肩峰の読み方から部位 意味まで解説 by専門医

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

肩峰・・・
肩の領域にとっては重要な部位の1つですが、
この言葉に何らかの縁があってこのページに来ていただいた方にはせっかくなので、肩峰についてすらすらと素人の人に説明できるようになっていただければと思います。

肩峰にかぎらず、医学用語、解剖学用語はなじみがないと、
なんだか外国語にも感じてしまう違和感がありますよね。

肩峰の読み方はもちろん、どういう部位を表した言葉なのか?その部位の役割は何なのか?ということまで解説いたします。

こんにちは、肩を専門とする整形外科医の歌島です。本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩峰の読み方

まず肩峰の読み方ですが、

特にヒネりなく、「けんぽう」です。

肩峰とは肩甲骨の一部で外側にでっぱった部分

肩の外側に峰のように出っ張った部分だから、
肩峰ということ・・・でしょう。

首から肩まで触っていって、
一番外側にでっぱった骨が肩峰です。

この肩峰は肩甲骨の一部です。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩峰の役割、肩峰がある意味は?

この肩峰ですが、
あえて、外側に出っ張っている意味があります。

三角筋という腕を上げる筋肉の起点

1つは三角筋(さんかくきん)という筋肉が
肩峰にくっついているということです。

三角筋とは
肩の前、後ろ、外側に走っていて、

前から、外から、後ろから
腕を上げるときに働いてくれる大切な筋肉です。

この筋肉が主に肩峰から始まっているわけです。

スポンサード リンク

肩甲骨と鎖骨の関節である肩鎖関節を形成

もう一つの意味としては、

肩甲骨と鎖骨からなる「肩鎖関節(けんさかんせつ)」を構成する部位です。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩甲骨の一部である肩峰と鎖骨の一番外側が向かい合って肩鎖関節を形成しています。この肩鎖関節も肩関節の大きな動きに貢献しています。

なぜなら、肩が動くと言っても、肩甲骨自体が結構動いているという事実があるからです。肩甲骨と上腕骨(じょうわんこつ)からなる肩甲上腕関節(けんこうじょうわんかんせつ)だけが動いているわけではないんですね。

そして、この肩甲骨自体が動くときに、ちゃんと軟骨があって関節らしい関節はこの肩鎖関節になります。この肩鎖関節で鎖骨と肩甲骨が連結していない場合は肩甲骨ごと腕全体がぶらんぶらんしてしまいます。

肩峰に発生する傷害、障害は?

肩峰が骨折してしまうこともありますが、
特徴的なのは、

肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)

先ほど述べた肩鎖関節が外れてしまう肩鎖関節脱臼というのは頻度が高いケガです。完全に外れてしまうと、この肩峰の内側で鎖骨が上に持ち上がってしまい、出っ張って見えてしまいます。

Os acromiale

肩峰の骨化核という骨の成熟過程の中心部分が、生まれつき異常があり、骨折と間違えられるように骨が分裂している状態です。痛みの原因になっている場合は手術が必要なこともあります。

まとめ

今回は肩峰(けんぽう)という部位について、読み方から、その意味や役割、そして、関連する傷害について解説いたしました。

解剖学用語を覚えるのは最初は苦痛かもしれませんが、それぞれに意味があり、関係性があるということで、繋がってくれば面白くなってきます。
そんなお手伝いになれば幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。