四十肩で病院に行くかどうか迷ったら 比較して考える

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は四十肩のときに病院に行くべきかどうか?ということについての考察をしてみます。いろんな治療する場所があって混乱してしまっているという人が多い中、病院で治療した場合とそれ以外で治療した場合の比較という形で考察してみると、かなりスッキリ整理されます。

僕は整形外科医ですから、その立場からの意見ということになりますので、ちょっとバイアスがかかってるかもしれませんが、できるだけフラットに考えてみたいと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

そもそも本当に四十肩?

四十肩というのは俗称と言いましたが、まず本当に四十肩という診断でいいのか?ということです。

堅苦しいことを言えば、診断をできるのは医師だけですので、病院にも行かずに、自分の痛みに対して自分で診断を下すのはもちろん、接骨院、整体院、鍼灸院・・・などなど、治療のプロと呼ばれる人たちでも危険と言えます。

また、こちらも参考にしていただき、本当に典型的な四十肩の症状だけなのかどうか?というのもチェックしてみてください。

そういう意味ではまず最初、病院で診断を受けるというのは、どこでどう治療しようが基本中の基本と言えます。

四十肩を病院での治療した場合としない場合を比べる

それでは治療を病院でした場合とそれ以外を比べてみましょう。

四十肩を病院で治療すると

四十肩の病院における治療の流れは、こちらで詳しく解説しておりますが、

メリットは

  • 診断に基づいた痛みのピンポイントな対処、治療を受けられる
  • 医療行為を許された唯一の場所なので、薬(内服薬、外用薬、注射)など即効性も期待できる治療が受けられる
  • きちっと主治医と関係性を築ければ、治療が迷走することは少ない

ということだろうと思います。

デメリットは

  • 良くも悪くも西洋医学に偏って、対症療法に終始しがち
  • 付き合いにくい医師が多いのも事実
  • 診療時間が短く、仕事帰りなどで使いにくい

などでしょうか。

四十肩を病院以外で治療すると

それに対して、病院以外での治療となると、例えば接骨院、整骨院などの柔道整復師さんによる治療や、鍼灸師による鍼灸治療、また、日本では国家資格はないので注意が必要ですがカイロプラクター、整体師による治療などが病院以外で受ける代表的な治療だと思います。

それぞれの職種でいろんな背景があって、細かいことは省きますが、自分の持ちうる技術を使って、その症状の改善を図るということをやられます。その中で、東洋医学的に全身をみること、全身から改善を図ろうとすることも1つの特徴として大事な点でしょう。

ただ、全身を診ることは重要ですが、四十肩という状態において全身をどのように評価してどのように改善して・・・というものにおいて科学的に再現性のあるものは確立していません。言い方は悪いですが、「たまたま良くなった人」もいれば「全然効果がない人」もかなりいらっしゃいます。

私自身、専門職の方々とは交流はあっても、別の職種の人間なので個人的な意見となりますが、

メリットは

  • 東洋医学的に全身アプローチをしていくことによるいい治療効果の可能性
  • 「手当て」という医療行為の基本からすると、時間をかけて専門技術をもって「手当て」をしてもらえることの治療効果の可能性(プラセボ含む)
  • 時間的に土日や遅くまでやっているところが多い

デメリットは

  • 診断を元にした治療ではないので「効果なし!」や「逆効果」なんてこともあり得る
  • 治療を受けた直後は良くなった実感があるが、すぐに戻ってしまい頻繁に受診する必要があるというケースが多い
  • 本当の意味では保険は利かない

などでしょうか。

結論:病院はまず1回は行くこと。それ以外は・・・ケースバイケース。

結論としては、前半でお話ししたとおり、まず診断という一番大切なファーストステップは病院以外ではできません。ここは強調しておかないといけないかもしれません。

そういう意味で病院(診療所、クリニック)はまず1回は行くこと。

そして、オススメは、主治医といい関係を築いて治療をしていくことですが、どうしても事情があって通院がむずかしければ、他の治療院のようなところも試してみるのは否定はしません。

ただ、やはりそういった病院以外での治療が順調でない場合は、早めに病院、クリニックで再度相談していただきたいなと思います。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。