肩腱板断裂の治療法 オススメランキング

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩腱板断裂の治療法を
オススメ順でランキングする

という前代未聞の記事です。

 

※こちらではランキング形式で読みやすく
解説したつもりですが、

大前提として、押さえていただきたいのは、
あらゆる治し方、治療方法は、
個人個人でベストな方法が異なるということです。

そのため、当たり前すぎると言えば当たり前ですが、
すべての人が、
1位から順番に試すべきなんてことは絶対にありません。

順位は参考程度にしてもらって、
あなたの病態においての
順位はまた全然別物になりうる
ということを忘れずに

ランキング順位より
それぞれの治療法の内容理解を重視していただけると幸いです。

こんにちは、肩を専門とする
スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

肩腱板損傷の基本を治療に関連しておさらい

肩腱板損傷の基本については、
こちらでわかりやすく解説しております。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

まず肩の腱板とは?ということですが、

一言で言うと、

以下のイラストにある4種類の筋肉(インナーマッスル)の腱が
上腕骨にくっつくあたりで合流した部分のことを言います。

イラストで言うと白いところですね。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

 

この4つの筋肉はそれぞれ働きが少しずつ違うんですが、

大切なのはこの腱板を構成する4つの筋肉(腱板筋群)に共通する働きです。

 

それは肩を動かす時に、もともと不安定な肩をキュッと安定化してくれている

ということです。

肩腱板損傷はいわゆる腱断裂と違って骨から剥がれる

この肩腱板が、損傷・断裂してしまうのを、
腱板断裂、腱板損傷と言うわけです。

これはアキレス腱断裂とか、肉離れなどの損傷とは
大きな違いがあります。

それは筋肉同士、腱同士がちぎれ、断裂するのとは違い、
骨から剥がれるように切れてしまうことがほとんどであるということです。

 

つまり、この腱板断裂がくっついて完治するには、
腱と骨という異質のモノがくっつかないといけないんですね。

ご想像の通り、それは相当難儀なことです。

そのため、
多くの腱板損傷は自然とくっつくことは期待できません。
むしろ、時間とともに断裂幅は大きくなって、重症化してしまいます。

肩腱板損傷の部分損傷は自然治癒もあり得る

肩腱板損傷には重症度があります。

軽症から順に、部分損傷→小断裂→中断裂→大断裂→広範囲断裂

という名前がついていますが、

 

断裂が最も小さい部分損傷は、腱板の厚みの中で
表面が切れるか、
深い面が切れるか、
その間が切れるか、

という部分的な損傷です。

 

この部分損傷の場合は腱板に穴が完全にあいたわけではないので、
自然治癒力で治ることもあり得なくはありません。

ただ、それですら可能性が高いとは言えないのが腱板損傷です。

 

肩腱板断裂のオススメ治療法ランキング

明らかに病態によって
オススメが変わりますので、

腱板断裂の中でも
まだ完全には切れず、部分的に切れている場合

完全断裂でも小さい断裂か中くらいの断裂の場合

の2パターンにわけて解説いたします。

腱板部分断裂(部分損傷)の場合

3位【関節鏡下肩峰下除圧術】クリーニング手術

関節鏡という内視鏡を用います。
ペンよりも細い筒型のカメラを
関節の中や滑液包の中に挿入するわけですが、

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

胃や腸のように、肩には
穴(口やお尻の穴)があるわけではありません。

そのため、小さく
1–1.5cmくらい、皮膚を切開して、
関節鏡や手術用の鉗子(はさみやメスなど)を
挿入して手術を行います。

 

部分断裂の場合は、
断裂の重症度が比較的軽く、

アンカーというものを骨に挿入して、
糸で縫い直すというより、

自然治癒が期待できる状態があります。

このクリーニング手術は、
この自然治癒を促すための環境を整えます。

 

具体的には、
腱板のまわりをきれいにするために、

肩峰(けんぽう)という骨を薄く削ったり、
烏口肩峰靱帯(うこうけんぽうじんたい)を切ったり、
滑膜(かつまく)を取り除いたり

ということを行います。

2位【関節鏡下腱板修復術】部分断裂でも縫ってしまう

次に関節鏡下腱板修復術です。

先ほども出てきた関節鏡を使って、

腱板の切れたところを修復するということです。

 

修復の方法の大原則は、
骨に腱板の切れ端を縫い付け

ということが必要になります。

腱板断裂は
骨から剥がれるように切れるのが特徴でした。

 

そのため、骨に糸を通すのは
難しいので、

アンカーという
糸付きのスクリューを骨の中に挿入して、
その糸を腱板に通して、
結ぶなどして固定します。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

