肩の骨折の手術はどういうもの? 何を使う?専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩の骨折手術がどういうものなのか?どんなインプラント、金属を使うのか?というようなことについて解説いたします。

肩の骨折をしてしまったときに、「手術が必要です。金属を使って固定します。」という説明があって、さらに丁寧な医師であれば、絵を描いたり、模型を使ったりして説明してくれるでしょう。

それでもやっぱり、短い時間の説明で初めて知る手術について十分な理解を得ることは難しいですし、われわれも、イチカラ解説できるはないので、申し訳ないと思うこともあります。

ということで、肩の骨折手術の基本的な考え方、インプラントなどの器具について解説いたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

肩の骨の基本まとめ

肩を構成する骨は3つある

それぞれの部位の骨折については、
詳しく解説している記事がございます。

上腕骨

上腕骨というのは肘から肩までの細長い骨で、肩の近くは上腕骨近位端(じょうわんこつきんいたん)と言います。
この部分の骨折は非常に多く、骨折の部位や折れ方によって治療が様々です。

また、上腕骨骨折のリハビリポイントについてはこちらをご参照ください。

上腕骨近位端骨折のリハビリポイントを解説 by専門医

2017.04.10

上腕骨近位端骨折の中でも特に特徴的な大結節骨折ついてはこちらで詳しく解説しておりますのでご参照ください。

上腕骨大結節骨折とは? リハビリは?少しのズレも注意が必要な理由

2017.04.08

肩甲骨

肩甲骨骨折は一部を除くと、手術ではなく保存的に治療をすることが多い骨折です。ただ、油断すると肩がカタくなってしまうこともありますし、また、部位によっては手術が必要なことがあります。

肩甲骨骨折についてはこちらで詳しく解説しておりますのでご参照ください。

肩甲骨骨折のリハビリポイントを解説

2017.04.11

鎖骨

鎖骨骨折は肩に近い部分は鎖骨遠位端骨折と言いますが、骨がくっつきにくい厄介な骨折と言えます。

鎖骨遠位端骨折についてはこちらで解説しております。

鎖骨遠位端骨折とは? リハビリを専門医が解説 治療全般も

2017.04.12

骨折の手術の基本

肩に限らず骨折の手術の基本を解説いたします。骨折の手術は観血的整復固定術(かんけつてきせいふくこていじゅつ)という名称がつきますが、それは「観血的」=手術で、整復して、固定するということです。この言葉に骨折の基本が含まれます。

ズレをできるだけ元に戻す

まずズレをできるだけ元に戻すということです。これを整復と言います。当然、骨折の治療の一つの目標は元の形で骨をくっつけることですから、ズレを戻さないといけません。

元に戻した状態で金属などでしっかり固定する

そして、元に戻した状態で固定、キープしないと、また、手術後にズレたら何の意味もありません。これを固定と言って、ギプスなどで固定するのを外固定手術などでの固定を内固定と区別したりします。

つまり、金属などを使って、手術で固定することは内固定ですね。

肩の骨折の固定に使う金属・道具

では、この骨折の固定に使うインプラントの解説です。特に肩の手術では多彩な金属が使われ、時には強い糸なんかも使います。

髄内釘(ずいないてい)

まず髄内釘という金属です。

髄内というのは骨髄(こつずい)の中という意味です。骨の構造は外側の硬い殻のような皮質骨とその中の比較的柔らかい骨髄に分かれます。

そして、髄内釘はこの骨髄の中を骨折部をまたいで、ズブズブズブっと釘を入れることで、骨折部を固定してしまおうというものです。

釘といっても、太ければ太いほど固定性は上がるので、比較的太い棒のようなモノが入ります。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

画像引用元:上肢の骨折・脱臼 手技のコツ&トラブルシューティング (OS NOW Instruction)第一版 メジカルビュー社

メリットは骨の中をズブズブズブっと入れるので、その入れる入り口さえしっかり開ければ、それ以上に傷を大きくあける必要がないという点です。つまり、低侵襲と言えます。

デメリットは関節近くや、関節内骨折のような骨の端っこの骨折は固定は難しいことや、固定が多少アバウトになってしまうことです。

プレート

次にプレートです。プレートとはその名の通り、板状の金属のことですが、板に穴があいていて、その穴からネジを入れることができる仕組みなんですね。

なので、骨に沿ってこのプレートをピタッと当てて、そのプレート越しにスクリューを骨に入れる。プレートを介して、骨折部を固定するということになります。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

画像引用元:上肢の骨折・脱臼 手技のコツ&トラブルシューティング (OS NOW Instruction)第一版 メジカルビュー社

これはメリット、デメリットが髄内釘の逆のようなイメージです。

骨に沿って当てるということは、そのプレートのサイズ分の傷の大きさが必要と言うことで傷が大きくなってしまいます。(低侵襲手術として、骨の表面を滑らせるようにプレートを挿入して固定する方法もあるにはあります)

しかし、しっかりと骨折部をみながら、プレートを当てることで、ピタッと骨折部を整復することがやりやすくなります。

つまり、低侵襲だけどアバウトな髄内釘に対して、高侵襲だけど厳密な整復固定ができるプレートというようなイメージが基本的なとらえ方でいいです。

スポンサード リンク

スクリュー

スクリュー、つまりネジですね。

これは先ほどの髄内釘でもプレートでも、結局使います。髄内釘にも穴があいていますし、プレートにも穴があいています。この穴越しにスクリューを入れて、髄内釘と骨、プレートと骨を固定するということが基本なので、スクリューは基本中の基本のインプラントと言えます。

しかし、骨折部によってはスクリューのみで固定しちゃうこともあります。多くは骨折した骨の片方が小さいときで、プレートを使うほどでもないというときが多いですね。

画像引用元:上肢の骨折・脱臼 手技のコツ&トラブルシューティング (OS NOW Instruction)第一版 メジカルビュー社

ワイヤー

ワイヤーです。キルシュナー鋼線という名前が付いていて、略してK-wireと呼ばれますが、要は針金です。

スクリューのように太いものを入れると割れちゃうような小さい骨でも、ワイヤーなら数本入れて、固定することもできます。

柔らかいワイヤーと強い糸

また、締結法(ていけつほう)といって、柔らかい針金や強い糸を使って、骨折部位とワイヤー、または骨と腱板、骨と骨など様々なものを結んじゃうような方法もあります。

画像引用元:上肢の骨折・脱臼 手技のコツ&トラブルシューティング (OS NOW Instruction)第一版 メジカルビュー社

まとめ

肩の骨折の基本的な手術の考え方とよく使われるインプラントを解説いたしました。

われわれは骨折部位、骨折型に適したインプラントをチームのみんなと相談したりしながら選び出し、「こういう手術をします」と説明していますが、その基本的な考え方を知っていると、説明も理解しやすいかと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。