腋窩神経ブロックと腋窩部神経ブロックは違う

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は神経ブロック注射について良く行う腋窩部(えきかぶ)の神経ブロック注射について解説いたします。

ちょっと紛らわしいのですが、腋窩神経ブロック注射と腋窩部神経ブロック注射は違う注射です。それぞれでどちらも比較的良く行う注射ですが全然目的が違うと言っていいと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

腋窩神経の基本をおさらい

腋窩神経とは末梢神経のひとつ

腋窩神経の腋窩(えきか)ですが、これは要は脇の下(腋の下)のことですよね。

この腋窩部を走る末梢神経の1つが腋窩神経です。

腋窩神経は肩に巻き付くように走る

腕に行く神経は首から出て、鎖骨の下を通って、脇の下、すなわち腋窩部を通ります。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

そんな中で腋窩神経はその腋窩部近くで太い神経から枝分かれして、腋の下を後ろから肩の外へ回り込みます。

腋窩神経の働き

神経の働きを考える上で大切なのは神経の走行です。

つまり、先ほど解説した、腋窩部から肩の後ろから外へ回り込むという神経の走行から、

その神経の走行している領域の皮膚感覚を支配して、その部位にある筋肉による運動を支配するというのが一般的です。

三角筋という大切な筋肉を支配

まず筋肉で言えば、三角筋を支配するということになります。

三角筋は肩の周りを後ろ、外、前と取り囲むように走る筋肉で、まさに腋窩神経が支配すべくして支配している筋肉です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

そして、三角筋の前側が働けば、腕が前から上がっていきます(前方挙上)。外側が働けば、外から上がっていきます(外転)。そして、後ろ側が働けば、腕が後ろに上がっていきます(伸展)

非常に重要な機能を担っているわけですね。

肩の外側の感覚を支配

そして、肩の外側の皮膚感覚を支配していますので、腋窩神経がダメージを受けると、肩の外側がしびれたり、痛みが走ったりします。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

四辺形間隙症候群(Quadrilateral space syndrome)

この腋窩神経に障害が起こる1つの有名な病態として、四辺形間隙症候群(Quadrilateral space syndrome)という意味不明な診断名があります。

QLSと略されることもある、この症候群ですが、簡潔に解説します。

四辺形間隙というのは4つの辺に取り囲まれる間隙=スペースのことで、その4つの辺というのは、

  • 上腕三頭筋
  • 上腕骨
  • 大円筋
  • 小円筋

という筋肉と骨に囲まれたスペースで、ここを腋窩神経が走るわけですが、

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

これら筋肉が凝り固まってしまうなどの原因で腋窩神経を圧迫してしまうことを四辺形間隙症候群と呼んでいます。

神経ブロック注射とは?

まず神経ブロック注射とは?ということで何のためにどのように注射をするのか?ということを解説いたします。

実際は治療目的と麻酔目的の二種類の目的があります。

治療としての神経ブロック注射

治療としての神経ブロック注射は痛みの原因と思われる神経の近くに局所麻酔薬を注射して、一時的に神経の機能を遮断(ブロック)することで神経を休ませてあげようという治療です。

それに加えて、ステロイド薬を混ぜることで、神経や神経周囲の炎症も抑えて治療効果を高めようとすることも多いです。

手術などのための麻酔としての注射

次に麻酔目的ですが、手術の際に神経支配領域の痛みを感じないようにするために麻酔薬を神経近くに注射する方法です。

腋窩神経ブロックとは?

腋窩神経ブロックとはその名前のまんま、腋窩神経をブロックする注射です。さきほどの目的で言えば、ほとんどが治療目的です。

肩の痛みの原因が腋窩神経障害であるケースが時々あるので、それを疑った場合は多くは四辺形間隙部分に局所麻酔薬とステロイドを注射します。

腋窩部神経ブロックとは?

腋窩部神経ブロックというのは、腋窩神経ブロックとは違い麻酔目的です。そして、腋窩神経をブロックするわけではありません。あくまでも腋窩「部」神経ブロックです。

腋窩部、すなわち腋の下にはたくさんの腕や指にいく末梢神経が走っています。筋皮神経、正中神経、橈骨神経、尺骨神経などです。

これらの神経が腋の下を通って、それぞれ目的の場所へ分かれていきますので、腋窩部に注射をすることでそれら多くの神経支配領域に麻酔をかけられます。

medically accurate illustration of the shoulder anatomy

そのため、肘から先の日帰り手術などでは腋窩部神経ブロックを行って手術を行うことが多いです。

まとめ

今回は腋窩神経ブロックと腋窩部神経ブロックという紛らわしい神経ブロックの違いについて解説いたしました。腋窩部神経ブロックは腋窩神経ですらなく、かつ治療目的ではなく麻酔目的の注射であるということが大きな違いでした。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。