肩の痛みに対する治療法を肩専門医がまとめて解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩の痛みに関して、
どのような治療があるのか?

それは当然、
肩の痛みの原因によって
様々あるわけですが、

その原因をピックアップしながら、
どういう治療をどういうときに
行っていくのか、

考え方、大筋をとらえていただけるような
記事を書きました。

こんにちは、肩を専門とするスポーツドクターの歌島です。
今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩の痛みの原因はたくさん

肩の痛みの原因はたくさんあります。
肩の外傷や加齢性の変化、
オーバーユースなど
さまざまなものがありますが、

特に頻度が多い
非外傷性の肩の痛みの原因を
ピックアップしてみました。

変形性肩関節症

肩の場合は、
膝などの荷重関節に比べると
頻度が低いですが、

肩でも軟骨がすり減ってしまう
という変形性関節症が起こります。

これはレントゲンを撮れば一発でわかります。

画像引用元:肩関節外科 手術テクニック 第一版 メディカ出版

画像引用元:肩関節外科 手術テクニック 第一版 メディカ出版

原因は加齢と外傷が代表的です。

石灰沈着性腱板炎

突然の激痛!

ということでは、
結構多いです。

これは肩腱板の中に
カルシウムを主成分とする石灰が
沈着してしまうという病態です。

腱板の加齢性の変性が関係していると
言われていますが、
ただ、高齢になればなるほど増えるわけでもなく、
まだ原因は不明です。

レントゲンで見れば、
石灰を発見できることが多く診断は比較的容易です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

激痛は石灰ができあがるときや
できあがったあとの痛みというより、

なんらかの身体の反応で
石灰が吸収、溶けるときに
激痛が走ると考えられています。

そのため、多くは
1−2週間の内に痛みは引いて、
レントゲン状も石灰が消えたり、
薄くなったりします。

ただ、あまりに痛みが強いので、
消炎鎮痛剤の飲み薬や
注射などを行うことが多いです。

また、石灰が残って、
痛みが慢性化したケースでは
手術を行うこともあります。

肩腱板損傷

肩腱板損傷については
こちらをご参照ください。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

腱板損傷とは、つまり
肩の筋肉が骨から剥がれるように断裂する

腱断裂の1つなんですね。

それなら外傷なんじゃないか?
と思われがちですが、

一番多いのは

「いつのまにか切れてる」

という状態です。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

「肩が長らく痛い・・・」
「五十肩と言われて注射とか受けてきたけど
良くなりません。」

ということで、僕の外来を受診していただき、
MRIなどの精密検査をすると、
腱板が切れている。

ということはよくあることです。

インピンジメント症候群

インピンジメント症候群については
聞き慣れないものかもしれませんが、
こちらで詳しく解説しております。
ご参照ください。

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

4位の腱板断裂の
手前の病態
言ってもいいかもしれません。

腱板は切れてはいないが、
インピンジメントという現象によって
炎症(腱板炎 けんばんえん)が起こっている。

そんな状態です。

この状態から肩を上げていくと、大結節、腱板が肩峰の下に潜り込む。そのときに、インピンジが起こります。 画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

この状態から肩を上げていくと、大結節、腱板が肩峰の下に潜り込む。そのときに、インピンジが起こります。 画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

インピンジメントとは
衝突というような意味ですが、

実際は擦れるというような
イメージに近いです。

腱板という筋肉と、
その周囲の靱帯や骨が擦れて
炎症が起こる

ということです。

これは画像で一発でわかるわけでも
診察で一発でわかるわけでもなくて、

総合的に診断していきます。

五十肩など肩関節周囲炎

診断名では肩関節周囲炎と言いますが、

腱板損傷などのような
明らかな損傷がないのが
診断の前提です。

しかし、多くは
そういったMRIなどの画像精密検査を
行わずに、
とりあえず五十肩でしょうと
いうことで放置されてしまっているケースも多いです。

最初の段階で外傷があったり、
突然痛くなったりした場合や
長く続く場合は
精密検査も検討していただければと思います。

この肩関節周囲炎の実態は
肩の関節を包む
関節包という膜が炎症を起こし、

だんだん分厚くなって、
カタくなってしまう病態
考えられています。

 

