肩の病院選び 痛みの解決には最初のクリニックと次の病院が大切

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩の痛みがあるときにどんな病院を選んで受診したらいいのか?ということを解説したいと思います。

これにはいろいろな意見があると思いますので、私の個人的な意見として参考にしていただければと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩の痛みが出たときに最初に選ぶべき病院

まず肩の痛みがあって、病院に行こうとおもったときに最初に選ぶべき病院は一般的にはクリニック、医院と呼ばれる開業医さんです。

整形外科医はすべての関節の診療を経験済み

多くの整形外科医師の研鑽の過程は、初期研修が終わった後に、整形外科を専門と決めて、大学病院の医局ないし総合病院の整形外科に配属されます。そこで先輩整形外科医のもと、整形外科の中でも様々ある専門領域(肩、肘、手、背骨、股関節、膝、足、腫瘍など)をまんべんなく学び経験していきます。

そして、ある程度、自信と能力が身についたところで、キャリアが分岐していきます。

大学病院の講師や教授を目指す医師や、研究を頑張る医師、総合病院で引き続き働きながら専門性を高めていく医師、開業して自分のクリニックをもつ医師などですね。

このようなステップを踏んでクリニックの整形外科医は開業されますので、基本、あらゆる関節の診察ができます。

初期治療はクリニックで

そういう意味ではまずは初期治療はクリニックで受けていただくのが基本です。これは他の場所の痛みでも同じです。

総合病院の方が設備も整っていて安心というイメージから、最初から総合病院に紹介状もなく受診される人が多いのですが、はあまりオススメしません。

頻度からすると関節痛の多くは軽症です。それは我々、整形外科医が診察すればわかりますが、そういったケースで総合病院でやるような精密検査をイキナリやることは少ないです。

心配だからなんでも検査をやってくれ!という患者さんもいますが、検査をなんでもかんでもやれば、安心ということではないんですね。

精密検査をしても異常が見つからなかったり、異常があっても症状は出していない、経過観察でいい病変だったりと軽症の場合は精密検査のメリットが少ない・・・割に、費用は高額ですし、時間もかかります。

そんなことよりも軽症の場合は、経過が大事です。

消炎鎮痛剤は効くのか、注射は効くのか、1–2週間で痛みがひいちゃうのか、逆に日に日に増す痛みなのか、それはどういう症状の変遷を経るのか・・・

というような情報ですね。

これを「経過観察」と言いますが、こういった経過観察に関してはほぼ毎日、院長が外来をやっていて、通院の便がいいクリニックのほうに分があります。

逆に総合病院の整形外科はそういった経過観察は苦手です。総合病院の整形外科医は1人1人で言えば、週に2–3回しか外来をしていませんし、その外来も手術後や手術を検討しないといけない重症患者さんで一杯だったりします。

肩の痛みが続くときの病院選び

初期治療はクリニックでという原則をお話しいたしましたが、経過観察の間も痛みが良くならない、増していくなど、持続してしまう場合にはいくつか選択肢が出てきます。

1つは初期治療を受けた整形外科医が信頼できれば、そのまま治療を継続するということです。信頼できるかどうかは、実際にお話ししてみて、しっかりと説明してくれるか、その説明が納得できるか、ということだろうと思います。

その信頼できる医師が、このケースは精密検査や肩専門医の意見を聞いた方がいいと判断して、紹介していただくというのがベストな流れです。

肩を専門とする整形外科医の診察を受けてみる

もう1つは肩を専門としている整形外科医を自ら探して、そちらに紹介状を書いてもらうという方法があります。

肩を専門とする医師というのは、整形外科医の中でも少なくて、大きな総合病院でも肩を専門とする医師がいないというところは多いです。

そんな中でどうすれば肩を専門とする整形外科医を見つけられるか?ということですが、

直接聞いてみる

まずは今現在かかっている主治医に近くに肩を専門とする医師がいないか聞いてみるのも手です。

これは日本人が苦手なことなんですが、遠慮なく聞いていいことです。

もしかしたら、主治医の知っている医師あてに紹介状を書いてくれるかもしれません。しかし、肩の専門は少ないので知らないケースもあります。

そんなときは、

ホームページで情報を確認してみる

通える範囲の病院のホームページの整形外科医紹介ページを見てみるのも手です。

そこで専門分野を表示していることもありますし、所属学会を表示しているところもあります。

所属学会であれば日本肩関節学会はほぼ確実に肩を専門とする整形外科医は入会している学会です。

また、手術実績を示しているところもありますが、その内訳で「肩関節鏡手術」とか「鏡視下腱板修復術」など、肩関連の手術が多ければ、それも目安になります。

電話で聞いてみる

その上で直接病院に電話して聞いてみてもいいでしょう。病院によって対応はまちまちだと思いますが、肩を専門とする医師がいれば、「○○という医師が肩を専門にやっています。○曜日に外来をやっていますので、紹介状をお持ちください」というような案内が一番多いだろうと思います。

まとめ

肩の痛みを解決するための病院選びとして初期治療にはクリニック、痛みが続く場合は肩専門の整形外科医に診てもらうという、シンプルな結論ですが、その理由や方法についても解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。