四十肩の多彩な症状の原因を解説 by肩専門医

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

四十肩と言われても、漠然としていてよくわからない。自分の肩の痛み、症状は実際はどこからきているのか?何で痛いのか?原因は?

ということは気になって当然ですよね。

実際、四十肩と言っても、そのくらいのご年齢の人に多い肩の痛みというだけで、実際に肩の中で起こっていることは多彩です。

その典型的な症状と原因をセットで解説していきたいと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

四十肩の基本をおさらい

四十肩とは?

まず四十肩とは、なぜ四十肩というのでしょうか?

これはほとんどの人がご存じですが、四十歳くらいの人に多いからですね。正式な病名ではなくて俗称です。

肩関節周囲炎という状態

この四十肩・・・

実際に肩では何が起こっているのか?

なんで痛いのか?

というと、大雑把に2つの現象が起こっていると考えています。

そのうちの1つが肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)です。
その名の通り、肩関節の周りに炎症が起こるという状態です。

周りという、またアバウトな表現になりますが、それには複数の病態が含まれます。これが四十肩のスタートと言っていいかと思います。

凍結肩という状態

この肩関節周囲炎が長引いてくると、だんだん、凍結肩(とうけつかた)という2つめの現象に移行していきます。

英語ではfrozen shoulder(フローズンショルダー)といいます。

肩関節包肥厚

この凍結肩というのは、主に肩の関節包(かたかんせつほう)という関節を包む膜が分厚くなって(肥厚)、カタくなっているため、肩が上がらない、肩が回らないという、可動域制限がメインの症状になってきます。

四十肩の症状を原因別に解説

それでは四十肩の症状と原因をセットで解説してまいります。

四十肩の症状としては肩の痛みと可動域制限という動きのカタさ、幅の狭さが典型的ですね。

どこのどういう痛みなのか?可動域制限があるときは原因は何なのか?そんな視点でお話しいたします。

肩の外から後ろの痛み:肩峰下インピンジメント症候群

まず肩の外側や後ろ側の痛みが中心の場合、また、肩を外から挙げていくときや後ろに回すときに痛いという症状が中心の場合はこの肩峰下インピンジメント症候群を疑います。

このインピンジメント症候群のときの典型的なサインとしてはインピンジメントサインというものがあって、診察時にテストとして行ったりしています。

引用画像:コンパクトガイド整形外科検査法 第一版 協和企画

簡易的にすると志村けんさんのアイーンの格好をすると肩が痛いというような感じです。

こちらで詳しく解説しておりますが、

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

肩のインナーマッスルである腱板(けんばん)と肩峰(けんぽう)という骨の間の摩擦を繰り返すことによって炎症が起こります。

肩の前の痛み:腱板疎部損傷

肩の前の痛みとしては、腱板疎部損傷というものがあります。腱板疎部というのは、肩のインナーマッスルのうち、棘上筋と肩甲下筋という前に走る2つの筋肉の間の薄いところ、弱いところを指します。

薄くて弱いため、ちょっとしたことで傷んだり、炎症を起こしたりします。

こちらでも詳しく解説しております。

腱板疎部損傷とは?治療法は? 肩専門医解説

2016.12.14

肩の前の痛み:上腕二頭筋長頭腱炎

もう一つ肩の前の痛みとして、結構多いのが上腕二頭筋長頭腱炎です。これはいわゆる「力こぶ」の筋肉が肩の関節の中に入り込むところでの炎症です。

これは典型的には手のひらを上にして肘を伸ばして、重いものを持ち上げる動作などで痛みが走ります。

Speedテストという上腕二頭筋長頭腱炎のテスト 画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

上腕二頭筋長頭腱炎についてはこちらで詳しく解説しております。

上腕二頭筋長頭腱炎とは? 専門医がわかりやすく

2017.03.30

肩が上がらない・回らない:肩関節包肥厚

今までは痛みが症状の中心でしたが、それらの痛み、炎症が落ち着いてきた後に来る症状が、「肩がカタくなる」ということです。典型的には肩が上に上がらない、後ろに回せないなどの症状です。

肩の周りの炎症(肩関節周囲炎)のあと、自己防衛反応の結果、関節を包む膜である関節包(かんせつほう)に炎症が起こり、さらに関節包が分厚くなって、カタくなることで、肩が挙がらなくなったり、回らなくなったりしてしまいます。

まとめ

今回は四十肩について、その症状と原因をセットで解説いたしました。自分に似た症状はありましたでしょうか?

単に四十肩で済ませないで、実際に中では何が起こっているのだろうと考えながら、もしくは一番いいのは肩の専門医師の診察を受けて、原因に迫った上で、治療すると効果が違うかもしれません。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。