五十肩の治療法_自分にピッタリがわかる

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

五十肩という漠然とした言葉を正体をいくつかの記事で明らかにしてきました。
それは自分にピッタリの効果バツグンのオーダーメイド治療をするためと言っても過言ではありません。

今回は自分の症状、状態にはどんな治療がぴったりなのか?ということを解説して、「これかな?」っていうのが見つかれば嬉しいです。

こんにちは、肩を専門とする整形外科専門医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

五十肩の基本をおさらい

五十肩とは?

まず五十肩とは、なぜ五十肩というのでしょうか?

これはほとんどの人がご存じですが、五十歳くらいの人に多いからですね。正式な病名ではなくて俗称です。

肩関節周囲炎という状態

この五十肩・・・

実際に肩では何が起こっているのか?

なんで痛いのか?

というと、大雑把に2つの現象が起こっていると考えています。

そのうちの1つが肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)です。
その名の通り、肩関節の周りに炎症が起こるという状態です。

周りという、またアバウトな表現になりますが、それには複数の病態が含まれます。

肩峰下インピンジメント症候群

多いのは肩峰下インピンジメント症候群と言って、肩峰という肩甲骨の骨とその下の腱板というインナーマッスルの間のスペースに摩擦による炎症が起こる状態です。

こちらで詳しく解説しております。

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

腱板炎

先ほどの肩峰下インピンジメント症候群の結果としても起こりますが、単純にオーバーユースや加齢による変化などを原因として、肩のインナーマッスルである腱板に炎症が起こり、痛みが出現します。

これが重症化すると腱板断裂という腱板が切れてしまう状態にもなり得ます。それはもう五十肩の範疇を超えているといってもいいでしょう。(しかし、精密検査をせずに五十肩で片付けられている腱板断裂の患者さんは非常に多いです。

腱板疎部損傷

ちょっとマニアックですが、肩の前方の腱板と腱板の間に腱板疎部というやや薄い場所があります。この腱板疎部の損傷や炎症も痛みの原因になります。

こちらで詳しく解説しております。

腱板疎部損傷とは?治療法は? 肩専門医解説

2016.12.14

上腕二頭筋長頭腱炎

また、肩の前方の痛みの原因として、多いのが上腕二頭筋長頭腱炎です。これは力こぶの筋肉が肩の関節の中に入るところで炎症が起こります。

こちらで詳しく解説しております。

上腕二頭筋長頭腱炎とは? 専門医がわかりやすく

2017.03.30

これら様々なメカニズムで肩関節の周りに炎症が起こり、肩の痛みが出現する。これが五十肩のスタートと言っていいかと思います。

凍結肩という状態

五十肩には大雑把に2つの現象が起こっているといいました。

1つめが肩関節周囲炎でしたが、その肩関節周囲炎が長引いてくると、だんだん、凍結肩(とうけつかた)という2つめの現象に移行していきます。

英語ではfrozen shoulder(フローズンショルダー)といいます。

肩関節包肥厚

この凍結肩というのは、主に肩の関節包(かたかんせつほう)という関節を包む膜が分厚くなって(肥厚)、カタくなっているため、肩が上がらない、肩が回らないという、可動域制限がメインの症状になってきます。

自分の五十肩のタイプを判別する

まず五十肩と言っても、自分はどの段階でどの部位に炎症があるのかを知る必要があります。

それには症状である程度の推測がつきます。その目安をご提示しながら治療についてお話ししますが、より正確に判別するならMRIなどの精密検査をもとに肩を専門とする医師の診察を受けるのもおすすめです。

五十肩のステージ(段階)別のピッタリ治療

まずは五十肩の段階、ステージごとのピッタリ治療を解説いたします。

五十肩はだいたい3つの段階、ステージにわかれます。

よく教科書などでは

  • freezing phase
  • frozen phase
  • thawing phase

の3段階で説明されています。

要は

  • 凍結中
  • 凍結完了
  • 解凍

という3段階なわけですが、もちろん本当に肩が凍っちゃうことはありません。もうちょっと肩の中で起こっていることがわかりやすいように表現してみました。

1.炎症期

まずは肩の周りの炎症が強い時期です。このときは何をしても痛いかもしれません。痛みで肩がなかなか動かせないという状況だろうと思います。

これはどの部位が炎症を起こしているかで少し異なりますが、炎症を積極的に押さえていくことが治療のポイントです。

このときに、肩が動かなくなってしまうと思って焦ってリハビリを無理してしまうと炎症が悪くなって逆効果ですので、むしろ安静にすること、痛みの出る動作を避けること意識します。

