肩腱板損傷の治療期間・リハビリの流れを肩専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩腱板損傷(腱板断裂)の治療期間・リハビリ期間は
どれくらいになるのか?

ということについて解説いたします。

 

その治療期間にどういったことをやるのか?
特に重要なリハビリテーションの流れは?

それを理解しないと、
全治3ヶ月とか
全治半年とか言われても
ピンとこないと思うので、

治療の流れを解説していければ
と思います。

 

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩腱板損傷(腱板断裂)の基本まとめ

肩腱板損傷の基本については、
こちらで簡潔に解説しておりますので、
必要に応じておさらいしておいてください。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

肩腱板損傷(断裂)の治療期間をシミュレーション

それでは肩腱板損傷の
治療期間を
どういったことをやるのかに注目しながら、
解説していきます。

手術をせずに治療した場合

まず手術をせずに
腱板損傷の治療をした場合です。

腱板損傷自体は、
特に完全断裂は手術以外で
くっつけるのは難しいわけですが、

治療目標は腱板をくっつけること

ではなく、

スポーツ選手ならスポーツ復帰や
パフォーマンスアップや維持。

一般の方なら日常生活で痛みなく使える肩を作ること
と言えますので、

必ず手術というわけではありません。

最初の1−2ヶ月:炎症をおさえる

まず痛みが強い最初の1−2ヶ月は
炎症を抑えることを考えます。

それは
消炎鎮痛剤の内服や
肩へのステロイド注射などがあります。

ただ、この時期は過ぎて、
治療開始になることもあります。

次の3ヶ月:リハビリテーション

痛みがある程度落ち着いてきたら、
次にリハビリです。

腱板断裂部、その周囲の炎症が落ち着いても、

また、動きの中で、
負担がかかる動きがあれば、

痛みが再発することになりますし、

スポーツなどで元々の負荷が強い場合は、
周囲の筋肉を鍛えたり、
動きそのものを改善していく必要があります。

リハビリのポイントは
肩甲骨の動きの改善、
肩関節の可動域の改善、
インナーマッスルトレーニングなど
になります。

こちらの記事をご参照ください。

肩腱板損傷のリハビリ方法とそのポイントを専門医解説

2016.12.15

定期的な検査を

腱板損傷(断裂)において
手術をしなかった場合は、

腱板自体がくっついていることは少なく、
むしろ断裂が拡大してしまうことが多いです。

そのため、
半年や1年に1回 MRIなどでチェックする
ということをオススメしています。

スポーツ復帰は早くて2ヶ月、しっかりやって4ヶ月以上

スポーツへの復帰は
痛みの回復具合、
リハビリの進み具合で決まりますので、

一概には言えません。

ただ、一般的には2–4ヶ月、
時に半年以上かかることもある

と考えていいかと思います。

そういった流れの中で、
改善が得られなければ、
一度は回避した手術を考える
ということもあります。

肩腱板損傷(腱板断裂)のリハビリ方法のポイント(保存療法)

このように肩腱板断裂に対して手術を行わず、
保存治療を行った場合の
リハビリのポイントについて詳しくはこちらの記事をご参照ください。

肩腱板損傷のリハビリ方法とそのポイントを専門医解説

2016.12.15

 

今回のメインテーマである治療の流れ、
リハビリテーションの流れから、リハビリのポイントを解説します。

 

まず最初の1-2ヶ月の炎症を抑える時期には
肩関節を無理に動かすリハビリテーションは症状を悪化させかねません。

しかし、リハビリテーションでもできることがあります。

 

そのひとつが肩甲骨周囲筋を鍛えるということです。

その代表的なトレーニングとして
CATがあります。

これは四つん這いになって、肩甲骨を広げたり、寄せたり
というネコのような動きを繰り返すエクササイズです。

肩甲骨を拡げる(外転)と寄せる(内転)の筋肉を鍛えてくれます。

肩甲骨を挙上する僧帽筋上部線維を鍛えるのは、肩すくめ運動が一般的です。

炎症が落ち着いた段階で肩関節を動かすリハビリを

 

