上腕二頭筋長頭腱炎の治療まるわかり 肩専門医師が解説します

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は上腕二頭筋長頭腱炎という肩の前側の痛みに対する効果的な治療法について解説いたします。

上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングやストレッチなどをこちらのサイトでも解説してきておりますが、実際にどのような考え方でどのような治療をして、組み合わせていていくのがいいのか?ということを解説いたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

上腕二頭筋長頭腱炎の基本まとめ

上腕二頭筋はいわゆる力こぶの筋肉

上腕二頭筋はさきほども言いましたが、いわゆる「力こぶの筋肉」ですね。肘を曲げて力を入れるとコブができますよね。これです。

Close up of man’s arm showing biceps

上腕二頭筋のはたらきは肘の屈曲と前腕回外

この上腕二頭筋のはたらきは「肘を曲げる」ということがまず第一の働きです。そして、補助的には「前腕回外」と言って、手のひらを上に向ける回転運動を上腕二頭筋も担当します。

上腕二頭筋には長頭と短頭がある

この上腕二頭筋は「二頭筋」というくらいですから、2本の頭があります。それが長い「長頭」と短い「短頭」という名前がついています。

今回はそのうち「長頭」のお話ですね。

ちなみに「短頭」は肩甲骨の烏口突起(うこうとっき)という場所にくっついていますが長頭と違って肩の関節の中には入り込んでいません。

上腕二頭筋長頭は肩で急カーブしている

上腕二頭筋長頭ですが、この長頭は細いスジ(=腱)となって肩の前面を通って、肩の関節の中に入ってから急激に内側にカーブして肩甲骨の関節窩(かんせつか)の上にくっつきます。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

この急カーブが1つ問題なんですね。

上腕二頭筋長頭腱は結節間溝で炎症を起こしやすい

上腕骨という骨の肩関節近くには結節間溝(けっせつかんこう)という凹みがあって、その凹みを上腕二頭筋長頭腱は通ります。この出口で先ほどの急カーブが来るので、この結節間溝で炎症が起こりやすいです。

それは強い力をいれたり、繰り返す肩や肘の動きで、結節間溝付近で上腕二頭筋長頭腱のスジが擦れるような負担がかかるということですね。

上腕二頭筋長頭腱炎の症状は肩前方の痛み

これが上腕二頭筋長頭腱炎の典型的な状態です。

そのため、結節間溝部分に動かしたときの痛みや、押しての痛みなどが出現します。

また、診察のときには、Speed testという診察テストをやります。これが陽性の時は、下のイラストのように肘を伸ばして手のひらを上にして肩を力を入れて抵抗に負けないように挙げていってもらうと痛みが走ります。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

上腕二頭筋長頭腱炎の治療コンセプト

上腕二頭筋長頭腱炎は負担がかかりやすい結節間溝という部位での炎症と言うことを解説いたしました。

そう考えると、治療のコンセプトは

  • 上腕二頭筋長頭腱の結節間溝での炎症を抑える
  • 結節間溝部での負担を減らしていく

この2つにおおきく分けられるということになります。

スポンサード リンク

上腕二頭筋長頭腱炎の炎症を直接おさえる

まずは上腕二頭筋長頭腱炎の炎症を直接抑えるということについて考えてみましょう。

これはある意味「対症療法」(対処療法ではありませんよ)と言われがちですが、痛みの原因が炎症にあるならその炎症を取り除くということが単なる対症療法と言っていいのかは疑問です。

後半で解説する炎症の原因となる上腕二頭筋長頭腱へのストレスを減らす方法を徹底したとしても、「今ある炎症」が残ってしまえば痛みも残ります。

ということで、単に対症療法と切り捨てずにしっかりと取り組むべき治療と考えていただければと思います。

消炎鎮痛剤の飲み薬・貼り薬など

まずは基本中の基本、消炎鎮痛剤を飲んだり、貼ったり、塗ったりするということですね。

ロキソニンやセレコックスという薬が多く使われていると思います。

 