リハビリは肩甲骨を動かすことを中心にやっていくのがオススメです。


その上で、痛みが強ければ、消炎鎮痛剤を飲んだり、注射をしたりということをやっていきます。

2.凍結期

次に炎症が落ち着いてきた頃に、代わりに肩まわりがカタくなってしまう時期です。肩が上がらなかったり、回らなかったりするのが典型的な症状です。

この時期はいよいよリハビリとして肩関節の可動域訓練(かどういきくんれん)を積極的にやっていく時期です。それによってカタくなりかけている、カタくなっている関節包(かんせつほう)をゆるめて、癒着を剥がしていく必要があります。

リハビリについてはこちらをご参照ください。

四十肩の治し方の流れ丸わかり 専門医解説

2017.04.07

3.回復期

凍結期のリハビリが効果を呈してきたり、ときには自然と肩がだんだん動くようになってきます。

この時期はリハビリをさらに継続していくことで、もとの状態まで戻ること、また、筋力を含めてご自身の肩関節に求めるゴールを目指すことになります。

五十肩で手術を考えるとき

これらのステージにおいてポイントを押さえて治療をしていっても、やはり効果は個人差があって、どうしても痛みが治まらない、どうしても可動域が改善しないということや、もっと早くどうにかしたいというような希望があるかもしれません。

そんなときには手術も選択肢です。今は関節鏡によって小さい傷から周りをあまり傷つけずに目的の治療を達成することができますので、相談してみましょう。

arthroscope surgery

五十肩の部位別のピッタリ治療

次に五十肩の部位別のピッタリ治療を考えてみます。

肩の前方の炎症

まず肩の前方の痛みがある場合です。
この時に多いのは

  • 上腕二頭筋長頭腱炎
  • 腱板疎部損傷

などですが、比較的狭い領域の炎症なので、ピンポイントの注射が効果を示すことがあります。

それは肩の専門医によって正確に注射を打ってもらったり、超音波(エコー)を見ながらの注射を受けたりということがオススメです。

また肩を伸展する、つまり背中側に持っていくと、肩の前側が伸ばされて痛みが出ることがあるので、寝るときにも仰向けで寝る場合は肘の下に枕を置くなど、身体のお腹側に腕があるような状態をキープすると少し夜間の痛みが楽かもしれません。

また、凍結期以降は、上腕二頭筋長頭腱に対するストレッチを積極的にやっていきましょう。

こちらをご参照ください。

上腕二頭筋長頭腱炎に有効なストレッチ 結節間溝の痛みを改善!

2017.03.29

肩の外側から後方の炎症

次に肩の外側から後ろにかけての炎症ですが、これは肩峰下インピンジメント症候群による痛みが中心かもしれません。

肩峰下インピンジメントの治療についてはこちらもご参照ください。

インピンジメント症候群の治療法は? 肩専門医解説

2017.03.29

肩峰下への注射は多くの整形外科医が通常やる肩の注射ですので、まず受けてみるのもいいと思います。

また、肩甲骨の動きが悪いと、余計にインピンジメントを起こしやすいので、肩甲骨の可動性を上げるリハビリもオススメです。

さきほど動画を紹介した肩すくめ運動やCATなどが一般的ですね。

肩の上の炎症

五十肩の範疇に入れるのは迷いますが、肩の上の方の痛みで、肩鎖関節の炎症を起こしているケースがあります。

これは鎖骨の一番先端を押してみて、痛みがあるかが一番わかりやすいポイントです。

この場合は肩鎖関節に注射をすると、かなり効果が出ますが、変形性肩鎖関節症といって軟骨がかなりすり減っている人の場合は、手術が必要なこともあります。

まとめ

今回は五十肩の治療法として、ステージ別、部位別にポイントをまとめてみました。

自分にピッタリの治療を受けて、ピッタリのリハビリをして、最短最速で望む肩の機能を再獲得しましょう!

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。