腋窩神経とは? 肩の大切な神経の1つを解説 by専門医

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は腋窩神経(えきかしんけい)という肩において非常に大事な神経について解説いたします。

肩の痛みや肩の動きが悪いときに、腋窩神経が原因であることが時々あります。そのため、腋窩神経のはたらきや解剖学的な位置を知っておくことは肩の痛みを治していく上では必要なことです。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

腋窩神経とは末梢神経のひとつ

腋窩神経の腋窩(えきか)ですが、これは要は脇の下(腋の下)のことですよね。

この腋窩部を走る末梢神経の1つが腋窩神経です。

腋窩神経は肩に巻き付くように走る

腕に行く神経は首から出て、鎖骨の下を通って、脇の下、すなわち腋窩部を通ります。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

そんな中で腋窩神経はその腋窩部近くで太い神経から枝分かれして、腋の下を後ろから肩の外へ回り込みます。

腋窩神経の働き

神経の働きを考える上で大切なのは神経の走行です。

つまり、先ほど解説した、腋窩部から肩の後ろから外へ回り込むという神経の走行から、

その神経の走行している領域の皮膚感覚を支配して、その部位にある筋肉による運動を支配するというのが一般的です。

三角筋という大切な筋肉を支配

まず筋肉で言えば、三角筋を支配するということになります。

三角筋は肩の周りを後ろ、外、前と取り囲むように走る筋肉で、まさに腋窩神経が支配すべくして支配している筋肉です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

そして、三角筋の前側が働けば、腕が前から上がっていきます(前方挙上)。外側が働けば、外から上がっていきます(外転)。そして、後ろ側が働けば、腕が後ろに上がっていきます(伸展)

非常に重要な機能を担っているわけですね。

肩の外側の感覚を支配

そして、肩の外側の皮膚感覚を支配していますので、腋窩神経がダメージを受けると、肩の外側がしびれたり、痛みが走ったりします。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

腋窩神経を損傷、障害する典型ケース

この腋窩神経が損傷してしまう、ダメージを受けてしまうケースを2つ紹介します。

ただ、どちらもそこまで頻度は高くありません。

やはり、肩が痛い、肩が挙がらないというようなときには四十肩や腱板損傷などのほうが圧倒的に頻度が高いのは事実です。

手術による損傷

まず手術による損傷です。

肩関節の手術においては肩の外側を開いていくこともあれば、腋窩部であれば、非常に肩関節に近いところを走るので、肩関節の手術の時に損傷してしまうことはあり得ます。

当然、我々整形外科医は神経の走行を理解しながら、注意すべきところは慎重に展開していきながら手術するわけですが、それでも、損傷してしまうことはあります。人がやることですから、この可能性をゼロにすることはできません。(とはいえ、ゼロに近づける努力をしていますし、実際、ゼロに近い頻度です。)

四辺形間隙症候群(Quadrilateral space syndrome)

もう一つは四辺形間隙症候群(Quadrilateral space syndrome)という意味不明な診断名があります。

QLSと略されることもある、この症候群ですが、簡潔に解説します。

四辺形間隙というのは4つの辺に取り囲まれる間隙=スペースのことで、その4つの辺というのは、

  • 上腕三頭筋
  • 上腕骨
  • 大円筋
  • 小円筋

という筋肉と骨に囲まれたスペースで、ここを腋窩神経が走るわけですが、

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

これら筋肉が凝り固まってしまうなどの原因で腋窩神経を圧迫してしまうことを四辺形間隙症候群と呼んでいます。

まとめ

今回は腋窩神経という肩において大切な神経の基本的なことを解説いたしました。次にこの腋窩神経がダメージを受けてしまう状態について解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。