五十肩に効く薬?本当?市販薬の成分チェック

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

五十肩に市販薬は本当に効果があるのか?
ということについての記事です。

よくありますよね「五十肩に効く薬」といううたい文句。

「これって五十肩だろうなぁ」

と思ったとき、こちらのホームページをご覧いただいている人は都合をつけて整形外科受診を検討されると思うのですが、人によっては

「五十肩くらいで会社を休めないな」となるかもしれません。

そこでちょっとドラッグストアに寄って、五十肩に効く!とされている薬を試そうと思うのは自然な流れです。

実際、病院での治療と市販薬を飲むのとではどう違うのでしょうか?

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

五十肩の基本をおさらい

五十肩とは?

まず五十肩とは、なぜ五十肩というのでしょうか?

これはほとんどの人がご存じですが、五十歳くらいの人に多いからですね。正式な病名ではなくて俗称です。

肩関節周囲炎という状態

この五十肩・・・

実際に肩では何が起こっているのか?

なんで痛いのか?

というと、大雑把に2つの現象が起こっていると考えています。

そのうちの1つが肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)です。
その名の通り、肩関節の周りに炎症が起こるという状態です。

周りという、またアバウトな表現になりますが、それには複数の病態が含まれます。

肩峰下インピンジメント症候群

多いのは肩峰下インピンジメント症候群と言って、肩峰という肩甲骨の骨とその下の腱板というインナーマッスルの間のスペースに摩擦による炎症が起こる状態です。

こちらで詳しく解説しております。

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

腱板炎

先ほどの肩峰下インピンジメント症候群の結果としても起こりますが、単純にオーバーユースや加齢による変化などを原因として、肩のインナーマッスルである腱板に炎症が起こり、痛みが出現します。

これが重症化すると腱板断裂という腱板が切れてしまう状態にもなり得ます。それはもう五十肩の範疇を超えているといってもいいでしょう。(しかし、精密検査をせずに五十肩で片付けられている腱板断裂の患者さんは非常に多いです。

腱板疎部損傷

ちょっとマニアックですが、肩の前方の腱板と腱板の間に腱板疎部というやや薄い場所があります。この腱板疎部の損傷や炎症も痛みの原因になります。

こちらで詳しく解説しております。

腱板疎部損傷とは?治療法は? 肩専門医解説

2016.12.14

上腕二頭筋長頭腱炎

また、肩の前方の痛みの原因として、多いのが上腕二頭筋長頭腱炎です。これは力こぶの筋肉が肩の関節の中に入るところで炎症が起こります。

こちらで詳しく解説しております。

上腕二頭筋長頭腱炎とは? 専門医がわかりやすく

2017.03.30

これら様々なメカニズムで肩関節の周りに炎症が起こり、肩の痛みが出現する。これが五十肩のスタートと言っていいかと思います。

凍結肩という状態

五十肩には大雑把に2つの現象が起こっているといいました。

1つめが肩関節周囲炎でしたが、その肩関節周囲炎が長引いてくると、だんだん、凍結肩(とうけつかた)という2つめの現象に移行していきます。

英語ではfrozen shoulder(フローズンショルダー)といいます。

肩関節包肥厚

この凍結肩というのは、主に肩の関節包(かたかんせつほう)という関節を包む膜が分厚くなって(肥厚)、カタくなっているため、肩が上がらない、肩が回らないという、可動域制限がメインの症状になってきます。

病院で出される五十肩に効く薬

まず大前提として、飲み薬は病院での治療の1つに過ぎません。病院ではまず痛みの原因に診察や画像検査で迫り、それに対して、飲み薬の他にも注射やリハビリ、時には手術などを行って治療していきます。

