肩甲上神経麻痺とは?あなたの肩にも起こっているかもしれない

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩甲上神経麻痺(けんこうじょうしんけいまひ)について解説いたします。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが肩の動きが悪いという時に、この肩甲上神経麻痺が原因であることがあります。

あれ?これ、自分にも当てはまるな?ってことがあれば、一度、肩を専門とする整形外科医の診察をうけてみることをオススメします。

まず、肩甲上神経という神経の基本的なことから解説してまいります。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩甲上神経とは?

肩甲上神経(けんこうじょうしんけい)とは、肩の近くに走る末梢神経(まっしょうしんけい)の1つです。

末梢神経といえば、他には正中神経とか坐骨神経などが有名ですね。それと同じ種類の神経です。

肩から腕の運動や感覚を司る神経は首から出てきます。そして、肩甲上神経は肩の上あたりで枝分かれして、肩甲骨の凹みを通って、筋肉や関節に入ります。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

インナーマッスルを動かす神経

主に肩甲上神経は運動神経です。つまり、筋肉に信号を伝えるはたらきがあり、これが働かなくなると、いわゆる「運動麻痺」が起こります。

この肩甲上神経が支配する筋肉は

  • 棘上筋(きょくじょうきん)
  • 棘下筋(きょっかきん)

の2つです。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩の重要な腱板筋群(インナーマッスル)の2/4、つまり半分を支配していると言えます。

肩の後ろの感覚にも関係していると言われている

以前から、肩甲上神経には皮枝(皮膚感覚を支配する枝)は存在せず、純粋な運動神経と言われていましたが、実際に肩甲上神経麻痺の患者さんを診察すると、かなりの頻度で、肩の後ろから外側の感覚低下(しびれや鈍い感じがする)という症状があることが報告されています。

少なくとも関節には枝を出している

感覚を司る皮枝の存在は議論中ですが、解剖学的に関節の中に入る枝は存在します。

関節とは肩鎖関節(けんさかんせつ)肩関節ですので、これらの関節痛の原因の1つになり得るということです。

肩甲上神経麻痺の典型的症状

このような基本から肩甲上神経麻痺の典型的な症状は主に以下の2つになります。

※先ほど述べたとおり、肩の後ろから外側の感覚が鈍いというのも1つ、神経障害(腋窩神経障害を含む)の可能性が有り、注意したい症状です。

スポンサード リンク

痛みは少ないのに肩が自力で動かしにくい 筋力低下

支配している筋肉である棘上筋、棘下筋の筋力が落ちると、肩を外転(外から上げる)という動きや肩の外旋(外に開く)動きが力が入らないという症状が考えられます。

筋力は左右で比べるとわかりやすいですし、症状が強まると、比べるまでもない動きの異常が出てきます。

そのときの動きが外転、外旋ということになります。

肩の後ろ側が痩せている 筋萎縮

また、慢性的に麻痺が続いていると筋肉が痩せてきます。これを筋萎縮と言い、裸になって左右を後ろからみてもらって比べると、棘上筋と棘下筋が萎縮している場合は肩甲骨の輪郭がよく見えるようになっているはずです。

これも比較的多い所見です。

まとめ

肩甲上神経麻痺の基本的な事項、典型的な症状について解説いたしました。

思い当たる節があれば、早めに整形外科、特に肩を専門としている医師の診察を受けてみましょう。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。