治療の原則は原因に対する根本治療

治療の大原則は
原因に対して、根本的に改善を目指すことです。

ただし、それはある程度時間がかかりますし、
簡単なことではありません。

そのため、まずは痛みを抑える
ということを様々な方法でやりつつ、

どれも「ただの痛み止め」=対症療法
というよりは、
程度の差こそあれ、
根本的な改善の要素も見込めるモノである

ということを理解いただくと
より治療のモチベーションも上がるかと思います。

肩の痛みに対する治療法

炎症を抑える治療

痛みの多くは
炎症が原因です。

それは外傷のあとでも、
損傷した部位、それは打撲であっても
炎症が起こって、
腫れたり、赤くなったりします。

そこは当然痛いわけですね。

 

この炎症は損傷部位が回復するとともに
落ち着いてくるモノではありますが、

損傷部位も完全に回復するとは限らず、
炎症が残ってしまうこともあります。

また、過剰な炎症(強い腫れやむくみ)は、
損傷部位の修復に逆効果を示しますので、
炎症のコントロールという意味でも、

消炎鎮痛剤を「ただの痛み止め」と捉えずに
炎症をコントロールするものと捉えて、
使っていただくのがいいと思います。

飲み薬

代表的なのは飲み薬ですね。
ロキソニンやセレコックスなどが有名です。

Taking medicine

副作用とし

  • 胃を荒らしてしまったり
  • 腎機能を悪くしたり
  • 喘息発作を誘発したり

ということがありますので、
胃潰瘍や腎臓の機能が悪い、喘息がある
というような人は飲まない方が安全です。

湿布・塗り薬

飲み薬ほどの効果はないですが、
患部に直接貼れることと、
それゆえ、全身にはほとんど回らないので
副作用の心配が少ないことがメリットです。

ただ、かぶれてしまう場合は
やめたほうがいいですね。

注射

Young doctor women give an injection

Young doctor women give an injection

注射は主にステロイド剤という
炎症を抑える作用が強い薬を注射します。

このステロイドは飲み薬でもありますが、

副作用が山ほどあるので、
あまり使われません。

ただ、直接注射をする場合は、
全身にはほとんど回らないので、
副作用のリスクが低く、

比較的頻繁に行われます。

また、どこに注射すると効いて、
どこだと効かない

ということも原因追及にとって大事な情報です。

神経を休ませる治療

神経ブロック注射

神経を休ませる治療というのは、
神経ブロック注射のことです。

末梢神経が緊張状態になって、
痛みを出していることがあるので、
それに対して、

その神経のすぐ近くに
局所麻酔剤や、
時にステロイドを混ぜて注射することで、

神経のはたらきを一度ブロックします。

それで神経を休ませようということですね。

このブロック注射が効く場合は、
その神経が痛みの原因であることがわかるので、
診断的意義も高いと言われています。

肩の場合は
肩甲上神経ブロック
腋窩神経ブロック注射
時に行われます。

血の巡りを良くする治療

肩まわり、特に僧帽筋などの
首から肩甲骨をつり下げている筋肉たちは
常に緊張状態にさらされているので、

血の巡りが悪くなっていることが多いです。

肩こりの主原因と考えられているわけですが、

これらに対して、
一般的には物理療法と呼ばれる方法が行われます。

具体的には

電気治療

電気治療ですね。
電気だけでなく、超音波なども含めて、
物理的な刺激を加えて、
血流促進効果を図ります。

もんだり、表面上のお灸などに比べて、
深いところまで刺激を加えられるのが
特徴と言えます。

針・灸

553330

553330

これも物理的な刺激になりますね。
それに加えて、
東洋医学で蓄積された
効くツボに刺激を加える
という特徴があります。

マッサージ

adobestock_44214613

これが一番わかりやすい刺激といえるでしょう。

ただ、一番表面的な刺激であり、
効果を高めよう高めようと、
強くもんだりすれば、逆に筋肉が反応して、
余計にこわばってしまう

いわゆるもみ返しも起こりえますので、

強くもむのは控えた方がいいでしょう。

今回は肩の痛みの原因について、
いくつかピックアップしながら、

どういった治療をどういう考え方で行っているのか
ということを解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。