そういう意味で市販薬をとりあえず飲んでみる、というものとは全然違うというのは言うまでもないわけですが、

病院で五十肩に対して出される薬と市販薬は同じ飲み薬でも結構違います。

まず病院で出される薬は健康保険が利きます。

それは逆に言えば、国民の税金を使うわけですから、科学的に効果が実証されていることが条件ですし、また、その前に医師の診断があることが前提です。

消炎鎮痛剤 NSAIDs

まず炎症を抑え、痛みを減らす薬の代表格である非ステロイド系消炎鎮痛剤(NSAIDs)です。

ステロイドは炎症を強く抑える代わりに、様々な副作用のリスクがあり、使うには勇気がいる薬ですし、容量のコントロールも厳重です。

それに対して、効果は少し劣っても、副作用が少なく、市販薬にもなっているのがこのNSAIDsです。

ロキソニンやセレコックス、ボルタレンといった商品名ですね。

鎮痛剤 アセトアミノフェン

次に炎症を抑える効果はありませんが、痛みを減らす効果があり、さらに副作用がNSAIDsよりさらに少なく安全と考えられているのがアセトアミノフェンです。

カロナール、コカールという商品名が多いですね。

痛みを出している中枢にも効かす薬

うつ病やてんかんなど、脳などの中枢神経系に効く薬が、痛みのコントロールにも有用であることが近年わかってきており、関節痛に対してもこの中枢に作用する薬が続々と出てきています。

リリカ、トラムセット、トラマール、サインバルタなどの商品名です。

ただ、これらは慢性の痛みで特に変形性関節症のような、加齢性にある意味では根本治療が手術しかないような時に使う、奥の手のようなイメージですので、五十肩に使うことは少ないかもしれません。

スポンサード リンク

市販されている五十肩に効く薬は?

これらの病院で保険が利く薬に対して、市販薬は保険は利きません。

それは費用面ではマイナスですが、気軽にドラッグストアで買えるというメリットはありますし、医師の処方が必要ないと言うことは用法用量を守れば安全性が高い薬であるとも言えます。

また、保険が利かない≒国民の税金による負担はない≒効くも効かぬも自己責任

のような発想をするとわかりやすいのですが、

五十肩の市販薬は飲んでみても「効いてんだか効いてないんだか、よくわからない」という感想を持つ人が多いです。

それは、効くかどうかわからないが、理屈の上では効果を出すだろうという栄養素が配合されたサプリメント的な意味合いも強いからなんですね。

リョウシンJV 富山常備薬グループ

例えば、富士常備薬グループさんのリョウシンJVですが、

ひざ・腰・肩などの関節痛、神経痛の緩和に飲んで効くおくすり

というキャッチフレーズで紹介されています。

主な配合成分を見ると、ビタミンが多いのがわかります。まさにサプリメント!って感じもしますよね。

リョウシンJVの主な配合成分

  • ガンマリザノール:自律神経のバランスを整える働き
  • トコフェロール(ビタミンE):強い抗酸化作用、抗炎症作用や血行促進の作用あり。
  • ピリドキシン(ビタミンB6):タンパク質代謝の主役のビタミンです。筋肉に貯蔵されているグリコーゲンからのエネルギー生産にも関与している。
  • シアノコバラミン(ビタミンB12) :細胞の分裂や分化に欠かせない遺伝子を構成する「核酸」の合成に関与。

シジラック錠 小林製薬

また、小林製薬さんから出ているシジラックは

痛くて腕が上がらない 四十肩、五十肩に

というコピーです。

シジラックの主な配合成分

  • ペオニフロリン(シャクヤクに含まれる)筋弛緩作用
  • エフェドリン(マオウ)身体を温める

というような漢方に含まれる成分が中心です。

市販薬はサプリメント的に使うのがいい?

リョウシンJV、シジラックと、よく広告でも見かける2つをご紹介いたしましたが、どちらもサプリメント的な要素が強いことがわかります。

直接炎症を抑えるというような効果がある成分はあまりみられないので、即効性はないと考えていいと思います。

そのため、とりあえず、ちょっと痛いかなってときに飲んでみて、やっぱり痛みが増してくる、良くならないというときには早めに整形外科を受診するのが基本だと思います。

ただ、飲んで悪いモノではなく、まったくの無意味というものでもないのかなと思いますので、これに頼り切ることさえなければ、使ってみてもいいかもしれません。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。