肩腱板損傷のリハビリ禁忌は? 肩専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩腱板損傷の手術後のリハビリについて

どういうことをやってはいけないのか?
すなわち禁忌はなんなのか?

という視点から、

できるだけわかりやすく
ていねいに解説いたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩腱板損傷の基本まとめ

肩腱板損傷の基本については、
こちらで丁寧に解説しておりますが、
簡単におさらいといきましょう。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

肩腱板とは大事なインナーマッスルの腱の合流部

肩腱板(かたけんばん)

これは、ということになりますが、
それぞれ解説いたします。

」ですが、

筋肉は骨にくっつく前に
より筋張って、硬めの線維に移行します。
この筋肉の続きの硬めの線維を「腱」
と呼びます。

次に「板」ですが、
これは解剖学用語というよりは、
見た目を表したモノになります。

 

肩のインナーマッスルと呼ばれる、
深いところ、関節に近いところにある筋肉の中で、

特に重要な筋肉が
4つありますが、

それぞれ

  1. 肩甲下筋
  2. 棘上筋
  3. 棘下筋
  4. 小円筋

という名前がついています。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

この4つの筋肉が、腱となって、
最終的には合流して「板」状になっているので、

「腱板」というわけです。

 

つまり、肩腱板というのは、
4つのインナーマッスルの腱が
最終的に合流した部位

腱板筋群とは
4つのインナーマッスルのこと

と言えます。

肩腱板損傷は単なる筋損傷、筋断裂とは違う

この肩腱板が、損傷してしまう。
それはつまり切れてしまうわけですが、

これを他の部位の筋肉の断裂と
同じとは考えない方がいいです。

 

通常、筋肉が切れてしまっても、
だんだんと修復されて、

ある程度の強度を持って、
筋肉がくっつきます。

つまり、よほどの重症でない限りは、
筋肉や腱の損傷はくっつきます。

肩腱板断裂は時間がたってもくっつかない

しかし、肩腱板損傷については
時間が経っても
くっつかないことがほとんどです。

その大きな理由は、

肩腱板損傷は骨から腱板が
剥がれるように切れてしまうからです。

 

骨と腱という

カタいものと線維、

これがくっつくというのは、
筋肉同士や腱同士がくっつくことにくらべ、
難しいということですね。

そのため、
ほとんどの腱板損傷は
時間とともに、
むしろ重症化していく傾向があります。

肩腱板損傷のリハビリの禁忌からポイントに迫る

今回は肩腱板損傷の術後、
特に関節鏡を使って腱板を修復する
という今主流の手術を行ったケースの
術後リハビリについて解説します。

手術についてはこちらの記事で解説しております。

肩腱板断裂の手術方法について肩専門医が解説

2016.12.12

手術からしばらくは縫った糸だけに頼っている状態

手術というのは、
肩腱板の断裂した端っこに
糸を通して、
その糸を引っ張った状態で、
骨に固定ています。

つまり、縫った糸だけで
腱板を固定しているわけですね。

そこから時間をかけて、
腱板と骨がくっついていくわけですが、

通常の筋肉と筋肉を縫ったときよりも
時間はかなりかかります。

そのため、その間、
糸だけで固定している

ということになります。

 

ということは、手術後に、
せっかく縫った腱板が、

また切れてしまう。

そういうリスクにさらされている

ということを理解しないといけません。

腱板の再断裂を防ぐには筋肉を緩めること

この再断裂を防ぐにはどうすればいいのか?
ということですが、

縫ったのは腱板という筋肉の先端ですね。

つまり、筋肉が収縮する=力が入る
ということで、縫った腱板が
再断裂する方向に引っ張られます。

そのため、手術後しばらくは・・・

だいたい、
2–3ヶ月くらいと
考えていいと思いますが、

そのくらい長い期間、

筋肉を緩めておくこと、
つまり、
力が入って、縫合部分を引っ張らないようにする。

ということが原則と言えます。

その原則から、
具体的に2つのリハビリ禁忌が考えられます。

腱板術後リハビリ禁忌1:術後早期からの自分の力で動かすこと

1つは手術後早期から、
つまり、まだ十分くっつく前から、

自分の力で肩を動かしてしまうことです。

これを防ぐために、
術後数週間は

肩関節装具を使用したり、
三角巾を使用したりします。

これを理解していないと、

装具をしているのに、
シャワーや着替えのときに、
平気で自分で肩を上げて外したり

というようなことをする人がいます。

 

自分で肩を動かさない・・・

あまり考えたことがない注意点だと思います。
こういうと、
肘から手首まで
全然動かせなくなっちゃう人もいます。

一番は重力などの
力に拮抗して肩を動かすのをやめたいので、

シンプルな言い方としては、

「脇を前後、左右に開かないでください」

と言っています。

 

肩を動かすという中で、

  • 屈曲は前に脇を開く動き
  • 伸展は後ろに脇を開く動き
  • 外転は外側に脇を開く動き
  • 内転は内側に脇を(開くとは言わないかもしれませんね)

ということになります。

これらをしないということは、
腕は常に装具や三角巾のなかか、
それらを外した後なら、
体幹の側面についていることになります。

腱板術後リハビリ禁忌2:激痛を我慢しての激しい可動域訓練

もうひとつの禁忌は、

痛みが強い中でも、我慢して、
激しく動かすということです。

「リハビリテーションというのは、
激痛を我慢して我慢して、
動かせるようにするモノだ」

というイメージを持っている人は多いです。

実際、
ある程度の我慢は必要なのですが、

激痛を我慢しながらやると言うことは、

反応的にめっちゃ力が入ってしまっています。

 

わかりますよね、
原則から逆行しています。

 

そのため、消炎鎮痛剤などを使いながら、
リハビリ中の痛みを抑え、
できるだけリラックスした状態でリハビリを行う。

ということが非常に重要です。

 

今回は肩腱板損傷術後のリハビリテーションを
禁忌、
つまり、してはいけないこと
ということから解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。