四十肩の症状としてしびれは要注意 専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は四十肩の症状として「しびれ」はどうなんだ?ということについて解説、考察していきたいと思います。

しびれというとやはり「神経」が悪いんじゃないか?それどころか大元の「脳」が悪いんじゃないか?と心配になるかもしれません。

確かに、しびれというと神経に障害があるときの典型的症状ではありますが、過度に心配しすぎるとそれはそれで良くない部分もでてきます。

そこで少しでも情報を整理できるような記事にしたいと思っています。

 

これを読んでいただいて、心配なしびれに対してはしっかりと病院で調べてもらって、大丈夫なしびれには過度にビビらないで済む状態になってもらえたらいいなと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

四十肩の基本をおさらい

四十肩とは?

まず四十肩とは、なぜ四十肩というのでしょうか?

これはほとんどの人がご存じですが、四十歳くらいの人に多いからですね。正式な病名ではなくて俗称です。

肩関節周囲炎という状態

この四十肩・・・

実際に肩では何が起こっているのか?

なんで痛いのか?

というと、大雑把に2つの現象が起こっていると考えています。

そのうちの1つが肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)です。
その名の通り、肩関節の周りに炎症が起こるという状態です。

周りという、またアバウトな表現になりますが、それには複数の病態が含まれます。

肩峰下インピンジメント症候群

多いのは肩峰下インピンジメント症候群と言って、肩峰という肩甲骨の骨とその下の腱板というインナーマッスルの間のスペースに摩擦による炎症が起こる状態です。

こちらで詳しく解説しております。

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

腱板炎

先ほどの肩峰下インピンジメント症候群の結果としても起こりますが、単純にオーバーユースや加齢による変化などを原因として、肩のインナーマッスルである腱板に炎症が起こり、痛みが出現します。

これが重症化すると腱板断裂という腱板が切れてしまう状態にもなり得ます。それはもう四十肩の範疇を超えているといってもいいでしょう。(しかし、精密検査をせずに四十肩で片付けられている腱板断裂の患者さんは非常に多いです。

腱板疎部損傷

ちょっとマニアックですが、肩の前方の腱板と腱板の間に腱板疎部というやや薄い場所があります。この腱板疎部の損傷や炎症も痛みの原因になります。

こちらで詳しく解説しております。

腱板疎部損傷とは?治療法は? 肩専門医解説

2016.12.14

上腕二頭筋長頭腱炎

また、肩の前方の痛みの原因として、多いのが上腕二頭筋長頭腱炎です。これは力こぶの筋肉が肩の関節の中に入るところで炎症が起こります。

こちらで詳しく解説しております。

上腕二頭筋長頭腱炎とは? 専門医がわかりやすく

2017.03.30

これら様々なメカニズムで肩関節の周りに炎症が起こり、肩の痛みが出現する。これが四十肩のスタートと言っていいかと思います。

凍結肩という状態

四十肩には大雑把に2つの現象が起こっているといいました。

1つめが肩関節周囲炎でしたが、その肩関節周囲炎が長引いてくると、だんだん、凍結肩(とうけつかた)という2つめの現象に移行していきます。

英語ではfrozen shoulder(フローズンショルダー)といいます。

肩関節包肥厚

この凍結肩というのは、主に肩の関節包(かたかんせつほう)という関節を包む膜が分厚くなって(肥厚)、カタくなっているため、肩が上がらない、肩が回らないという、可動域制限がメインの症状になってきます。

しびれとは?

