肩の石灰化に対する注射は要注意 肩専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

肩の激痛があるときにレントゲンを撮ると、

「肩に石灰が溜まってますね。これが痛みの原因です。注射しておきましょう。」

とサラッと説明、患者さんはよくわからないまま注射される・・・

なんて診療をしてしまう整形外科医がいます。

それは心配ですよね。

 

そして、そんな診療をする医師の注射はけっこう効かなかったりします。(これは何ら根拠のない僕の個人的印象ですが。)

ということで、今回は肩に石灰が溜まった状態、診断名「石灰沈着性腱板炎」に対する注射について解説していきたいと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩の石灰化とは?

肩の石灰化というのは、その多くが肩のインナーマッスルである腱板の中にリン酸カルシウムが沈着している状態です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

 

石灰沈着性腱板炎(せっかいちんちゃくせいけんばんえん)

このリン酸カルシウムが沈着した石灰があるからと言って、かならず痛いわけではなく、その石灰の周囲に炎症が起こったときに痛みが出てきます。

これは石灰沈着性腱板炎という診断名がつきます。

実際には石灰は腱板内だけでなく、その外の滑液包という部分にまで及んでいることもありますが、一番多いのは腱板の中でも棘上筋(きょくじょうきん)という筋肉の中です。

原因は不明だが変性と炎症の関連

この肩の石灰化は原因はいまだはっきりしていません。

腱板が部分的に壊死(細胞が死んでしまう)した結果だとか、カルシウムイオンの透過性亢進だとか、リン酸との関連とか、いろいろ言われますが、はっきりしません。

ただ、女性に多いこと、子どもには稀なことは明らかで、さらに40–50歳代に多い印象があります。

 

四十肩、五十肩の時期と被りますね。そう考えると、少し加齢性に腱板が傷んでくる(変性)・・・けど、肩を酷使する(結果としての炎症)年齢という意味合いなのかもしれません。

肩の石灰化の激痛は石灰が溶けるとき

この肩の石灰化の結果起こる、石灰沈着性腱板炎はときに激痛に襲われ、救急外来を受診されることも少なくありません。

この激痛になっているときは、石灰ができあがったときや、できあがり途中のときではなく、多くの場合はもともとあった石灰が吸収され、小さくなり、消失しようとする反応が起こっているときです。

それは炎症反応と言ってもいいわけですが、要は、石灰は身体にとっては異物に近いものですから、それを排除しようと炎症を起こして、溶かしてしまおうというはたらきが起こります。

その炎症反応がとても強いので痛みが激痛になると考えられています。

肩の石灰化に対する注射治療

この肩の石灰化で痛みが激痛になっているときには、患者さんはなんとか痛みを取って欲しいと思っていらっしゃいます。

ただ、さきほど述べたように石灰が溶けるときに激痛になることが多いわけです。そのため、経過を見ると(2–4週間)、石灰がかなり小さくなっていたり消えていたりすることが期待できます。

とすると、激痛だからといって、「じゃあ、急いで手術で石灰を摘出しましょう!」というのはやり過ぎだと言えます。

 

しかし、痛み止めを飲むくらいではなかなかコントロールがつかない激痛・・・

そこでやるのが注射になります。

石灰の周囲の炎症部位にステロイド注入

一番の基本は石灰の周囲に炎症が起こっていますから、そこに強く炎症を抑えるステロイド薬を注入する注射です。

具体的には肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)というスペースに打ちます。これで大抵の患者さんはだいぶ痛みが楽になったと、後日受診して報告してくれます。

石灰そのものを吸引したり食塩水で洗浄

もう少し直接的な方法としては、石灰をそのものに少し太めの針を刺して、吸引して取り除いたり、生理食塩水を注入しては吸引してを繰り返したり(洗浄)ということをやる先生もいます。

この場合はよりピンポイントに注射を打たないといけないので超音波を使って見ながら注射をすることが多いです。

とりあえずの注射では効果が足りないこともあり

これらの注射はしっかりといいところに注射をすれば、結構な効果が期待できます。

少なくとも激痛は治まることが多いのですが、肩の専門でない先生などが注射をすると、石灰からは結構距離のある場所に針先があって、効果が少ないということが起こりえます。

肩の専門でない先生だと、肩の注射は慣れた方法1種類しかやらない先生もいます。

ありがちなのは・・・ このように肩の後方から打って、大結節の前方よりに存在する石灰とその周囲の滑膜炎部分に届いてないケースです。

しかし、石灰もさまざまな部位にできますし、注射を主にする肩峰下滑液包というのも関節のように完全なスペースというよりは滑膜に満ちた領域ですから、どこから打っても効果が変わらないなんてことはありません。

やはり、注射の針先の位置というのは重要です。

ですから、もし注射の効果がかなり少ない、効いたか効いてないのかわからないという程度であれば、早めに相談してみていただくのもいいかもしれません。

まとめ

今回は肩の石灰化に対する注射療法について、基本的なことから解説してまいりました。

激痛をまず注射で抑えたとして、その後、石灰が吸収され、痛みが残らなければいいのですが、石灰が残ってしまい、痛みもじわじわと残る場合は手術も考える必要が出てきます。

それについても次回、解説していきます。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。