五十肩の原因はこれ 肩のここが悲鳴を上げている

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は五十肩の原因について解説いたします。

頻繁に耳にする五十肩という言葉ですが、実際に痛みがどこから来ているのか?という原因と

実際に中で何が起こっているのか理解した上で、じゃあ、これはなぜ起こってしまうのかという本当の意味での原因について考察を交えて解説していきます。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

五十肩とは?

まず五十肩とは、なぜ五十肩というのでしょうか?

これはほとんどの人がご存じですが、五十歳くらいの人に多いからですね。正式な病名ではなくて俗称です。

肩関節周囲炎から凍結肩という一連

この五十肩・・・

実際に肩では何が起こっているのか?

なんで痛いのか?

というと、大雑把に2つの現象が一連の流れで起こっていると考えています。

そのうちの1つが肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)です。
その名の通り、肩関節の周りに炎症が起こるという状態です。

そして、次に起こるのが凍結肩(とうけつかた)という肩が凍結したかのようにカタまってしまう状態です。

肩関節周囲炎と言ってもいくつかある

肩関節周囲炎、つまり肩の周りが炎症を起こしている状態ですが、周りというのは、これまたアバウトな表現です。それには複数の病態が含まれます。

肩峰下インピンジメント症候群

多いのは肩峰下インピンジメント症候群と言って、肩峰という肩甲骨の骨とその下の腱板というインナーマッスルの間のスペースに摩擦による炎症が起こる状態です。

こちらで詳しく解説しております。

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

腱板疎部損傷

ちょっとマニアックですが、肩の前方の腱板と腱板の間に腱板疎部というやや薄い場所があります。この腱板疎部の損傷や炎症も痛みの原因になります。

こちらで詳しく解説しております。

腱板疎部損傷とは?治療法は? 肩専門医解説

2016.12.14

上腕二頭筋長頭腱炎

また、肩の前方の痛みの原因として、多いのが上腕二頭筋長頭腱炎です。これは力こぶの筋肉が肩の関節の中に入るところで炎症が起こります。

こちらで詳しく解説しております。

上腕二頭筋長頭腱炎とは? 専門医がわかりやすく

2017.03.30

凍結肩≒肩関節包肥厚

凍結肩というのは、主に肩の関節包(かたかんせつほう)という関節を包む膜が分厚くなって(肥厚)、カタくなっているため、肩が上がらない、肩が回らないという、可動域制限がメインの症状になってきます。

肩に限らず関節は閉鎖空間になっていて、きれいな関節液で満たされていて、スムーズな関節運動を助けています。

その閉鎖空間の隔壁が関節包というわけです。

特に肩においては、脱臼しやすい形状にもかかわらず、最も幅広く動く関節であるため、常に関節包は伸ばされる刺激、負担を強いられています。

 

そんな中で、先ほども述べたような肩関節周囲炎が起こると、身体の防御反応として、肩を守ろうとします。
その結果、隔壁である関節包は分厚く、カタくなり、「安静にしろ!」というサインのつもりなのか、肩の可動域を狭めていくことになります。

なんでこういったこことが起こるのか?(本当の原因)

なぜこのようなことが、それも年齢にして40歳、50歳にして起こりやすいのか?ということですが、

真相はまだ不明です。

ただ、考えてみると、シンプルに加齢性の変化であれば、もっとご高齢の方に肩の痛みが増えていくことになると思います。

実際に整形外科診療をしていると、高齢の方と40–50歳くらいの方と、肩の痛みで受診される患者さんは、同じくらい多くいらっしゃいます。

しかし、その原因は調べてみると、かなり異なります。

ご高齢の方はレントゲン、MRIを見てみると、腱板が切れてしまっている腱板断裂や軟骨がすり減っている変形性関節症が多くなっています。それに対して、40–50歳くらいの方はそういった明らかな画像上の変化は少ないです。これがいわゆる五十肩ということになるわけですが。

そういう意味では五十肩の原因は、加齢性に関節が脆くなってきている中で肩関節は相変わらず酷使されているという状況に対する危険サインとして炎症を起こし、カタくしているという推測をしています。

要はこれ以上無理して使うと腱板が切れるよ!とか、軟骨がすり減ってくるよ!というサインを発して、少しは肩のことも考えていたわってあげてね!ってことかもしれない

そのように個人的には考えています。

ですから、四十肩、五十肩だから仕方ないで済ませずに、一度、診察を受けて肩のいたわり方を一緒に相談してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。