肩の痛みは関節かそれ以外かをまず判断するのがポイント by専門医

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩の痛みの最初の判断ポイントを解説いたします。肩が痛いという時に原因をだんだんと絞り込んで、特定していくわけですが、その最初のステップの1つが、肩関節の痛みかそれ以外か?ということです。

その最初のステップで判断することで、ある程度原因を絞り込むことができます。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩の痛みの部位を把握する

まず判別するために肩の痛みの部位をできるだけ正確に特定します。

ワンフィンガーテスト

痛みが一番強い場所を指一本で指し示してもらうというのをワンフィンガーテストといいますが、試しにこれでどこが痛いかやってみましょう。

痛みの部位を2つにわける

このワンフィンガーテストで刺した部位で2つにわけます。

それは僧帽筋という筋肉の範囲内か範囲外かでわけます。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

僧帽筋(そうぼうきん)の範囲内の痛み

僧帽筋頚椎という首の骨と肩甲骨や鎖骨を繋ぐ骨ですが、この筋肉が存在する部分の痛みの場合を僧帽筋の範囲内の痛みとします。

僧帽筋の範囲外の痛み

僧帽筋が存在しない、もっと前方の痛みだったり、もっと外側の痛みだったりすることがあります。これを僧帽筋範囲外の痛みとします。

僧帽筋の範囲内外で原因も治療も全然違う

この僧帽筋の範囲の中なのか外なのかで原因も治療も全然違います。

僧帽筋(そうぼうきん)の範囲内の痛み  ≒ 筋肉の痛み

僧帽筋の範囲内の痛みの大半は、当然、僧帽筋そのものの痛みのこともありますし、また、その深くにある肩甲挙筋や菱形筋、それら筋肉の付着部の痛みなどが多いです。

多くは筋肉の痛みということですね。

代表的な俗称的診断は

肩こり

です。

もちろん、それ以外にも頚椎ヘルニアなどの神経障害なども考えないといけませんが、肩関節(正確には肩甲上腕関節という関節)が悪くて痛いという可能性は低いと言えます。

スポンサード リンク

僧帽筋の範囲外の痛み ≒ 関節の痛み

僧帽筋の範囲外の痛みは、いわゆる肩関節(肩甲上腕関節=肩甲骨と上腕骨の関節)とその周囲に原因がある可能性があります。

代表的な俗称的診断は

五十肩

です。

ですが、五十肩でも言えるように、その病態はさまざまです。時には重症型の腱板損傷や変形性関節症などもあります。僧帽筋の範囲内の痛みより、検査などの必要性が高い痛みと言えると思います。

肩鎖関節の痛みに注意しよう

少し僧帽筋の付着部に近いところで迷うような痛みの時に多いのは、肩鎖関節の痛みです。

肩甲骨の肩峰(けんぽう)という骨と鎖骨の先端からなる関節で、意外と軟骨のスリ減り(変形性関節症)や関節の炎症(関節炎)が起こっていることが多い関節です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

まとめ

肩が痛いというときに、まず誰もができる判別ポイントとして僧帽筋という大きな筋肉の範囲内か外かというポイントをお伝えいたしました。

いろいろと骨や筋肉を触りながら、痛みの部位をよくよく分析してみるといいかもしれません。もし僧帽筋の範囲内であれば、首を無理のない範囲で動かしたり、肩甲骨を無理のない範囲で動かしたりというような運動で筋肉の血流を良くして、改善が見られるかもしれません。

 

どちらの痛みにしろ、痛みがあれば整形外科を受診するというのは基本中の基本ですので、ご検討ください。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。