肩が痛いのは野球というスポーツそのものに原因があった!?

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

野球肩・・・
野球をやっている人なら
何度も聞いている言葉だと思います。

肩は消耗品です。

これもよく聞きますよね。

それはある意味で事実なんですが、

元中日ドラゴンズの山本昌氏や
あの元祖速球王とも言える
ノーランライアン氏など、

長年、第一線で毎年のように
半端ない球数を投げ続ける投手もいます。

野球肩の基本まとめ

野球肩とは?

野球肩とは、
別名、投球障害肩と言いますが、

つまり、投球動作の繰り返しで起こる
肩の痛みのことです。

つまり、肩のどこが傷んでいる
ということを表した言葉ではないので、
野球肩と言っても、様々な病態があるわけです。

野球肩の一番の原因は?

野球肩には様々な病態がありますが、

その原因は

投球動作の繰り返しです。

adobestock_52166588

ここでもう少し、投球動作の中で
肩に何が起こっているか?

ということを理解すると、

様々な病態の野球肩も
共通した原因が見えてきます。

投球動作中の肩は回旋運動+αが実状

投げるという動作において、

一番大きく動いているのは、
肩の外旋と内旋という動きです。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

投球動作中のこの外旋と内旋という動きは、
日常生活では経験しない可動域とスピードです。

そのため、繰り返せば、
様々なところに無理が来る

というのが原因です。

以前、この投球動作中の肩の動きがわかってきた頃、
「投げるときはストレートだろうと変化球だろうと
肩は内旋外旋・・・つまり捻って投げている!」

ということを強調し、
肩を意識して捻って投げるようとして、

肩の障害を誘発したと思われるケースがありました。

肩で起こっている現象は
肩の回旋運動ですが、

それを意識して起こすことでパフォーマンスが上がる

とは考えないことです。

逆に、その肩の回旋運動を意識して強調することは、
肩への負担を増加し、障害に繋がりかねない
と考えています。

肩の回旋運動で負担がかかるのは?

肩の回旋運動で負担がかかる部位は
たくさんあります。

その中でも、

肩の回旋運動を担いながら、
肩を安定化させている
インナーマッスル、腱板筋群であったり、

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩の安定化の最重要組織と言ってもいい、
関節唇(かんせつしん)

glenoid_anatomy

画像引用元: Philipp N et al:Anterior Glenohumeral Instability: A Pathology-based Surgical Treatment Strategy. AAOS 2014

肩の前方の安定性に貢献している
腱板疎部(けんばんそぶ)

などが代表的です。

つまり、野球肩の病態は
これらの組織が傷んでしまう
ということが多いわけです。

 

野球の投球動作がどれだけ肩に負担が大きいか

まず投球動作が
どれだけ肩に負荷がかかるか?

ということについて
考えてみます。

肩は人体で最も多方向に大きく動く関節

肩という関節の大きな特徴ですね。

手足、股関節、膝・・・

あらゆる関節の中で
圧倒的に幅広く、多方向に動くのが

肩関節です。

ですよね、
前にも後ろにも、横にも、
回旋運動も

これだけ動くのは
肩だけです。

それゆえ肩は不安定

これだけ動くということは、
不安定なんです。

不安定性がいきすぎれず、
脱臼ということになります。

肩の脱臼は
他の関節の脱臼に比べて、
明らかに多いですね。

そして、クセになってしまうことも多いです。

 

それだけ不安定な関節なわけですが、

脱臼しないまでも、
常に動いているときに、

多少グラグラしながら動いている

そう考えていいです。

そこで、少しでも安定的に動くように
関節唇(かんせつしん)
腱板(けんばん)筋群というインナーマッスルが
頑張って支えてくれている

それが肩です。

肩には自前で生み出せる何倍もの力がかかって投げる

投球動作において、
この肩にかかる力は

自分の力で出せる力の何倍にも及びます。

それは、投球動作が運動連鎖という
連鎖的に増幅する動き、エネルギーの中で
行われるからなんですね。

ステップ動作で生み出された
下半身からの大きな力を
体幹で伝えて、肩が大きく高速に動きます。

肩周りの筋力だけでは
とてもできないスピードで動きます。

adobestock_95308589

そういう意味では、
肩は「動かされる」と言ってもいいでしょう。

野球肩にならないようにするために

このメカニズムをご理解いただいた上で、
では、

野球肩にならないようにするためには?

ということを考えると、

肩を安定的に使う

不安定な肩という解説をしましたので、

この肩を安定的に使う
ということができればと思いますよね。

そのためには、

肩の腱板筋群(インナーマッスル)を
しっかりと鍛える

ということが基本になります。

インナーマッスルのトレーニングについては、
こちらをご参照ください。

野球肩におけるインナーマッスルの重要性とトレーニング法を専門医解説

2016.12.21

徹底したコンディショニングケア

投球において
肩は「動かされる」というものと
いう話をしました。

そんななか
負担がかかる部分に対して、

しっかりとケアしてあげる。

これが大切ですよね。

いわゆるコンディショニングケアです。

Physical Therapist

そのためにはまず、
コンディショニングケアに対する
意識を高めると言うことです。

  • ウォームアップ、クールダウンをしっかりやる
  • 投球数に対する意識を高める
  • お風呂上がりにストレッチを習慣的にやる

など小さいことからでも
はじめていただきたいですね。

肩甲骨や体幹の動きを大きく使う

投球フォームにおいて大切なのは、

肩関節以外をしっかり動かして、
肩関節単体での動きを減らしてあげる。

ということです。

肩まわりを大きく動かすことで、
肩関節そのものの動きを
相対的に減らしてあげることができます。

逆に言うと、

肩甲骨や背骨の動きが悪い投手は
肩関節単体で大きく動かさざるを得ないので、

非常に負担がかかり、
野球肩になりやすいと言えます。

 

今回は野球というスポーツの
投球動作がどれだけ肩に負荷をかけるのか?

ということから、

では、どうすればいいのか?

ということまで

できるだけわかりやすく解説したつもりです。

少しでも参考になりました幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。