療エクササイズ

それでは実際のエクササイズについてですが、

基本のメカニズムは

漸進性筋弛緩法+ストレッチ

ということになります。

 

漸進性筋弛緩法というのは、リラックス法の1つです。

昔から知られる方法で、
アメリカの精神科医が開発した方法です。

筋肉を10秒間緊張させた後、
ストンと一気にゆるめることを繰り返して、
体の緊張をほぐす方法ですが、

これをちゃんとエクササイズ&ストレッチにしてしまおう
というのがコンセプトです。

伸ばすときはイメージも言葉も使ってリラックス

力を入れたあとの脱力、そしてストレッチのフェーズでは、

伸ばしているゾーンの筋肉がとろとろに柔らかくなる
イメージを言葉とともに描いてください。

このイメージや言葉は自由です。

豆腐がよければ、
「豆腐になーる・・・豆腐なーる・・・」

ゴムならば、
「ゴムがのび〜る・・・ゴムがのび〜る」

別にモノじゃなくても、
「とろとろにな〜る・・・」

でもなんでも、

自分の感性で柔らかくなりそうなイメージを重視してください。

言っておきますが、
完全に大まじめですからね。

 

筋肉の緊張度合いを決めているのも
脳と自律神経で、

その脳が描くイメージが
緊張度合いに関わらないはずがありません。

大まじめです。
下手したら最重要です。

上ゾーンエクササイズ

まずは上ゾーンエクササイズです。

これはまず
全力で肩すくめを行います。10秒です。

そして、一気に肩を落としリラックスします。
ここでただただ脱力を10秒
そこからさらに首を側屈+逆回旋して、
さらに僧帽筋上部線維を10秒ストレッチします。

次に、さきほどと逆に首を側屈+逆回旋して、
同様にストレッチします。

 

この首を側屈+逆回旋というのは、
例えば右をストレッチしようとすれば
左に側屈(傾ける)して、右回旋(右を向く)する
ということです。

下ゾーンエクササイズ

では、次に

下ゾーンエクササイズです。

これは肩甲骨を主に内側に、背骨側に寄せる動きです。

CATエクササイズが最も
この動きが幅広くやりやすいのですが、
脱力感を出しにくいのが欠点です。

うまくイメージして
リラックスできる人は
CATエクササイズで下ゾーンの筋肉を
とろとろにしてみてください。

 

もう一つの方法として
この動画の動きを参考にしてみてください。

このように肩を水平外転しながら
肩甲骨を内側に寄せていきます。
これを10秒全力キープして、

そのあとはこの動画よりもはるかに、
頭も腕も肩もバランスボールに全部あずけて
脱力&ストレッチです。(20秒リラックス)

前ゾーンエクササイズ

最後に前ゾーンですが、

胸鎖乳突筋は左右についていて、
側屈+逆回旋という動きを司りますので、

まず首の力を入れて
全力で側屈+逆回旋をして10秒、

そこからリラックスして、
逆に側屈+逆回旋を手で頭を傾けてストレッチ(20秒リラックスストレッチ)しましょう。

まとめ

肩こりに対して
いろんなエクササイズが提唱されていますが、

その原因、メカニズムを考えると
やるべきことは非常にシンプルになります。

とはいえ、ここまで理屈まで筋の通ったエクササイズも
あまりないと思いますので、
ぜひお試しください。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。