インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩関節の痛みの1つの原因である
インピンジメント症候群について
解説いたします。

肩の腱板損傷との関連もあるのが
インピンジメント症候群です。

そこらへんも含めて
できるだけていねいに解説いたします。

 

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をごらんいただきありがとうございます。

それではいきましょう!

インピンジメントとは?

まずインピンジメントとは?
ということから入ります。

 

インピンジ【Impinge】

  1. 〔…に〕突き当たる,衝突する 〔on,upon,against〕.
  2. 〔人の権利・財産などを〕犯す,破る,侵害する 〔on,upon〕.
  3. 〔…に〕影響を及ぼす 〔on,upon〕.

ということで、
ある部位とある部位が衝突することを
言うわけですが、

そういう意味では
インピンジメント症候群と言っても、

肩だけに限りません。

 

もっと言うと、
肩だけでもいくつかあります。

  • 肩峰下インピンジメント症候群
  • 烏口下インピンジメント症候群
  • インターナルインピンジメント症候群

というようなものがあります。

ここでは、最も多い
肩峰下インピンジメント症候群について
解説いたします。

肩峰と肩腱板との関係について

そのためには
ご理解いただきたいキーワードが
4つあります。
それは、

  1. 肩峰(けんぽう)
  2. 烏口肩峰靱帯(うこうけんぽうじんたい)
  3. 肩腱板(かたけんばん)
  4. 上腕骨大結節(じょうわんこつだいけっせつ)

この4つです。

肩峰(けんぽう)

肩峰は肩の峰(みね)と書くように、

外から見ても、出っ張った、
いわゆる肩らしい部位です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

肩甲骨の一番外側に出っ張った部位のことで、
ここには

アウターマッスルの三角筋がついており、

さらに前には
次に述べる烏口肩峰靱帯がついています。

また、この肩峰のすぐ下にあるスペースを
肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)

と呼び、

ここに炎症が起こって痛みが起こるのが、
インピンジメント症候群の主病態です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

肩を横から見た図 画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

烏口肩峰靱帯(うこうけんぽうじんたい)

烏口肩峰靱帯は、
さきほどの肩峰から
さらに内側前方にある烏口突起にむかって走る
靱帯のことです。

この靱帯の特徴は、

肩峰と烏口突起という、
どちらも肩甲骨という同じ骨の一部を
つないでいるという希有な靱帯です。

 

通常、靱帯というのは、
別の2つの骨を繋ぎます。

それゆえ、この2つの骨の位置関係が、
脱臼しそうになったときに
支えてくれるわけです。

 

しかし、同じ骨を繋ぐこの靱帯の
役割はなんなのでしょうか?

それはいくつか説がありますが、
一番は、

上腕骨が上に上がらないように
抑えているということです。

しかし、その役割を最も果たしているのが、

次に話す肩腱板であり、

むしろ、肩峰下インピンジメントの主因の1つ
と考えられています。

肩腱板(かたけんばん)

肩腱板は腱板損傷の記事をたくさん書いておりますので、
ご参照いただきたいのですが、

肩を安定的に動かすために
大切な役割を担っている
肩のインナーマッスルの腱になります。

位置関係としては、

肩峰や烏口肩峰靱帯の下にある、
肩峰下滑液包の
さらに下にあります。

上腕骨大結節(じょうわんこつだいけっせつ)

上腕骨大結節は、
上腕骨の一番外側、上側の出っ張りで、

さきほどの肩腱板が付着する部位です。

肩峰下インピンジメントとは?

では、これらを理解いただいた上で、

肩峰下インピンジメントを解説いたします。

それは、肩峰、
もしくは、烏口肩峰靱帯と、
その下に位置する、
肩腱板、もしくは大結節が
衝突するような現象です。

 

肩を挙上、外転(外から上げる)
ような動きの時に
起こります。

実際には衝突と言うより、
こすれるという感じです。

この繰り返しによって、
炎症が起こり、
肩の痛みに発展する。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

この状態から肩を上げていくと、大結節、腱板が肩峰の下に潜り込む。そのときに、インピンジが起こります。 画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

そうなると肩峰下インピンジメント症候群となります。

こちらで解説した
インピンジメントテストの
Hawkinsテストは、

この肩峰下インピンジメントを意図的に起こして、
痛みがでるかどうか判別するテストと言えます。

 

そして、この炎症を放置、
もしくはインピンジメントを繰り返していると、

肩腱板損傷に繋がると考えられています。

それはそうですよね。
物理的にこすられ続ければ、
いずれ切れてしまう・・・

当然の理屈です。

 

今回は肩の痛みの大きな1つの原因である、
肩峰下インピンジメント症候群について

基本から丁寧に解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

 

次に治療について
こちらの記事で解説しております。

インピンジメント症候群の治療を肩専門医が解説

2016.12.10

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。