肩甲骨骨折のリハビリポイントを解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩甲骨骨折(けんこうこつこっせつ)のリハビリポイントを解説いたします。肩の骨折と言えば、上腕骨骨折や鎖骨骨折などの頻度が高く、肩甲骨骨折というのは肩の骨折の中でもそんなに頻度は高くありません。

そのため肩甲骨骨折に関する情報というのは乏しい印象がありますし、そのリハビリに至ってはどうしたらいいかサッパリということもあるかもしれません。

肩甲骨骨折のリハビリと言っても、ケースバイケースで主治医の意見、方針が非常に大切になるわけですが、肩甲骨という骨の役割からリハビリの基本的な考え方に至るまでを理解することは非常に重要なことだと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩甲骨の役割を部位毎に解説

まず肩甲骨という骨の役割を解説いたしますが、肩甲骨というのは非常に複雑な形をした骨で、その複雑な形にはそれぞれ意味があります。

その代表的な部位と役割を解説いたします。

肩甲骨関節窩 関節の受け皿 と そこに連なる頚部

まず肩甲骨の関節窩(かんせつか)という場所です。これは肩関節を構成する半分です。肩はボール&ソケットと呼ばれ、球状の上腕骨頭とやや凹んだ平らに近い受け皿側の肩甲骨関節窩から成る関節です。

そのため、肩甲骨関節窩は肩関節の1/2を占める非常に大切な部位と言えます。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

ここが折れてしまえば、関節の形はおかしくなり、軟骨に段差ができてしまえば、スムーズな関節運動はできなくなり、軟骨はどんどんすり減り、痛みは残り・・・

なんていうことになりかねません。

また、この関節窩と肩甲骨体部の間に薄細い部分が有り、これを肩甲骨頚部(けいぶ)と言います。肩甲骨の首にあたる部位ですね。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

ここの骨折は角度がズレると、関節窩の角度が変わることになるので、肩関節の角度が変わることになります。
つまり、ダイレクトに肩に関わる骨折と言えるでしょう。

スポンサード リンク

肩峰 三角筋付着部・肩鎖関節

肩峰(けんぽう)は肩甲骨で一番外側に張り出した部位です。肩というと、この骨を触る人が多いと思います。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

この役割としては

  • 三角筋の付着部
  • 肩鎖関節を形成する

という二つがあります。

三角筋というのは腕を前から横から後ろから挙げる筋肉として非常に重要なわけですが、この筋肉の始点という役割があります。

また、肩鎖関節という肩甲骨と鎖骨から成る関節も、実際は肩峰と鎖骨から成る関節と言えます。

肩甲棘 三角筋、僧帽筋付着部

次に肩甲棘(けんこうきょく)ですが、これは肩甲骨の後ろに長く出っ張る部位です。先ほどの肩峰や次に烏口突起などもそうですが、骨の出っ張りはほとんどが筋肉の付着部になっています。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

肩甲棘で言えば、先ほどの三角筋とさらに肩甲骨と背骨をつなぐ僧帽筋の付着部になっています。

烏口突起 腱・靱帯の付着部

烏口突起(うこうとっき)肩甲骨の関節窩に次いで重要と言えるかもしれません。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

それは、多数の筋と靱帯が付着しているからです。

筋肉で言えば

  • 小胸筋(しょうきょうきん)
  • 烏口腕筋(うこうわんきん)
  • 上腕二頭筋短頭(じょうわんにとうきんたんとう)

がくっついていますし、

靱帯で言えば、

  • 烏口鎖骨靱帯(うこうさこつじんたい)
  • 烏口肩峰靱帯(うこうけんぽうじんたい)
  • 烏口上腕靱帯(うこうじょうわんじんたい)

という靱帯がくっついています。

特に烏口鎖骨靱帯は肩鎖関節の安定性に重要で、これが切れてしまうと肩鎖関節脱臼が重症化します。

肩甲骨体部 インナーマッスル付着部

肩甲骨体部(たいぶ)は肩甲骨の一番大きな部分で、多数の出っ張り「以外」と言ってもいいかもしれません。

画像引用元:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器 第一版 医学書院

これは比較的折れやすい部位ですが、幅広くインナーマッスルが付着している部位なので、血流のいい筋肉に覆われているという要素が大きく、むしろ骨のくっつきもいいですし、ズレが肩の機能に直接大きく関わるわけでもないので、手術になることは少ないです。

肩甲骨骨折のリハビリポイント

これら部位によって役割の違う肩甲骨の骨折ですが、その基本的なポイントを2点お伝えします。

肩甲骨骨折のリハビリは拘縮にならないように早めに動かしていく

肩甲骨自体は筋肉に覆われていて、さらに、細長い上腕骨などのような長管骨とは形状からして異なり、その形状はズレにくく、骨もくっつきやすいというメリットをもらたしています。

また、肩周囲の骨折の特徴として肩関節が容易にカタくなってしまうというリスクがあります。

そのため、手術をした場合もしない場合も、できるだけ早めに肩関節を動かして、肩関節がカタくならないようにしていく必要があります。

基本は筋肉の付着部なので他動可動域訓練

多くの部位の共通するポイントとして、筋肉の付着部であるということですね。そのため、その筋肉を使うようなリハビリは骨折のズレを助長する可能性があるので、場所によっては特定の筋肉を使う動きについては、「動かされる」タイプの「他動可動域訓練」というものから開始します。

例えば烏口突起骨折であれば、烏口腕筋、上腕二頭筋などを使うような肩の前方挙上、肘の屈曲については「他動」から開始するというような考え方ですね。

関節窩骨折の多くは手術でしっかり固定後、可動域訓練を慎重に

重要な関節窩骨折の場合は少しのズレで肩関節の機能が大きく損なわれかねませんので、手術をすることが多いです。

画像引用元:OSnow_instruction_11_肩・肘のスポーツ障害 メジカルビュー社

関節窩というのはまさに関節軟骨の一部ですから、この部分の骨折は「関節内骨折」という分類になります。

この「関節内骨折」の手術適応は一般的には2mm以上の転位と言われています。

手術で固定したあとも、肩を動かすときにどうしても力が加わってしまいますし、関節内骨折は血の巡りが悪いので、骨のくっつきに時間がかかります。

そのため、術後のリハビリも慎重にやることになります。

脱臼のときに関節窩が欠ける骨折は骨性バンカート病変と呼ばれる

ただ、関節窩骨折はよく脱臼の時に前側が欠けるような骨性バンカート病変と呼ばれる状態があります。

この場合は骨片がすごく小さければ、一般的な関節内骨折というよりは脱臼の後遺症としての考え方が必要です。
つまり、脱臼がクセになるかどうか?という視点です。

そして、クセになるようだったら手術を検討します。

まとめ

今回は肩甲骨骨折の部位別の特徴とリハビリのポイントを解説いたしました。

肩甲骨は複雑な形をしているため、どこがどのように骨折しているかで、治療法も全然違いますし、リハビリの注意点も異なりますので、参考にしていただければ幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。