肩の突然の痛みは何が考えられる?専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩の突然の痛みに襲われた時に
ぶつけたりしたなどの外傷がなければ、
「なんだこれは?」
となると思います。

実際は、肩の場合は突然痛くなることは
比較的多くて、

その原因について考え得るモノを
ピックアップして解説していきたいと思います。

んにちは、肩を専門とするスポーツドクターの歌島です。
今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩の痛みの種類

肩の痛みの原因と言っても、
多岐にわたります。

まず痛みの性質から
ある程度の推測をしていく

ということになります。

外傷性の肩の痛み

まずわかりやすいのは
外傷姓の痛み。

つまり、肩をぶつけてしまったとか、
肩から転倒してしまったとか、
腕をもっていかれてしまったとか
転倒して手をついてしまったとか

そういうことですね。

具体的にどういう外傷だったのか
手をついたのか、肘をついたのか、
直接肩を強打したのか
手は手のひらからなのか、
手の甲からなのか・・・

などなど、
受傷機転(じゅしょうきてん)と言いますが、
これを細かく覚えていると、
より推測の精度があがります。

きっかけがはっきりしない突然の肩の痛み

外傷などのきっかけはないが、

急に、
突然、
いきなり、

今まで痛みは全くなかったのに
痛みが出てしまった

というような感じの痛みです。

これらを
急性発症の痛み
と表現します。

慢性の肩の痛み

それに対して、
以前から何となく痛かったが、
それがだんだん強まってきたとか、
良くならないとか

そういうものを
慢性(まんせい)の痛みと言います。

その中でも、
痛み始めは外傷だったとか、
突然痛み出した

というようなものもあれば
(つまり外傷や急性発症の慢性化)

いつから痛いのか覚えてないくらい
徐々に・・・
ということもあります。

これらの痛みの時系列的な性質で
分類した上で、
原因を推測していきます。

誘因がない肩の当然の痛みの原因は?

その中で、
慢性的な痛みの原因は
こちらで解説しております。

また、外傷による痛みは、
その傷めた部位の損傷

例えば、骨折や腱板損傷などがないか
それをチェックしていくことになります。

ということで、今回は外傷などもないのに
突然の痛みがあるケース
考え得るモノをピックアップしてみました。

石灰沈着性腱板炎

突然の激痛!

ということでは、
結構多いです。

これは肩腱板の中に
カルシウムを主成分とする石灰が
沈着してしまうという病態です。

腱板の加齢性の変性が関係していると
言われていますが、
ただ、高齢になればなるほど増えるわけでもなく、
まだ原因は不明です。

レントゲンで見れば、
石灰を発見できることが多く診断は比較的容易です。

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

激痛は石灰ができあがるときや
できあがったあとの痛みというより、

なんらかの身体の反応で
石灰が吸収、溶けるときに
激痛が走ると考えられています。

 

そのため、多くは
1−2週間の内に痛みは引いて、
レントゲン状も石灰が消えたり、
薄くなったりします。

ただ、あまりに痛みが強いので、
消炎鎮痛剤の飲み薬や
注射などを行うことが多いです。

また、石灰が残って、
痛みが慢性化したケースでは
手術を行うこともあります。

腱板断裂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩腱板断裂はこちらで解説しておりますが、

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

慢性的な痛みでも、
外傷を契機に切れてしまう場合も
あり得るというのが特徴です。

また、ちょっと洗濯物を
上に上げた瞬間とか、

つり革を持っていたら急に痛みが

とか、

ちょっとしたことで突然痛くなる
ことがあります。

これを疑えば、MRIか超音波検査を行います。

痛風発作や偽痛風

これも急性の関節炎では
常に考えるものです。

痛風とは
血液中に尿酸値が高い状態がベースにあり、

その尿酸が結晶になって
関節に沈着することで炎症を起こす。

というものです。

 

また、偽痛風
にせの痛風と書くとおり、
痛風発作に似ていますが、

高尿酸血症との関連はなく、
主に高齢者の方に多いです。

関節内に認める結晶も
尿酸結晶ではなく、
ピロリン酸カルシウムという物質の結晶です。

どちらも消炎鎮痛剤の飲み薬や
ステロイドの注射などで
炎症を抑えることを主眼に治療します。

化膿性肩関節炎

化膿性の関節炎は
肩に限らず、

われわれ整形外科医は見逃してはいけないもの
として、気にしながら診察しています。

要は、関節の中が膿んでしまった状態、
細菌が繁殖してしまった状態です。

もともと無菌状態で、
血流にもとぼしいので、

細菌に弱いのが関節です。

そのため、見つけたら
手術で中を洗い流すという処置
必要になることがほとんどですし、

それが遅れると、
全身に回ったり、
関節を破壊したりと
重大な後遺症や命に関わる状態になりかねません。

この化膿性肩関節炎を疑うサインは

  • 肩まわりの熱さ(熱感)
  • 肩まわりの腫れ(腫脹)
  • 肩まわりの赤み(発赤)
  • 体温上昇(発熱)

ということになります。

疑った場合は
MRIなどの精密画像検査や
採血をしたり関節液を注射で吸引したりして
検査をしていきます。

 

今回は肩の突然の痛みの原因として、
いくつかピックアップして解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。