五十肩 病院でのリハビリは何をするの?家では? 専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

五十肩の治療としてリハビリは非常に重要です。リハビリには病院で療法士(理学療法士、作業療法士)による通院リハビリと自宅でご自身でやっていただくセルフリハビリがあります。

今回は特に病院でのリハビリというのはどういったことをするのか?どういった効果があるのか?家で自分でやるのとはどう違うのか?というポイントについて解説したいと思います。

それを理解したいただくことによって通院リハビリを受けるかどうかの判断材料にしていただいたり、モチベーションにしていただけるのではないかと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

五十肩の基本をおさらい

五十肩とは?

まず五十肩とは、なぜ五十肩というのでしょうか?

これはほとんどの人がご存じですが、五十歳くらいの人に多いからですね。正式な病名ではなくて俗称です。

肩関節周囲炎という状態

この五十肩・・・

実際に肩では何が起こっているのか?

なんで痛いのか?

というと、大雑把に2つの現象が起こっていると考えています。

そのうちの1つが肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)です。
その名の通り、肩関節の周りに炎症が起こるという状態です。

周りという、またアバウトな表現になりますが、それには複数の病態が含まれます。

肩峰下インピンジメント症候群

多いのは肩峰下インピンジメント症候群と言って、肩峰という肩甲骨の骨とその下の腱板というインナーマッスルの間のスペースに摩擦による炎症が起こる状態です。

こちらで詳しく解説しております。

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

腱板炎

先ほどの肩峰下インピンジメント症候群の結果としても起こりますが、単純にオーバーユースや加齢による変化などを原因として、肩のインナーマッスルである腱板に炎症が起こり、痛みが出現します。

これが重症化すると腱板断裂という腱板が切れてしまう状態にもなり得ます。それはもう五十肩の範疇を超えているといってもいいでしょう。(しかし、精密検査をせずに五十肩で片付けられている腱板断裂の患者さんは非常に多いです。

腱板疎部損傷

ちょっとマニアックですが、肩の前方の腱板と腱板の間に腱板疎部というやや薄い場所があります。この腱板疎部の損傷や炎症も痛みの原因になります。

こちらで詳しく解説しております。

腱板疎部損傷とは?治療法は? 肩専門医解説

2016.12.14

上腕二頭筋長頭腱炎

また、肩の前方の痛みの原因として、多いのが上腕二頭筋長頭腱炎です。これは力こぶの筋肉が肩の関節の中に入るところで炎症が起こります。

こちらで詳しく解説しております。

上腕二頭筋長頭腱炎とは? 専門医がわかりやすく

2017.03.30

これら様々なメカニズムで肩関節の周りに炎症が起こり、肩の痛みが出現する。これが五十肩のスタートと言っていいかと思います。

凍結肩という状態

五十肩には大雑把に2つの現象が起こっているといいました。

1つめが肩関節周囲炎でしたが、その肩関節周囲炎が長引いてくると、だんだん、凍結肩(とうけつかた)という2つめの現象に移行していきます。

英語ではfrozen shoulder(フローズンショルダー)といいます。

肩関節包肥厚

この凍結肩というのは、主に肩の関節包(かたかんせつほう)という関節を包む膜が分厚くなって(肥厚)、カタくなっているため、肩が上がらない、肩が回らないという、可動域制限がメインの症状になってきます。

五十肩の病院でのリハビリ

五十肩という診断においてリハビリを病院でやるときの流れですが、まず、医師の診察の結果、五十肩といわれ(肩関節周囲炎という診断名が多いです)、リハビリを勧められます。

これはケースバイケースで、リハビリはまだ積極的にやらないほうがいいときもありますので、その判断は主治医と相談しましょう。

そして、リハビリを医師が指示すると、病院によって違いますが、理学療法士(PT:Physical Therapist)か作業療法士(OT:Occupational Therapist)のどちらかの専門職がリハビリを担当し、定期的に(週に1-3回くらいが多い)リハビリを20分から1時間くらい受けることになります。

療法士による運動療法

中心となるのは、先ほどの専門職である療法士によるリハビリです。これは療法士がサポートすることで、関節のいい動きを獲得するためのものです。

徒手リラクセーション

マッサージのような手技によって、筋肉の緊張をとっていくこと。これをリハビリの前半でやることが多いと思います。

痛みがあれば、筋肉が緊張状態になっていることが多いです。その状態で無理矢理動かせば、逆に痛みが増すだけということもあり得ますので、まずリラクセーションを図るわけですね。

可動域訓練

次にリハビリの一番の中心である可動域訓練です。

五十肩では肩がカタくなっていきます。すなわち動きの幅、可動域が狭くなるわけですね。

それを拡げてあげるのが可動域訓練です。

様々な方向に療法士が指示したり、直接腕を持って肩を動かしていくことで可動域を拡げていきますが、自宅でセルフリハビリもできるように1人でできる可動域訓練の指導も合わせてやることになります。

筋力訓練

五十肩では可動域訓練が中心で、筋力訓練まで必要になることは多くはありません。しかし、肩のインナーマッスルと呼ばれる腱板筋群のトレーニングや肩甲骨周囲の筋肉のトレーニングを行うことで、肩の動きがスムーズになって、症状改善に繋がることもありますので、状態に応じてこれらのトレーニングが追加されることになると思います。

機械による物理療法

さきほど述べた徒手リラクセーションのように筋肉の緊張をとっていくという目的で、理学療法士がいないようなクリニックでは機械(電気、超音波など)による物理療法というリハビリが行われます。

家でのリハビリ

家でのリハビリは当然、療法士によるリハビリよりは効果が少ないかもしれませんが、毎日、自分の好きな時間に好きなだけできるという意味でも重要性は非常に高いです。

通院リハビリを受けている場合でも、ほとんどの病院では療法士によるリハビリを毎日することは入院でもしない限りはできませんので、そういう意味でも重要です。しっかり、自宅でできるセルフリハビリを指導してもらって、毎日継続しましょう。

シンプルに継続できる体操

セルフリハビリのシンプルバージョンとして、いくつか体操を紹介しておりますので、こちらもご参照ください。

五十肩の体操はこの3つだけ ポイント解説

2017.04.07

まとめ

病院でやっている五十肩に対するリハビリということで、基本的な内容ではありますが解説いたしました。

病院でやるリハビリと自宅でやるリハビリ、どちらも重要であり、うまく使い分けていくことが大切かと思います。特に可能な限りの通院リハビリとそれ以外の自宅でのセルフリハビリを徹底することは非常に効果的だと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。