肩のスポーツサポーター 痛みに効く使い方を専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は痛みに効く¥スポーツサポーターということで解説いたします。

サポーターというのは主にスポーツ選手がテーピング代わりに使ったり、
温熱やアイシング用に使ったりといういような用途ですが、

意外と五十肩のような一般的な肩の痛みにおいても効果を呈することがあります。

五十肩の人は、

「五十肩と言われて治療をしているが、根本的には安静と言われた。」

「生活の中で肩を完全に安静にするのは無理だよ。」

という思いを持っているかもしれません。

 

またスポーツにおける肩の痛みにおいても

「まずはノースロー(投球禁止)で」

「休養、安静が大切だね」

と言われてしまったりします。

 

そんなときに「安静」ということを掘り下げることと、肩のサポーターを検討してみることはオススメです。

 

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩関節周囲炎の基本をおさらい

肩関節周囲炎とは?

たとえば、五十肩とは、なぜ五十肩というのでしょうか?

これはほとんどの人がご存じですが、五十歳くらいの人に多いからですね。正式な病名ではなくて俗称です。

 

しかし、実際にはスポーツ選手のように肩を酷使している人も
似たような状態が起こりうるということがわかっています。

それが肩関節周囲炎という状態です。

肩関節周囲炎という状態

例えば、よくある五十肩・・・

実際に肩では何が起こっているのか?

なんで痛いのか?

というと、大雑把に2つの現象が起こっていると考えています。

そのうちの1つが肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)です。
その名の通り、肩関節の周りに炎症が起こるという状態です。

周りという、またアバウトな表現になりますが、それには複数の病態が含まれます。

肩峰下インピンジメント症候群

多いのは肩峰下インピンジメント症候群と言って、肩峰という肩甲骨の骨とその下の腱板というインナーマッスルの間のスペースに摩擦による炎症が起こる状態です。

こちらで詳しく解説しております。

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

腱板炎

先ほどの肩峰下インピンジメント症候群の結果としても起こりますが、単純にオーバーユースや加齢による変化などを原因として、肩のインナーマッスルである腱板に炎症が起こり、痛みが出現します。

これが重症化すると腱板断裂という腱板が切れてしまう状態にもなり得ます。それはもう五十肩の範疇を超えているといってもいいでしょう。(しかし、精密検査をせずに五十肩で片付けられている腱板断裂の患者さんは非常に多いです。

腱板疎部損傷

ちょっとマニアックですが、肩の前方の腱板と腱板の間に腱板疎部というやや薄い場所があります。この腱板疎部の損傷や炎症も痛みの原因になります。

こちらで詳しく解説しております。

腱板疎部損傷とは?治療法は? 肩専門医解説

2016.12.14

上腕二頭筋長頭腱炎

また、肩の前方の痛みの原因として、多いのが上腕二頭筋長頭腱炎です。これは力こぶの筋肉が肩の関節の中に入るところで炎症が起こります。

こちらで詳しく解説しております。

上腕二頭筋長頭腱炎とは? 専門医がわかりやすく

2017.03.30

これら様々なメカニズムで肩関節の周りに炎症が起こり、肩の痛みが出現する。これが五十肩のスタートと言っていいかと思います。

凍結肩という状態

五十肩には大雑把に2つの現象が起こっているといいました。

1つめが肩関節周囲炎でしたが、その肩関節周囲炎が長引いてくると、だんだん、凍結肩(とうけつかた)という2つめの現象に移行していきます。

英語ではfrozen shoulder(フローズンショルダー)といいます。

スポンサード リンク

肩関節包肥厚

この凍結肩というのは、主に肩の関節包(かたかんせつほう)という関節を包む膜が分厚くなって(肥厚)、カタくなっているため、肩が上がらない、肩が回らないという、可動域制限がメインの症状になってきます。

肩関節周囲炎・スポーツ肩の治療の基本

肩関節周囲炎の治療の基本、根本ということを考えてみると、根本は炎症です。この炎症の原因はまだ確定できていませんが、

  • 加齢性の変化
  • オーバーユース(使いすぎ)

この2つの足し算が一番しっくりくる考え方です。

とすれば、加齢性の変化をどうにかするのは難しいので、オーバーユースをどうにかすることが手っ取り早いですね。

若年のスポーツ選手であれば、特にオーバーユースの要素が大きいでしょう。

そういう意味で「安静」となるわけですが、

実際は例えば、三角巾で肩を吊って、完全に肩をまったく動かさないような安静は、筋肉も落ちますし、肩関節が拘縮、カタくなる原因になりかねません。

ですから、ここでいう「安静」は

肩に対する負荷の軽減やコントロールという意味で捉えるといいかと思います。

肩のサポーターの役割

そうするとサポーターの役割も明確になってきます。

肩のサポーターにはいくつかタイプありますが、
完全に腕を固定してしまうようなタイプは、さきほども述べたとおり、安静しすぎとなりかねませんので、

こういったタイプが五十肩の場合にはいいでしょう。

肩は動かせるが、外から圧迫力がかかるようなタイプですね。

肩サポーターは求心性に圧迫する

このサポーターは主に肩の外側から内側へ圧迫力がかかります。これは少し掘り下げると、上腕骨頭というボールを肩甲骨関節窩(けんこうこつかんせつか)に押しつけるような力で、これを求心性(中心に向かう方向)の力と言います。

 

これは自分の身体で言うと、インナーマッスル、腱板(けんばん)という筋肉たちのはたらきですので、その働きをサポートしてくれる意味があります。

その結果、肩を動かすときも関節が安定した状態で動かせるので肩の負荷が減らせます。

ちなみにインナーマッスルについてはこちらの記事もご参照ください。

肩のインナーマッスルの鍛え方 トレーニング動画で by専門医

2017.03.11

肩サポーターは保温の意味もある

また、保温の意味もあります。どうしても関節が冷えると、関節液が減って、滑りがわるくなったり、周りの筋肉の血流が悪くなってコリに繋がります。

そういった意味では保温の効果もバカにできません。

肩のサポーターの効果的な使い方:圧迫力を調整する

そう考えると、保温は装着すれば達成できますが、さらに求心性の圧迫力を得るために、調節できるタイプでは、ある程度しっかりとサポーターを締めることがポイントになります。

もちろん、締めすぎると血流を逆に阻害してしまったりしますので、注意が必要です。

肩のサポーターは腰痛の時のコルセットのように、「ザ・定番!」って感じではありません。病院に行っても勧められることはほとんどないでしょう。

ただ、理論上は求心性圧迫力や保温など期待できる効果があるので、日々、肩への負荷のコントロールで苦労している人は試してみるのもいいかもしれません。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。