肩の石灰化は手術が必要? 方法と手術に踏み切るポイントを専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩の石灰化に対する手術についてです。

そもそも手術しないといけないのか?それはどういうときなのか?という手術に踏み切るポイントと実際の手術はどういうものなのか?という方法について解説いたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

肩の石灰化をおさらい

肩の石灰化とは?

肩の石灰化というのは、その多くが肩のインナーマッスルである腱板の中にリン酸カルシウムが沈着している状態です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)

このリン酸カルシウムが沈着した石灰があるからと言って、かならず痛いわけではなく、その石灰の周囲に炎症が起こったときに痛みが出てきます。

これは石灰沈着性腱板炎という診断名がつきます。

実際には石灰は腱板内だけでなく、その外の滑液包という部分にまで及んでいることもありますが、一番多いのは腱板の中でも棘上筋(きょくじょうきん)という筋肉の中です。

原因は不明だが変性と炎症の関連

この肩の石灰化は原因はいまだはっきりしていません。

腱板が部分的に壊死(細胞が死んでしまう)した結果だとか、カルシウムイオンの透過性亢進だとか、リン酸との関連とか、いろいろ言われますが、はっきりしません。

ただ、女性に多いこと、子どもには稀なことは明らかで、さらに40–50歳代に多い印象があります。

四十肩、五十肩の時期と被りますね。そう考えると、少し加齢性に腱板が傷んでくる(変性)・・・けど、肩を酷使する(結果としての炎症)年齢という意味合いなのかもしれません。

肩の石灰化の激痛は石灰が溶けるとき

この肩の石灰化の結果起こる、石灰沈着性腱板炎はときに激痛に襲われ、救急外来を受診されることも少なくありません。

この激痛になっているときは、石灰ができあがったときや、できあがり途中のときではなく、多くの場合はもともとあった石灰が吸収され、小さくなり、消失しようとする反応が起こっているときです。

それは炎症反応と言ってもいいわけですが、要は、石灰は身体にとっては異物に近いものですから、それを排除しようと炎症を起こして、溶かしてしまおうというはたらきが起こります。

その炎症反応がとても強いので痛みが激痛になると考えられています。

 

肩の石灰化 手術に踏み切るポイント解説

それでは肩の石灰化の手術に踏み切るポイントについて解説いたします。

初回の激痛の時点で急いで手術はしない

救急外来にいらっしゃるような突然来る肩の激痛。この多くは石灰が吸収される反応、そのときの炎症が原因とお話ししましたが、

それゆえ、この時点で痛みが強いからと言って手術をするということはお勧めしません。時間経過を待ったり、適切な注射を行えば痛みが引くことが多いわけですから。

注射についてはこちらもご参照ください。

肩の石灰化に対する注射は要注意 肩専門医が解説

2017.10.06

注射も含めた治療で痛みが改善しない場合

注射や消炎鎮痛剤の内服、リハビリなどを行っても痛みが改善しない場合は手術を考えるというのは基本ですが、

その痛みがどの程度で、日常生活、もしくはスポーツ、仕事にどの程度の支障が出ているのか。
そして、どのくらいの期間、改善しないのか?

ということを総合的に判断して手術を決めます。

少なくとも痛みが2週間経っても続いてしまうから、という理由では手術はオススメしません。一般には3ヶ月くらいは経過を見てみることが推奨されています。

激痛は改善しても可動域制限が長期に残る場合

強い痛み改善しても、肩をなかなか挙げられないというような可動域制限が残ることがあります。

 

その場合は主にリハビリテーションを行いますが、それでも改善しなければ、これも手術が選択肢になります。

肩の石灰がどれくらい残っているかの評価は必要

ここまで説明したように痛みや可動域制限が改善しないとして、ご相談の結果、手術をしましょうとなることはあります。

そのときに初回のレントゲンで肩の石灰を確認しただけだと、実際、手術の時には吸収されてほとんどなくなっているというケースがあり得ます。

要は症状は残っているけど、石灰は実は吸収されていたというケースです。

その場合は特に残った症状(痛みや可動域制限)の原因を特に注意深く調べる必要があります。

それは関節包という関節の膜が分厚くなって肩の可動域が狭くなるような凍結肩と呼ばれる状態だったり、腱板損傷があったり・・・
いろいろな可能性を考えます。

 

更に言うと、そもそも石灰化が残ってしまって肩の痛みも残ってしまったとして、それが本当に石灰化を取り除くような手術で改善できる痛みなのかは常に注意して見ています。

肩の石灰化の手術方法

肩の石灰化に対してここまで説明したようなポイントを踏まえて手術をするとなったときにどういった手術をするのでしょうか?

関節鏡を使って腱板の表面をよく観察し石灰を見つける

いまは関節鏡を使って石灰を除去する手術が主流です。

arthroscope surgery

関節鏡という内視鏡を使って肩関節の中から外から石灰が溜まっている腱板を観察します。

石灰が外に飛び出していることは多くなく、表面上は見えません。

しかし、炎症を起こしているので腫れていたり、充血して赤くなっていたりします。また、術前にMRIやCTなどの精密検査で3次元的にどこに石灰があるのかをしっかりとイメージして手術に望みますので、表面的に石灰が見えなくても石灰がどこにあるかを見つけることはできます。

スポンサード リンク

石灰を見つけたら、できるだけ掻き出す

そして、石灰があると判断した場所の腱板に筋肉、スジの線維の方向に沿って切れ目を入れます。(線維の方向に垂直に入れてしまったらその時点で思いっきり腱板断裂ですから方向には気を使います。)

そして、切れ目に細い棒や棒状のシェーバーという吸引しながら削る機械を入れて、石灰を掻き出し、吸引していきます

この方法でできる限りの石灰を取り除きます。

 

できる限りと言ったのは、徹底してゼロにすることにこだわると、石灰があるのは腱板の中ですので、大きな腱板損傷を作ることになってしまいかねません。

もし多少石灰が残ってしまっても、手術でこのように直接クリーニングすると、そこに再度炎症が起こりますので、その結果、残りが吸収されるというメカニズムも期待します。

掻き出した後に腱板にあいた穴をふさぐ≒腱板断裂手術

できる限り石灰を掻き出して吸引した時点で腱板の状態を評価します。

小さめの石灰であれば、ちょっとした最初の切れ目があるだけで縫う必要がないくらいのこともありますし、

大きめの石灰を除去した後はどうしても、腱板に穴が空いたような、まさに腱板断裂状態になることもあります。
その場合は腱板断裂の手術と同様に強い糸で縫合したり、骨に糸付きのネジ(アンカー)を挿入して縫合したりします。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

まとめ

今回は肩の石灰化に対して、どういうときに手術に踏み切るのか?そして手術はどういった方法でやるのか?ということについて解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。