肩の痛みの原因を主観的ですが多い順に紹介 肩専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩の痛みの原因について、
勝手にランキングしてしまいました。

医療を取り扱う記事として、
軽々しいやりかたかもしれないので、

あらかじめ述べておくと、

この頻度順・・・という順番は
正直あまり気にしないでください。

統計データをもとにしたわけでも
ないですし、

実際にこの統計を取るのって
簡単じゃないんですね。
(その理由はまた別の機会に譲りますが)

 

そういう意味で、
僕の主観的な印象で順位を分けました。

それぞれの内容についても、
できるだけわかりやすく
お伝えできればと思います。

こんにちは、肩を専門とするスポーツドクターの歌島です。
本日は記事をごらんいただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩の痛みの種類

肩の痛みの原因と言っても、
多岐にわたります。

まず痛みの性質から
ある程度の推測をしていく

ということになります。

外傷性の肩の痛み

まずわかりやすいのは
外傷姓の痛み。

つまり、肩をぶつけてしまったとか、
肩から転倒してしまったとか、
腕をもっていかれてしまったとか
転倒して手をついてしまったとか

そういうことですね。

具体的にどういう外傷だったのか
手をついたのか、肘をついたのか、
直接肩を強打したのか
手は手のひらからなのか、
手の甲からなのか・・・

などなど、
受傷機転(じゅしょうきてん)と言いますが、
これを細かく覚えていると、
より推測の精度があがります。

きっかけがはっきりしない突然の肩の痛み

外傷などのきっかけはないが、

急に、
突然、
いきなり、

今まで痛みは全くなかったのに
痛みが出てしまった

というような感じの痛みです。

これらを
急性発症の痛み
と表現します。

慢性の肩の痛み

それに対して、
以前から何となく痛かったが、
それがだんだん強まってきたとか、
良くならないとか

そういうものを
慢性(まんせい)の痛みと言います。

その中でも、
痛み始めは外傷だったとか、
突然痛み出した

というようなものもあれば
(つまり外傷や急性発症の慢性化)

いつから痛いのか覚えてないくらい
徐々に・・・
ということもあります。

これらの痛みの時系列的な性質で
分類した上で、
原因を推測していきます。

肩の慢性の痛みの原因を経験的に多い順ベスト5

その中で特に長く痛みに苦しむ
慢性の痛みについて
経験的な多い順ベスト5を紹介します。

ちなみに突然の痛み
急性発症の痛みについては
こちらの記事をご参照ください。

肩の突然の痛みは何が考えられる?専門医解説

2017.01.03

5位 変形性肩関節症

肩の場合は、
膝などの荷重関節に比べると
頻度が低いですが、

肩でも軟骨がすり減ってしまう
という変形性関節症が起こります。

これはレントゲンを撮れば一発でわかります。

画像引用元:肩関節外科 手術テクニック 第一版 メディカ出版

画像引用元:肩関節外科 手術テクニック 第一版 メディカ出版

原因は加齢と外傷が代表的です。

4位 肩腱板損傷

肩腱板損傷については
こちらをご参照ください。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

腱板損傷とは、つまり
肩の筋肉が骨から剥がれるように断裂する

腱断裂の1つなんですね。

それなら外傷なんじゃないか?
と思われがちですが、

一番多いのは

「いつのまにか切れてる」

という状態です。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

「肩が長らく痛い・・・」
「五十肩と言われて注射とか受けてきたけど
良くなりません。」

ということで、僕の外来を受診していただき、
MRIなどの精密検査をすると、
腱板が切れている。

ということはよくあることです。

3位 インピンジメント症候群

インピンジメント症候群については
聞き慣れないものかもしれませんが、
こちらで詳しく解説しております。
ご参照ください。

インピンジメント症候群とは?肩専門医が解説

2016.12.12

4位の腱板断裂の
手前の病態
言ってもいいかもしれません。

腱板は切れてはいないが、
インピンジメントという現象によって
炎症(腱板炎 けんばんえん)が起こっている。

そんな状態です。

この状態から肩を上げていくと、大結節、腱板が肩峰の下に潜り込む。そのときに、インピンジが起こります。 画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

この状態から肩を上げていくと、大結節、腱板が肩峰の下に潜り込む。そのときに、インピンジが起こります。 画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

インピンジメントとは
衝突というような意味ですが、

実際は擦れるというような
イメージに近いです。

腱板という筋肉と、
その周囲の靱帯や骨が擦れて
炎症が起こる

ということです。

これは画像で一発でわかるわけでも
診察で一発でわかるわけでもなくて、

総合的に診断していきます。

2位 五十肩など肩関節周囲炎

診断名では肩関節周囲炎と言いますが、

腱板損傷などのような
明らかな損傷がないのが
診断の前提です。

しかし、多くは
そういったMRIなどの画像精密検査を
行わずに、
とりあえず五十肩でしょうと
いうことで放置されてしまっているケースも多いです。

最初の段階で外傷があったり、
突然痛くなったりした場合や
長く続く場合は
精密検査も検討していただければと思います。

この肩関節周囲炎の実態は
肩の関節を包む
関節包という膜が炎症を起こし、

だんだん分厚くなって、
カタくなってしまう病態
考えられています。

1位 頸肩腕症候群

頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)
とは、

そのままです、

  • 頸=首

痛みやしびれ、重苦しさ、違和感などの
症状を呈します。

もし頚椎椎間板ヘルニアなどの神経障害があれば、
その診断になりますし、

肩関節において、
腱板断裂があれば、その診断になります。

そういった明らかな異常が
画像所見などでも見つからない中で、

頚部から肩、腕に連鎖的に痛みが走る

そんな病態を頸肩腕症候群といい、

いわゆる「肩こり」も含まれると考えられます。

 

今回は肩の痛みの性質を解説し、
その中でも慢性的な痛みについて、
勝手に主観的ランキングをいたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。