貼り薬や塗り薬は皮膚のかぶれさえ注意すれば、たいてい安全な薬でベースとして使っていいと思います。

飲み薬は胃を荒らしたり、腎臓が悪い人には余計に悪くするリスクがありますので、そういった部分に注意しながらとなります。

その分、飲み薬の方が効果が高いです。

上腕二頭筋長頭腱周囲に注射

次に炎症部位にもっとダイレクトに薬を届けるために、注射を行うということも比較的よく行われます。

結節間溝はよく触ればわかりますから、そこに注射します。(最近では超音波を使って見ながら刺すことも多いです。)

これはダイレクトに集中的に薬を投与できるので、逆に他の場所や全身に対する副作用はあまり気にする必要がないという意味で、強い薬が使えます。

強い薬とはステロイドです。
ステロイドは強く炎症をおさえる作用があります。飲み薬や点滴などで全身に投与してしまうと副作用が心配ですが、注射ではそこまで心配はいりません。

上腕二頭筋長頭腱へのストレスを減らす

今度は上腕二頭筋長頭腱の炎症の原因である、ストレス・負荷を減らしていくということです。

このまさに根本原因を取り除かないと、炎症をおさえても、また痛くなってしまうということになります。

つまり、直接炎症を抑えるということとストレスを減らすということは両方あわせてやっていく必要があるということですね。

安静

まずは「痛い動作はやらない」という大前提です。要は安静ですね。

怖がって痛くもない動作までやらず、肩を使わなくなってしまうと、筋肉も落ちてしまいますし、カタくなってしまいますから、

どうやると痛いのかを把握して、それを避ける

ということが大切です。

ストレッチ

上腕二頭筋のベースにある緊張度合いが強いと常に長頭腱にじわじわとストレスをかけていることになりますし、ちょっとした動きでも強い負荷になってしまいます。

そういう意味ではストレッチをして、柔軟性を上げ、緊張を減らしておくことが大切です。

ストレッチについてはこちらで解説しております。

上腕二頭筋長頭腱炎に有効なストレッチ 結節間溝の痛みを改善!

2017.03.29

オススメのストレッチ動画はこちらです。

テーピング

上腕二頭筋に沿って筋力をサポートするテーピングや腱の走行を安定化させるようなテーピングはストレス軽減に役立ちます。

こちらで詳しく解説しておりますので、ご参照ください。

上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングをわかりやすく byスポーツドクター

2017.07.14

フォーム修正

スポーツ選手で特にオーバーヘッドスポーツと呼ばれる頭の上で腕を振るようなスポーツ(野球、バレーボール、テニス、バドミントンなどなど)は、その動作、フォームが悪くて、上腕二頭筋長頭腱に負荷がかかってしまっているケースがあります。

負荷がかかりやすい典型的なモノは肩関節だけが大きく動いてしまうようなフォームです。

 

本来、オーバーヘッドスポーツにおける腕のスイングは、肩から先の腕だけが振られるのではなく、その根本の肩甲骨、さらに根本の胸椎(背骨)が大きく動くことで、肩のしなりが作られ、しなやかに全体的に負荷を分散しながら力を発揮するものです。

 

しかし、胸椎や肩甲骨の動きが足りない(それはカタくて使えないか、筋力が足りないか、染みついたフォームの癖のどれかでしょう)場合は、肩だけでしなりを作ろうとして、肩関節に負担が集中します。

それが上腕二頭筋長頭腱炎の原因となっていることが少なくありませんので、しっかりとフォームチェックをすることも大切です。

最終手段は手術

最終手段は手術です。今は、関節鏡という内視鏡で手術することが多いです。

arthroscope surgery

この上腕二頭筋長頭腱が関節の中に入るところで摩擦を起こすことが痛みの原因と考えられますので、シンプルに上腕二頭筋長頭腱を切ってしまうこと(切腱術)や、肩の関節の外に固定しなおす(腱固定術)があります。

どちらも筋力低下も少なく、痛みの改善が十分に期待できるいい方法と考えられています。

まとめ

今回は上腕二頭筋長頭腱炎の治療について解説いたしました。

  • 上腕二頭筋長頭腱の結節間溝での炎症を抑える
  • 結節間溝部での負担を減らしていく

この両面から同時に攻めていくことが治療のポイントと言えます。少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。