インピンジメント症候群の治療法は? 肩専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

聞き慣れない言葉ですが、肩の痛みにおいて結構頻度が高いインピンジメント症候群。

今回はこのインピンジメント症候群の治療法についての解説をいたします。インピンジメントと言っても肩だけで主に3種類あるということを前回の記事で解説いたしました。この3種類の病態を理解すると自ずと治療法はどういったものになってくるかわかりやすいと思います。

 

医師からこの言葉を告げられたときに、治療法もある程度提示されたと思います。しかし、自分の反省点でもありますが、その説明が不足してしまうことがあります。やはり、なぜ、どのような考え方で治療を選ぶべきか、しっかり理解したいと思うのは当然ですよね。

今回もその記事のおさらいも冒頭に掲載いたしますのでご参照ください。

こんにちは、肩を専門とするスポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

 

インピンジメント症候群の治療原則はクリーニング!

インピンジメント症候群は「何かと何か」が衝突、摩擦することによって起こるわけですから、

その衝突、摩擦を起こさないようにすればいい。

この「何かと何か」の間、スペースが狭いから肩の動かし方によっては摩擦、衝突を起こしてしまうわけですね。

とすれば、「何かと何か」の間を拡げてあげればいい。

または、「何かと何か」の間をクリーニングしてあげるといい。

と考えられます。

肩峰下インピンジメントなら肩峰下と烏口肩峰靱帯

肩峰下インピンジメントは

肩峰と烏口肩峰靱帯 vs 腱板

この状態から肩を上げていくと、大結節、腱板が肩峰の下に潜り込む。そのときに、インピンジが起こります。 画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

だったわけですが、このうち「腱板」は削ったり切ったりはできません。それはまさに腱板断裂で痛みの原因を作っているようなモノです。

逆に上にある肩峰という骨を薄く削ることは、削りすぎなければ特に支障は出ません。

また、烏口肩峰靱帯ですが、普通の靱帯は2つの骨を関節をまたいで繋いでいます。ですから、靱帯が傷んでしまえば、関節がグラグラと不安定になります。しかし、この烏口肩峰靱帯は烏口突起と肩峰というどちらも肩甲骨の一部である骨を繋いでいる靱帯です。この1つの骨を繋いでいる靱帯を切ったところで、不安定になるわけもないわけです。(例外もありますが・・・)

ということで、肩峰下インピンジメントにおいては、肩峰の下の面を削り、烏口肩峰靱帯を切り離すというクリーニング手術が主流です。

これを関節鏡を使ってやるので、

arthroscope surgery

関節鏡下肩峰下除圧術(かんせつきょうかけんぽうかじょあつじゅつ)と呼んでいます。除圧とは圧力を除くという意味ですね。スペースを拡げると言い換えてもいいと思います。

スポンサード リンク

烏口下インピンジメントなら烏口突起

似たような考え方で烏口下インピンジメントも治療できます。

この場合は烏口突起という骨を削って除圧することになります。
これも関節鏡を使ってできます。

インターナルインピンジメントはフィジカル&動作改善が基本

インターナルインピンジメントはちょっと考え方が違います。

インターナルインピンジメントは腱板と関節唇という
どちらも切ったり、削ったりできない組織がインピンジします。

とすると、まず考えるべきは手術ではなく、インピンジメントを起こさないような動作を獲得したり、肩甲骨の動きを拡大すること、インナーマッスルをより鍛えたり、肩の可動域を拡げて、肩を安定的に動かせるようになることなどが基本戦略になります。

詳しくはこちらでも解説しておりますのでご参照ください。

まとめ

今回と前回で、肩のインピンジメント症候群とは?というところから治療に対する考え方までを解説いたしました。

治療としては手術も選択肢に入り、効果的なモノではありますが、まずはインピンジメント症候群が痛みの原因であると特定することが簡単なことではありません。

そこで我々は痛みの原因を慎重に特定していくことを何回かの外来診療の中で行っていきます。今回は特に解説しておりませんが、その中で治療人もなり原因特定にも効果的なのが注射です。肩を専門とする医師はそういった意味で注射も効果的に使うことができます。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。