上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングをわかりやすく byスポーツドクター

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は上腕二頭筋長頭腱炎という肩の前側の痛みに対する効果的なテーピングを紹介、解説していきたいと思います。

上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングは検索すれば動画もたくさん出てきますが、何がいいテーピングなのか?氾濫した今の情報時代の中では選択する難しさがありますよね。

そこでのポイントはメカニズムの理解だと思います。

なぜ上腕二頭筋腱炎がおこり、どこの何がどうなっているのか?
そして、治療はどのようなコンセプトで行うのか?

ということを理解した上であればテーピングもどれを選択すればいいかシンプルになってきます。

 

そんな解説ができればと思いますので、しばしおつきあいいただければと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

上腕二頭筋長頭腱炎の基本まとめ

上腕二頭筋はいわゆる力こぶの筋肉

上腕二頭筋はさきほども言いましたが、いわゆる「力こぶの筋肉」ですね。肘を曲げて力を入れるとコブができますよね。これです。

Close up of man’s arm showing biceps

上腕二頭筋のはたらきは肘の屈曲と前腕回外

この上腕二頭筋のはたらきは「肘を曲げる」ということがまず第一の働きです。そして、補助的には「前腕回外」と言って、手のひらを上に向ける回転運動を上腕二頭筋も担当します。

上腕二頭筋には長頭と短頭がある

この上腕二頭筋は「二頭筋」というくらいですから、2本の頭があります。それが長い「長頭」と短い「短頭」という名前がついています。

今回はそのうち「長頭」のお話ですね。

ちなみに「短頭」は肩甲骨の烏口突起(うこうとっき)という場所にくっついていますが長頭と違って肩の関節の中には入り込んでいません。

上腕二頭筋長頭は肩で急カーブしている

上腕二頭筋長頭ですが、この長頭は細いスジ(=腱)となって肩の前面を通って、肩の関節の中に入ってから急激に内側にカーブして肩甲骨の関節窩(かんせつか)の上にくっつきます。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

この急カーブが1つ問題なんですね。

上腕二頭筋長頭腱は結節間溝で炎症を起こしやすい

上腕骨という骨の肩関節近くには結節間溝(けっせつかんこう)という凹みがあって、その凹みを上腕二頭筋長頭腱は通ります。この出口で先ほどの急カーブが来るので、この結節間溝で炎症が起こりやすいです。

それは強い力をいれたり、繰り返す肩や肘の動きで、結節間溝付近で上腕二頭筋長頭腱のスジが擦れるような負担がかかるということですね。

上腕二頭筋長頭腱炎の症状は肩前方の痛み

これが上腕二頭筋長頭腱炎の典型的な状態です。

そのため、結節間溝部分に動かしたときの痛みや、押しての痛みなどが出現します。

また、診察のときには、Speed testという診察テストをやります。これが陽性の時は、下のイラストのように肘を伸ばして手のひらを上にして肩を力を入れて抵抗に負けないように挙げていってもらうと痛みが走ります。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングを理論から解説

それでは上腕二頭筋長頭腱炎のテーピングについて理論的に解説していきます。

上腕二頭筋長頭腱炎の治療コンセプト

上腕二頭筋長頭腱炎は負担がかかりやすい結節間溝という部位での炎症と言うことを解説いたしました。

そう考えると、治療のコンセプトはその結節間溝部での負担を減らしていくということになります。

当然、結節間溝の形や上腕二頭筋長頭腱の走り方を変えるのは手術以外では無理ですから、保存的な治療法は炎症を抑えるという安静や薬になるのは致し方ありません。

直接的な改善を期待するなら注射や手術

そういう意味では、まずシンプルに安静や、消炎鎮痛剤の内服や湿布などの外用剤で炎症が落ち着くのを期待するのがスタートです。

それでも改善しない場合には、結節間溝(先ほどの上腕二頭筋長頭腱の通り道)にステロイドや局所麻酔剤の注射を行います。

※この写真は結節間溝の注射ではありません。結節間溝に注射するときはもう少し前から注射します。

 

そして、最終手段として手術もあります。

手術はこの上腕二頭筋長頭腱が関節の中に入るところで摩擦を起こすことが痛みの原因と考えられますので、シンプルに切ってしまう(切腱術)や切った上で結節間溝周囲に縫い付けてしまう(腱固定術)が効果的です。

今は関節鏡でやることが多くなっています。

上腕二頭筋長頭腱の働きをテープの張力でサポートする

そんな中でテーピングの役割はどういうものになるのか?というと、

テープを使って治療のコンセプトである「結節間溝部での負担を減らしていく」ということを考えるわけですが、

そのためには上腕二頭筋が頑張らなくて済む状態を作る

というのが1つですよね。

上腕二頭筋が頑張る、すなわち強く収縮すると、結節間溝で上腕二頭筋長頭腱が強く引っ張られるわけですね。

それをテープを上腕二頭筋に沿って貼ることで、テープの張力(すなわち縮もうとする力)が筋力をサポートしてくれます。

具体的な方法はこちらの動画をご参照ください。

肩の前方を圧迫する

もう一つ、結節間溝での負担を減らすためにやるのは、肩の前方を圧迫するということです。

結節間溝で上腕二頭筋長頭腱が通っているわけですが、まっすぐ直線的に力の方向に走っているわけではなく、肩の前方で急激にカーブしているわけです。


画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

 

そのため、上腕二頭筋長頭腱が引っ張られるたびに、このカーブをショートカットしようという力が働きます。それは物理的には当然の力です。

この繰り返しの中で、上腕二頭筋腱がショートカットしないように押さえている周りの膜などが炎症を起こしてしまい、徐々に上腕二頭筋長頭腱の動きが安定しなくなってきてしまうので、

この上腕二頭筋長頭腱の走行を安定させるように肩の前方を圧迫してあげるというテーピングも効果が期待できます。

スポンサード リンク

具体的にはこちらをご参照ください。(さきほどの動画の途中から再生されます。) こちらはさきほどの上腕二頭筋に沿ったテープとクロスするテープを多少伸ばしながら貼って圧迫効果も出しています。

まとめ

今回は上腕二頭筋長頭腱炎に対する有効なテーピングについて、理屈も含めて解説いたしました。

よく理解できていないまま、言われたとおり、本に書かれてあるとおりにテーピングするのと、
理屈を理解してテーピングするのは効果が全然違いますし、状況に応じた応用が利きます。

ぜひ、ご参考にしていただければと思います。

もう一つ大切な、上腕二頭筋腱炎に対するストレッチについてはこちらの記事をご参照ください。

上腕二頭筋長頭腱炎に有効なストレッチ 結節間溝の痛みを改善!

2017.03.29

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。