肩の痛みがあって腕が上がらないときの対処法 by専門医

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩の痛みがあって腕が上がらないというときにどう考え、どう対処するべきかということを解説いたします。

肩が痛いだけでもツラいのに、たいていそういうときは腕が上がりません。

そんなときにどのように対処し、即効性が必要なときはどうすればいいのか?ということも含めて解説いたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

腕が上がらないときに確認したいこと

「腕が上がらない」を正確に把握する

一口に腕が上がらないと言っても、実際にどの関節運動のことを指しているのかは結構人によって違います。

まず肩が上がらないというのと、肘が曲がらないというのは確実に区別しないといけません。

ここでは肘についての症状ではなく、肩についての症状を解説します。

肩関節挙上 前から上がらない

まず肩関節挙上運動と言って、身体の前からバンザイまで持って行く動きです。

これができないときは肩の挙上困難、もしくは肩の前方挙上困難と言います。

前方挙上の時は三角筋の前側、腱板筋(インナーマッスル)、上腕二頭筋が働きます。

肩関節外転 外から上がらない

次に肩関節外転です。これも挙上同様、バンザイまであげる動きですが、前からでなく外側からです。

この時は三角筋の外側と、腱板筋が働きます。

「腕が上がらない」原因を把握する

次になぜ腕が上がらないのか?を自分なりに分析します。

痛くて上がらない

まず一番多いのは、痛くて上がらないというケースです。
これは肩関節周囲炎で多く、こちらもご参照いただきたいのですが、

肩関節周囲炎の原因とは?周囲炎ってどこのこと?

2017.04.10

肩の周りに炎症が起こって、肩を上げようと動かしたときに痛みが走って、それ以上あげられないという状況です。

カタくて上がらない

次に痛みは少ないけどカタくて上がらないというケースです。これは凍結肩という、四十肩、五十肩のひとつや、外傷後に拘縮してしまうなどの状況が考えられます。

凍結肩とは? 肩が凍結しちゃうってどういうこと?

2017.04.05

力が入らなくて上がらない

最後に力が入らなくて上がらないという状況です。これは、今までの2つに比べて、誰かに上げてもらったり、自分の逆の手でつかんで上げれば、上がるというのが特徴です。(拘縮も合併していれば別ですが)

 

肩が痛くて上がらないときは肩の炎症を考える

肩が痛くて上がらないというときは肩に炎症が起こっていると考えます。その原因で多いのは、いわゆる四十肩、五十肩と呼ばれる肩関節周囲炎と重症型の腱板断裂です。

肩関節周囲炎と腱板断裂についてはこちらもご参照ください。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

肩が痛くて上がらないときの対処法

そして、肩が痛くて上がらないときの対処法の基本をお伝えいたします。

スポンサード リンク

まずは原因をはっきりさせる = 整形外科受診

まず原因をハッキリさせないことには根本的な解決には繋がりません。そういった意味では整形外科を受診することが必要です。特に肩を専門とする整形外科医がオススメです。

そこで原因をハッキリさせるためのステップは

  • ステップ1:整形外科医の診察で痛みの性質を捉える
  • ステップ2:レントゲンで骨の変化をチェックする
  • ステップ3:MRI(時にエコー)で腱板や炎症部位の有無など詳しくチェック
  • ステップ4:診断的治療(治療と診断を併せて行う)として注射の効果を確認する

この4ステップでやっています。

取り急ぎ肩が上がるようにするには

何らかの事情で早めに肩が上がるようにしたいこともあると思います。翌日ゴルフの接待があるとか、ダンスの発表会があるとか・・・

そんなときにまずやるべきは、当たり前かもしれませんが、痛みを取るということですね。

痛いから上がらないなら、痛みを取るのが手っ取り早いわけですね。

消炎鎮痛剤を内服する・座薬

炎症を抑えるには消炎鎮痛剤を使うことになるわけですが、基本は内服、つまり飲み薬ですね。湿布や塗り薬もありますが、取り急ぎ肩が上がるようにしたいという即効性を期待するには飲み薬の方が効果が大きいでしょう。

もう少し効果が大きく即効性があるモノとして坐薬もあります。

肩に注射する

さらにピンポイントのステロイド注射や作用時間を計算に入れれば、ピンポイントの局所麻酔注射がより効果的と言えるかもしれません。

ただ、ピンポイントというのは原因がわかるからこそできることなので、注射の場所や深さが炎症部位から外れれば、あまり効果がないこともあります。

身体、特に肩を温める

いわゆるウォームアップですね。これで体温がかがり、肩まわり、そして肩の関節温度が上がれば、動きが良くなることもありますし、痛みを忘れるほどアドレナリンが出るような没頭感があれば、肩が上がっちゃうかもしれません。

しかし、そうだとしても治ったわけではないので注意が必要です。

腕が上がらないときのリハビリテーション

取り急ぎ痛みを取っても取りきれないことも多いですし、カタくなっていれば結局上がりません。

そこで必要になってくるのがリハビリです。

 

痛みが強いときはリハビリテーションは無理しない

痛みが強いときはリハビリで無理に動かすと、余計に炎症が強まってしまいます。

ですから、前半で解説したような痛みをとるということに最初は集中します。

痛みが落ち着いてきたら徐々に動かしていく

痛みがある程度落ち着いて、少しずつ動かせるようになってきたらリハビリテーションを行います。

拘縮肩の治療 ストレッチから手術まで 肩専門医が解説

2018.02.22

リハビリテーションについてはこちらでも詳しく解説しておりますが、ここでは自宅で行うセルフストレッチをご紹介しておきます。

腕を上げる練習、ストレッチとしての代表的な訓練が、
振り子運動訓練(pendulum exercise)と呼ばれるもので、

頭を下げて腕をだらんと垂らすところから身体を揺らしながら振り子のように腕を前後だったり円を描くように振っていくわけです。

特に頭を腰よりも低く下げるくらいに前屈できれば(転倒や体調崩さないように注意してください。)、より脱力したときの挙上角度が高くなり効果が高まります。

さらにこのような棒を使ったエクササイズも効果的です。

こちらは肩の外転(がいてん)訓練です。棒をつたって左手で右手を外に上に押し出すような動きで右肩を外転(外側から上げていく)させています。

手術が突破口を開くことも

例えば腱板断裂があれば、腱板を修復する手術を行わない限り、思うように改善しないということも起こりえますし、五十肩でもリハビリにものすごく時間がかかってしまうこともあり、手術が突破口を開くこともよくあります。

こちらもご参照ください。

拘縮肩の治療 ストレッチから手術まで 肩専門医が解説

2018.02.22

腱板断裂をまるごと肩専門医が解説

2017.10.30

まとめ

肩が痛くて上げられないというときの対処法として、まず原因検索が一番大切ということをお伝えした上で、いくつか即効性が期待できる方策をお伝えいたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。