肩腱板損傷にテーピングは有効か?方法は? 肩専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩腱板損傷において、
テーピングは有効なのかどうか?
有効とすれば、方法は?

ということについて、

肩腱板損傷の基本をおさらいしながら、
丁寧に解説いたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をごらんいただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩腱板損傷の基本とテーピング

肩腱板損傷の基本的な事柄については
こちらで解説しております。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

肩の腱板というのは伸び縮みする筋肉の先端の腱の集合体

肩の腱板(けんばん)というのは、
肩の大事な筋肉(インナーマッスル)の先端のスジ

すなわち、腱が集合している部分を言います。

 

たとえば、下腿三頭筋(腓腹筋+ヒラメ筋)という筋肉の先端には
アキレス腱というスジがあり、そのスジがかかとの骨(踵骨)にくっついています。

 

 

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

それと同様に、肩のインナーマッスルの中でも重要な4種類が腱となって、
それもそれぞれが合流して、1つの板状の膜(スジ)となって、
上腕骨(じょうわんこつ)の大結節と小結節に付着しています。

その重要な4種類のインナーマッスルである

  1. 肩甲下筋
  2. 棘上筋
  3. 棘下筋
  4. 小円筋

はrotator cuff muscles(回旋腱板筋群)と呼ばれております。

 

これらの腱板はつまり、
テーピングで使うテープ同様、伸び縮みする筋肉と腱という組織的な性質を持っていて、
それも複数の筋肉の腱の集合体であるということがポイントです。

肩腱板損傷は単なる筋損傷、筋断裂とは違う

この肩腱板の損傷ですが、
さきほど例で挙げたアキレス腱の損傷とは少し性質が異なります。

それはギプスなどの固定など、
いわゆる保存治療での自然治癒というものが期待できないという点です。

肩腱板断裂は保存治療による自然治癒が期待できない

その大きな理由は、

アキレス腱損傷はアキレス腱の腱と腱がちぎれるように切れてしまうので、
その同質の腱同士がくっついてくれればいい。
つまり、くっつきやすいという状態なのに対し、

肩腱板損傷は骨と腱板が離れる、剥がれる
というような損傷携帯をとるいうことです。

この異質な腱と骨がくっつくというのは
なかなかのハードルの高さであるということなんですね。
その結果として、ほとんどの腱板損傷は自然治癒を期待して経過を観察しても、
むしろ、徐々に重症化し、断裂幅が大きくなったり、筋肉が萎縮していきます。

腱板の筋肉の特徴を考えるとテーピングは簡単ではない

まず肩の腱板筋群は
インナーマッスルとも呼ばれます。

肩関節の深いところを走る筋肉です。

それゆえ、肩の安定性に非常に重要なわけです。

 

それに対して、
テーピングはある意味、

最もアウターな(外側にある)
サポートと言えます。

アウターマッスルよりも
皮下脂肪よりも、皮膚よりも
外側ですからね。

そういう意味で、
インナーマッスルをテーピングでサポートする

というのは無理があるといってもいいかもしれません。

腱板の特徴を考えると有効となり得るテーピング方法

もうひとつ腱板の特徴と言えば、

回旋腱板という名前もあるくらい、
腱板の筋群は

肩の回旋運動を担当します。

その機能は腱板に特徴的なモノですので、
回旋運動のサポートをするような
テーピングというのは
試してみる価値があります。

後方テーピング

まず後方のテーピングで
外旋筋群をサポートします。

この動画のうち、
緑色のテープはあえて使わない、貼らない

ということをオススメします。

この緑のテープは
回旋ではなく、
外転という上げる動きをサポートしてしまうので、
アウターマッスル優位の動きを誘発しがちです。

前方テーピング

次に前方のテーピングで
内旋筋群のサポートです。

これは、胸筋(大胸筋、小胸筋)という
アウターマッスルのサポートテーピングですが、

目的はそれではなく、
そのインナーマッスルのサポートなので、

より肩の回旋運動(内旋運動)に
効かせるために、

テープをこれより外側まで巻き込むように貼ること
オススメです。

損傷している筋によって変える

どの腱板筋群が損傷しているかで
テーピングを使い分けるのがポイントです。

小円筋損傷は少ないので、

それ以外の3つの筋肉で行きましょう。

特に内旋と外旋という肩の動きのサポートがポイントになります。

棘上筋損傷

棘上筋は
主に外転(外から挙げる)を
サポートする筋肉ですが、
これを直接テーピングでサポートすると、
三角筋優位の動きになりがちなので、

間接的に、
前後両方のサポートテーピングを使用します。

つまり、後方テーピング + 前方テーピング
を使用するということですね。

棘下筋損傷

棘下筋は外旋を主に担う筋肉です。

そのためテーピングは後方テーピング
使用します。

肩甲下筋損傷

肩甲下筋は内旋を主に担当します。

そのため、前方テーピングを使用します。

 

まとめ

今回は肩腱板損傷において、
有効性を示す可能性があるテーピングを

基本的な考え方とともに解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。