「しびれ」を南山堂医学大事典(第19版)で調べてみると、抜粋ですが

本来の医学用語ではないが、感覚過敏や異常感覚の場合に用いることが多い。感覚過敏は通常の感覚刺激に対して正常以上に強く感じること。異常感覚には、外的刺激が加えられた際に質的に異なった感覚を自覚するparesthesiaの場合と、外的刺激がないにもかかわらずビリビリ、ジンジンなどと表される感覚を自覚するdysethesiaとの場合がある。

とあります。

本来の医学用語ではなく、いくつかの異常をケースバイケースで指し示す言葉であることのようですね。

真のしびれは神経刺激症状≠四十肩

ただ、いずれにしても「感覚」の異常であることは確かです。

そして感覚を司るのは感覚神経ですから、しびれは原則、神経の障害であり、神経が何かしらの原因で刺激されたときの症状と言えるでしょう。

それは、いわゆる四十肩における関節の炎症とは違う状態ですから、四十肩でしびれというのは通常起こりえないと言えます。

しかし、実際に診察していると四十肩の患者さんの中でも、腕がしびれるという症状をおっしゃる人は結構います。

そのような人に神経の検査をすることも稀にありますが、ほとんど異常は出ません。
そういう時のしびれを僕は、「神経がやられているしびれ」ではなくて「しびれ感」として区別して考えましょうとお話ししています。

真のしびれとしびれ感の見分け方

しびれとは先ほども述べたとおり、医学用語ではありません。そして、自覚症状の1つの表現方法です。どれがしびれで、どれがしびれじゃないなんて境界線はありません。

なので、難しいところですが、

「真のしびれ」を神経障害に基づく感覚の異常とすれば、しびれ感」は調べても神経障害がないときの症状と区別しています。

 

そして、四十肩ではたいてい、神経障害がない「しびれ感」です。このしびれ感はどこから来るのか?

これは明確な答えはありませんが、四十肩の肩の痛み、そして、動きの悪さから、その周囲の筋肉にまで影響が出て、筋の緊張が高まる。それが「しびれ感」を自覚させるのではないかと考えています。

つまり、多くの場合四十肩を良くすることが「しびれ感」改善にも繋がります。

しびれる範囲で見分ける

この「真のしびれ」と「しびれ感」はどこで見分ければいいのでしょうか?

僕の場合は、まず「どこがしびれますか?」と聞きます。

そこで、どこがしびれるか明確に示せれば、神経障害の可能性が高いです。神経には神経ごとに感覚の支配領域があります。

例えば、首の骨(頚椎)の間から腕にいく神経が出ます。これを神経根(しんけいこん)と呼びますが、この中で5番目の神経根はちょうど肩のあたりを支配します。しかし、手は別の神経が支配するので、5番目の神経根が障害されているときには手はしびれないはずです。

しかし、逆に「どこがしびれますか?」と聞いたときに
「腕全部しびれます」と言われたときに、
あれ?となります。

そこで、もう少し詳しく、「ここはしびれますか?」「ここはどうですか?」と聞いていきますが、結果、「全部何となくしびれている」という状態であれば、それは神経障害による真のしびれではなく、「しびれ感」ではないかと判断しています。

動きで見分ける

次に神経障害でも運動神経にも障害があれば、筋力が低下します。もっと重症だと麻痺という状態で、動かせなくなってしまうなんてことが起こりえます。

ですから、しびれがある人はその支配領域の筋肉がしっかりと働くか、筋力低下がないかを確認します。

真のしびれが疑われた場合は精密検査も検討する

もし真のしびれだと判断した場合は、症状の強さなどにもよりますが精密検査を行います。

首のヘルニアのように頚椎の近くの神経に問題がある場合と、そこから先で末梢神経(まっしょうしんけい)に問題がある場合と、どちらかを推測して、頚椎であればMRIを撮る、末梢神経であれば筋電図という神経の心電図のような検査をするというのが一般的な流れです。

 まとめ

四十肩だと思うのに、「しびれ」がある!?
というときにどう考えるべきかを解説いたしました。

神経が障害されているしびれと、そうでないしびれ「感」を区別する方法をお話しいたしましたが、結局、専門医の診察の上で、必要であれば精密検査までして判別が付くことも少なくありません。

やはり、しびれがあるときは診察を受けるのがいいと思います。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。