関節鏡でなければ縫えない

関節面断裂や腱内断裂などは
関節鏡を使わないと縫えない

と言ってもいいです。

関節鏡を使わない直視下手術では
腱板が完全断裂でなければ、
関節の中はあまり見えません。

そういう意味では、
この部分損傷の治療においては、
特に関節鏡手術に優位性があると言えるでしょう。

1位【保存療法】注射、リハビリなど

2位の関節鏡手術も、
小さな傷でできる手術とは言え、

手術は手術です。

多くの施設では入院して、
全身麻酔をした上での手術です。

そりゃ、

「腱板が切れてますから、
手術をしましょう!」

「はい、わかりました」

なんて、即答できる人はあまりいません。

 

特に部分損傷の場合は、
まだ一部分しか切れていなくて、

腱板筋群の力が入らない、
機能が著しく落ちる

ということにはなりません。

 

そのため、まずは
どのくらい痛みが続いているか?

ということも大切なポイントです。

まずは部分損傷くらいであれば、

消炎鎮痛剤や、
ステロイドを
腱板断裂部周囲に注射をしたりして、

炎症を抑えること。

また、リハビリを行いながら、
肩の動かし方を再教育、

特に肩甲骨の可動性を上げることが大切です。

 

それでも症状改善がイマイチであれば、
手術を検討するという流れが一般的です。

完全断裂(小から中程度)の場合

3位【保存療法】注射、リハビリなど

完全断裂の場合は、
保存療法を3位に持ってきています。

 

完全断裂においても、
炎症を抑える治療、
リハビリテーション、

どちらも非常に重要です。

ただ、何度か言ってますが、
切れてしまった腱板、
特に完全断裂が自然と修復されることは、
ほぼないと考えるべきです。

そうすると、手術という選択肢も
積極的に検討したいところです。

2位【直視下腱板修復術】短時間に終わることがメリット

直視下腱板修復術では、
皮膚を5–6cm切って、
三角筋というアウターマッスルを
裂くようにして、一部、切って、
腱板断裂部を直接みえる状態での手術となります。

画像引用元:肩関節の手術 整形外科手術イラストレイテッド 初版 中山書店

画像引用元:肩関節の手術 整形外科手術イラストレイテッド 初版 中山書店

メリットは比較的簡便

メリットは手術時間が短いことと、
手術する医師による技術の差が出にくいこと

が言われています。

デメリットは手術によるダメージや観察範囲の狭さ

しかし、手術創が大きいことや、
三角筋というアウターマッスルに
ダメージが加わってしまうことは
デメリットです。

また、直接見える範囲が限られています。

これは関節鏡との大きな違いで、
より微細なレベルの関節内の異常
(腱板関節面断裂や関節唇損傷)などは
直視下手術では発見できないこともあります。

1位【関節鏡下腱板修復術】今の主流

関節鏡視下腱板修復術術では、
先ほども出てきた関節鏡という内視鏡を用います。

メリットは手術ダメージが少ない、観察範囲が広い

メリットは直視下腱板手術のデメリットの裏返しが、
そのままメリットと言えます。

三角筋という筋肉を大きく裂いたり、
切ったりする必要がないこと。

また、関節内も含めて、
様々な方向から様々な部位を観察できることにより、
病態の把握ができ、見逃しが減ること。

これがメリットと言えるでしょう。

 

関節鏡の創は1cm程度と言いましたが、
実はこれが4–6個くらい、
複数の創になります。

それは様々な方向から観察したり、
鉗子を入れたりするためですが、

 

それなら、足せば直視下と変わらない
創の大きさになるという人もいます。

しかし、足して同じって・・・
あまりに単純計算というか、
安易という気がします。

創の目立ち具合も
明らかに直視下の5–6cmの創の方が目立ちます。

なにより、
三角筋へのダメージについては、

直視下手術による
1カ所の創で患部がしっかり直視できるように
大きく裂く(時には切る)というのと、

関節鏡手術によって
いくつかの場所から
細い鉗子や関節鏡を三角筋を貫いて操作する

というのでは、

全然違うという実感があります。

デメリットは術者の習熟が必要

デメリットは、
直視下のメリットの裏返しです。

関節鏡を使うと、
直視下よりはどうしても少し時間がかかります。

僕自身も関節鏡手術を
毎週のように執刀させていただいておりますが、

手術時間は1時間から2時間くらいかかります。

しかし、直視下手術では30分くらいで
慣れれば縫合できます。

また、関節鏡手術は
僕の場合、1–2時間と言いましたが、

経験の浅い医師になると、
3時間以上かかることもあります。

それは関節鏡手術の方が、
技術的には難しいからだろうと思います。

そのため、手術する医師によって、
治療成績に差が出る可能性があります。

 

 

今回はランキング形式としましたが、

それぞれ目的があって治療を選択、提案している
ということ、

その詳細について少しでも
お伝えできればと思い、記事を作成いたしました。

 

参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。