腱板損傷による痛みが落ち着いた段階で、
肩関節を動かし出します。

腱板損傷は要は筋肉のトラブルですから、
自動運動(自らの力を入れて動かす)のは負荷が強いと言えます。

そのため、まずは他動運動としていかに力を抜いて(脱力)肩を動かせるかがポイントになります。

 

その脱力下での肩の可動域訓練としては
以下の動画の振り子運動訓練(Pendulum Exercise)が基本です。

痛みが少なければ腱板筋群そのものを鍛える

腱板筋群を鍛えるのは
痛みが少ない状態であればむしろオススメです。

痛みが強いのにいじめるように鍛えるのは、
腱板断裂を悪化させかねませんが、

痛みが少なければ、

腱板筋群を上手に使えるようになるいいトレーニングになり得ます。

このチューブのように負荷が弱いチューブで
ゆっくりとリズミカルにトレーニングをすることが腱板筋群など
インナーマッスルのトレーニングのコツです。



関節鏡下腱板修復術を行った場合

次に腱板損傷(断裂)の一番一般的な手術である
関節鏡下腱板修復術を行った場合を考えます。

手術については
こちらの記事をご参照ください。

肩腱板断裂の手術方法について肩専門医が解説

2016.12.12

肩腱板損傷の手術方法について専門医解説 -部分損傷-

2016.12.09

術後1ヶ月:肩の徹底安静

まず手術したての1ヶ月

ここは、肩の安静が一番大切です。
装具を使って、ほぼ動かさない
ということも良く行われます。

 

術後すぐに、
無理して動かせば、

再断裂のリスクがありますし、
また、手術の炎症が残り、
痛みが強いままやることは

周りの筋肉も含めこわばらせることになるので、
最初は安静が基本です。

また、炎症を抑えることも大切ですので、
痛みによっては
積極的に消炎鎮痛剤の飲み薬などを処方します。

術後のリハビリの禁忌事項については
こちらで解説しております。

肩腱板損傷のリハビリ禁忌は? 肩専門医解説

2016.12.16

術後2–3ヶ月まで:肩の他動運動訓練

次のステップは
肩を他動的(たどうてき)に動かす

ということです。

他動的というのは、
誰かに、何かに動かしてもらう

ということです。

自分の力、筋力を使わないということですね。

自分1人でリハビリをやるときは、
手術していない側の手を使って、
腕を動かす

ということになります。

術後3ヶ月から6ヶ月まで:肩の自動運動訓練

いよいよ、
縫ったところがくっついてくる時期に
やっと自分の力で肩を動かす訓練が開始になります。

これが自動運動訓練ですね。

大きな腱板断裂の手術のあとは、
そう簡単には肩は挙がるようにはなりませんが、

あるときからスーッと挙がるようになる
という患者さんを多く拝見していますので、

地道ですが、リハビリを続けていくのが
大切と考えています。

 

腱板がくっついても、
その腱板筋群を効果的に使えるまでに
また、さらなる時間がかかる

ということだろうと解釈しています。

筋力訓練を段階的に

肩の自動運動訓練が進めば、

肩周りの筋力訓練となります。

まずは弱い負荷から
腱板筋群をより使えるような
トレーニング

それらが進めば、
アウターマッスルのトレーニング

と段階的に進めていきます。

運転は術後6週間以降で120°くらいの挙上ができるようになったら

いつになったら運転できますか?

ということはよくいただく質問ですが、これには社会的な責任がともないますので必ず主治医と相談してください。

僕の場合はスムーズに120°くらい肩を挙上できる状態を1つの目安としています。
これは術後6週間以降でないと達成できないことが多いと思いますし、もっと時間がかかることもあると思いますが、焦らずにリハビリをしていただければと思います。

スポーツ復帰は6ヶ月以降

このように肩腱板損傷の手術後は
ゆっくり時間をかけてリハビリをやっていきますので、

スポーツ復帰は半年以降になる

と考えた方がいいかと思っています。

まとめ

今回は肩腱板損傷の治療期間の経過について、
手術をした場合と、
手術をしなかった場合で、
それぞれ解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。