肩関節周囲炎・拘縮のリハビリ療法の流れがまるわかり

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩関節周囲炎のリハビリ療法の流れについて解説いたします。

肩関節周囲炎からだんだんと肩がカタくなってしまう、いわゆる凍結肩に進展してしまうことが少なくないので、リハビリテーションというのは非常に重要です。

そして、炎症の程度、段階によってやるべきリハビリが変わってきますので、その流れを掴めるような解説をいたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

肩関節周囲炎のリハビリの流れ

肩関節周囲炎の一般的な経過としては、まず炎症が強い、つまり痛みが強い時期から、だんだんと痛みが落ち着いてきて、逆に肩がカタくなってしまう(可動域制限)という流れです。

その中でやるべきリハビリも変わってきますので、その流れを解説いたします。

初期は炎症が強い:肩甲骨を動かす

まず初期は炎症が強いので、痛みが強いのを我慢して、肩をたくさん動かしてしまうと、炎症は逆に強まる一方です。これは肩のリハビリと言うよりは「いじめ」に近いです。

そのため、この時期は「肩関節」、つまり肩甲骨と上腕骨からなる関節はあまり動かさずに、「肩甲骨」自体をよく動かすということで、肩甲骨の動きをよくすることに集中します。

それによって炎症が起こっている部分は安静にできますし、痛みがひいて肩を動かせるようになってきたときにも肩甲骨の動きがいいと、スムーズに肩関節が動かせるようになるメリットがあります。

肩甲骨運動の基本種目は、肩すくめやCATなどがあります。

炎症が鎮静化:カタい部位をほぐしていく

次に痛みがひいてくると、それは炎症が治まってきたことを意味しますので、少しずつ「肩関節」を動かしていきます。

スポンサード リンク

このときには肩まわりの筋肉が力んだ状態で肩を動かしてしまうと、せっかくおさまった炎症にもよくないので、リラックスして動かすということが大切です。

そういう意味では、振子運動訓練はオススメのリハビリと言えます。

これはできるだけお辞儀して(ここで転ばないようにテーブルを掴むんど安全対策が重要です)、腕をだらんと下ろした状態で、腕をリラックスした状態をキープしながら振子のように腕を前後に振ったり、回したりする動作です。

完全にカタく:地道に痛みを我慢しながら動かす

最後に、もし完全にカタまってしまい、凍結肩と呼ばれる状態になってしまったとしても、基本は地道にリハビリとしてストレッチや病院での可動域訓練をしていくことになります。

ストレッチについてはこちらもご参照ください。

肩関節周囲炎に有効な3つのストレッチ

2017.04.08

 

まとめ

このように肩関節周囲炎のリハビリの流れとしては炎症の強さ、肩の拘縮(カタくなってしまう状態)の強さによってやるべきことを変えて、常に適切なリハビリを選択していく必要があります。

病院でのリハビリを受ける場合は、主治医や理学療法士が適切に指示をしてくれると思いますが、通院の時間がとれずにセルフでリハビリをする場合は、このような基本的な考え方を押さえてやっていっていただくと効果的だと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。