五十肩の症状判定 この症状は典型的?

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は五十肩の症状として、これは典型的なのか?それとも典型的じゃないから他の病態(腱板損傷や頚椎ヘルニアなど)も考えないといけないのか?

というような症状判定について解説してみたいと思います。

ご自身や周りの人の症状と照らし合わせて読んでいただくといいかと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

五十肩の基本をおさらい

五十肩とは?

まず五十肩とは、なぜ五十肩というのでしょうか?

これはほとんどの人がご存じですが、五十歳くらいの人に多いからですね。正式な病名ではなくて俗称です。

肩関節周囲炎という状態

この五十肩・・・

実際に肩では何が起こっているのか?

なんで痛いのか?

というと、大雑把に2つの現象が起こっていると考えています。

そのうちの1つが肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)です。
その名の通り、肩関節の周りに炎症が起こるという状態です。

周りという、またアバウトな表現になりますが、それには複数の病態が含まれます。

肩峰下インピンジメント症候群

多いのは肩峰下インピンジメント症候群と言って、肩峰という肩甲骨の骨とその下の腱板というインナーマッスルの間のスペースに摩擦による炎症が起こる状態です。

こちらで詳しく解説しております。

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

腱板炎

先ほどの肩峰下インピンジメント症候群の結果としても起こりますが、単純にオーバーユースや加齢による変化などを原因として、肩のインナーマッスルである腱板に炎症が起こり、痛みが出現します。

これが重症化すると腱板断裂という腱板が切れてしまう状態にもなり得ます。それはもう五十肩の範疇を超えているといってもいいでしょう。(しかし、精密検査をせずに五十肩で片付けられている腱板断裂の患者さんは非常に多いです。

腱板疎部損傷

ちょっとマニアックですが、肩の前方の腱板と腱板の間に腱板疎部というやや薄い場所があります。この腱板疎部の損傷や炎症も痛みの原因になります。

こちらで詳しく解説しております。

腱板疎部損傷とは?治療法は? 肩専門医解説

2016.12.14

上腕二頭筋長頭腱炎

また、肩の前方の痛みの原因として、多いのが上腕二頭筋長頭腱炎です。これは力こぶの筋肉が肩の関節の中に入るところで炎症が起こります。

こちらで詳しく解説しております。

上腕二頭筋長頭腱炎とは? 専門医がわかりやすく

2017.03.30

これら様々なメカニズムで肩関節の周りに炎症が起こり、肩の痛みが出現する。これが五十肩のスタートと言っていいかと思います。

凍結肩という状態

五十肩には大雑把に2つの現象が起こっているといいました。

1つめが肩関節周囲炎でしたが、その肩関節周囲炎が長引いてくると、だんだん、凍結肩(とうけつかた)という2つめの現象に移行していきます。

英語ではfrozen shoulder(フローズンショルダー)といいます。

肩関節包肥厚

この凍結肩というのは、主に肩の関節包(かたかんせつほう)という関節を包む膜が分厚くなって(肥厚)、カタくなっているため、肩が上がらない、肩が回らないという、可動域制限がメインの症状になってきます。

五十肩 この症状は典型的

まず五十肩に典型的な症状を紹介していきます。

動作時痛 動かすと痛みが走る

五十肩は普段、日中に何もしてないときに痛い(安静時痛)というのはあまりありません。

腕を回したとき、肩を挙げたときなど動かしたときに痛いというのが典型的です。

夜間痛 寝ていると痛くて目が覚める

Lonely mature man drinking beer at evening

次に夜間痛、夜寝ていると目が覚めちゃうくらいに痛むというのが典型的です。他の関節、部位では夜間痛というのは、何か重大なものが隠れている可能性を示唆しますが、肩の場合は五十肩を含め、多くの炎症において頻繁に出現する症状です。

可動域制限 肩が回らない

可動域制限、これは肩を動かす幅が狭いことをいいますが、典型的には肩を上に上げられない、後ろに回せないなどの症状が出ます。

スポンサード リンク

この症状は五十肩以外かもしれない!?

しかし、これらの典型的と言える症状は、他の病態、例えば、腱板断裂などにおいても共通するモノですので、これらの典型的な症状があるから五十肩と決めつけるのは危険です。

また、逆に以下のような症状があれば、五十肩以外も考えて精密検査を受けるなどが必要になるかもしれません。

安静時痛

先ほども述べましたが、安静時痛は五十肩ではあまり典型的ではありません。何もしてないのに痛いというのは炎症が強いということか、神経が刺激されて痛みが走っているかということを考えます。

炎症が強いというのは、強い外傷の後(腱板断裂や骨折などを含む)であったり、腱板に石灰が入り込む石灰沈着性腱板炎、頻度は低いですが細菌による感染症(つまり、関節が膿んじゃった状態)などを考えます。

神経障害性であれば、頚椎椎間板ヘルニアなど頚椎レベルでの神経障害や腋窩神経障害(えきかしんけいしょうがい)などの末梢神経障害を考えます。

しびれ

また、神経障害性であれば、痛みに加え、しびれも多い症状です。

しびれについてはこちらでも解説しておりますのでご参照ください。

四十肩の症状としてしびれは要注意 専門医解説

2017.03.31

小さい肩の動きでの痛み

もう一つ、小さい微妙な動きで痛みが走るのも注意が必要です。

例えばドアノブを回すとき雑巾を絞るとき、前のものを取る動き(リーチ動作)などですね。

これらは腱板断裂(けんばんだんれつ)を疑う症状です。

自分の年齢・・・40–50歳代ですか?

もう1つ考えたいのは、年齢的なものです。

どういうことかというと、四十肩、五十肩と言うくらいですから、その年齢に圧倒的に頻度が高いんですね。

そうでなく、もっと若いときや逆に60歳を越えて、肩の痛みが来たときに、単純に五十肩で済ましてしまうのはちょっと無理があります。

もちろん、そういうケースもありますが、しっかり調べてみると別の病態があったということもよくあります。

まとめ

今回は五十肩の症状判定ということで、どれが典型的でどれが典型的ではないのか?ということを解説いたしました。

典型的な症状だけということであれば少し様子を見てもいいかもしれませんが、典型的な症状以外にも症状があれば、一度は診察を受けることをオススメいたします。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。