肩腱板損傷の治療方法まとめ 肩専門医解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩腱板損傷の治療方法について、
まとめて解説したいと思います。

肩腱板損傷と診断がついても、
医師によって、
提案する治療が違うこともあるかもしれません。

まわりの人が
肩の治療をしていて、

惑わされることもあるかもしれません。

そんな中でも、
納得いく治療を選択できるように

少しでも参考になる記事をお届けしたいと
考えております。

 

こんにちは、肩とスポーツ専門の整形外科医 歌島です。
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

肩腱板損傷の基本まとめ

肩腱板損傷の基本については、
こちらで丁寧に解説しておりますが、
簡単におさらいいたします。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

肩腱板とは大事なインナーマッスルの腱の合流部

肩腱板(かたけんばん)

これは、ということになりますが、
それぞれ解説いたします。

肩については、大丈夫ですよね。

次に「」ですが、

筋肉は骨にくっつく前に
より筋張って、硬めの線維に移行します。
この筋肉の続きの硬めの線維を「腱」
といいます。

次に「板」ですが、
これは解剖学用語というよりは、
見た目を表したモノになります。

肩のインナーマッスルと呼ばれる、
深いところ、関節に近いところにある筋肉の中で、

特に重要な筋肉が
4つありまして、

それぞれ

  1. 肩甲下筋
  2. 棘上筋
  3. 棘下筋
  4. 小円筋

という名前です。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

この4つの筋肉が、腱となって、
最終的には合流して「板」状になるので、

「腱板」というわけです。

つまり、肩腱板というのは、
4つのインナーマッスルの腱が
最終的に合流した部位であり、

腱板筋群とは
4つのインナーマッスルのこと

と言えます。

肩腱板損傷は単なる筋損傷、筋断裂とは違う

この肩腱板が、損傷してしまう。
それはつまり断裂してしまうわけですが、

これを他の部位の筋肉の断裂と
同じとは考えない方がいいと思います。

通常、筋肉が切れてしまっても、
だんだんと修復されて、

ある程度の強度を持って、
筋肉がくっつきます。

つまり、よほどの重症でない限りは、
筋肉や腱の損傷はくっつきます。

肩腱板断裂は時間がたってもくっつかない

しかし、肩腱板損傷については
時間が経ってもくっつかないことが多いです。

その大きな理由は、

肩腱板損傷は骨から腱板が
剥がれるように切れてしまうからです。

骨と腱という

カタいものとスジばった線維

これがくっつくというのは、
筋肉同士や腱同士がくっつくことにくらべ、
難しいということですね。

そのため、
ほとんどの腱板損傷は
時間とともに、
むしろ重症化していきます。

肩腱板損傷の完全断裂と部分断裂(部分損傷)について

肩腱板損傷にも
損傷の重症度があります。

その中でもわかりやすい境界線が、

完全断裂か部分断裂か

ということです。

 

それには肩腱板の厚さについて
理解する必要があります。

腱板はしっかりした、厚い組織です。
そして、いくつかの層にわかれています。

肉眼レベルで言えば、
浅い層と深い層の2層構造で捉えています。

そのままの名称ですが、
浅層深層です。

 

この肩の腱板は関節の中と外を隔てていますが、
浅層も深層も切れてしまう、完全断裂となると、

関節の中と外が交通してしまいます。

よく関節鏡という内視鏡で手術をしますが、
関節の中を覗いていても、
完全断裂をすると、腱板の断裂部から、外側が見えます。

肩腱板損傷の保存療法

手術をする場合もしない場合も、
痛みに対する炎症を抑える治療と、
リハビリテーションは重要です。

痛みに対する治療

腱板が切れてしまうと、
身体は当然、治そうとします。

その反応のひとつが
炎症反応です。

これは痛みを伴います。

 

ですから、いわゆる痛み止めは

消炎鎮痛剤と呼ばれるわけですね。

炎症を消して、痛みを鎮める

ということです。

 

これには湿布などの外用剤や
内服薬が使われます。

Taking medicine

また、腱板損傷部周囲に、
炎症を強く抑える作用がある
ステロイド剤を注射することも
よく行われます。

Young doctor women give an injection

Young doctor women give an injection

これらの治療は、
損傷した腱板を治す

という目的ではありません。

 

ただ、痛みを抑えないと、
肩の動きに支障をきたします。

結果、肩がカタくなったり、
リハビリテーションが進まない

ということになりますので、
重要な治療のピースです。

リハビリテーション

肩関節は非常に複雑で、
動きも多様です。

そんななかで、
腱板損傷が起こってしまったとき、

それを治すゴールは、

腱板がくっつくことではありません。

肩が自由に痛みなく動かせることです。

もっと言うと、ゴールは人それぞれ違いますが、

共通する点はその
肩の機能、はたらきということになるでしょう。

 

そういう意味で、
リハビリテーションは直接的な治療とも言えます。

 

 

具体的には
肩関節の可動域訓練

つまり、肩を動かせる範囲を広げていく訓練が
基本になります。

肩関節には、
様々な方向の動きがあり、

腱板に対する負担も異なりますので、
理学療法士や
作業療法士の指導の下、
しっかりリハビリをしていきましょう。
(病院で受けるリハビリのことですね)

 

また、肩の動きは
意外と肩甲骨の動きが重要です。

この肩甲骨の動きが不十分だと、
肩関節に負担がかかり、

結果的に痛みや動かせない
ということに繋がります。

肩腱板損傷の手術治療

詳細はこちらの記事で解説しておりますので、
ご参照ください。

肩腱板断裂の手術方法について肩専門医が解説

2016.12.12

ここでは保存治療との兼ね合いで、

手術はした方がいいのかどうか?

ということについて、
考察していきたいと思います。

肩腱板損傷の手術は必須ではない

まず僕がいつも話すことです。

「肩の腱板損傷を放置したとして、
命に関わるモノではありません。

ですから、絶対に手術をしなくてはいけない
ということはありません。」

これは極論ですが、

どうしても、医師から「手術」と言われれば、
手術しなくてはいけないもの
と思ってしまう患者さんがいらっしゃるので、

お話ししています。

これは実際、事実で、

患者さん個人個人の
肩関節に対して求めるレベルと、

現状の肩関節の機能、はたらき、痛み

そして、

肩腱板損傷があるという中で、

今後の経過の予測

これらを総合的に判断して、
手術がオススメの場合はそれを提案しますし、

手術はやめておきましょうという
提案をすることもあります。

肩腱板損傷の手術は行わなくても放置はしない

手術をしない
という判断をした場合でも、

腱板損傷というのは、
多くは重症化していくモノです。

そして、その重症化が、
必ずしも
症状に表れず、

症状に表れたときには、
もう手遅れなくらいに
(腱板修復できないくらい)
重症化している

なんてことがあります。

そのため、保存治療の結果、
症状が改善したとしても、

1年に1回など、
間を置いて、
肩の超音波やMRIによる
腱板断裂の状態の評価をオススメしています。

 

今回は肩腱板損傷の治療方法のまとめとして、
保存治療についてお話しした後に、
手術をすべきかどうか、
どう考えるかをお伝えしました。

答えにはなってないかもしれませんが、
「必ずやらないといけない」というものではない
ということと、
逆に「放置はしない方がいい」ということ
お話しいたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。