肩腱板損傷を判別する診察テスト集 肩専門医まとめ

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩腱板損傷を疑ったときに、
さまざまな検査を行いますが、

実際に診察室で
われわれ整形外科医がやる
診察テスト(ドロップアームテスト、Neerインピンジメントテストなど)について

解説いたします。

肩関節に限らず、
あらゆる関節の障害において、
大切なのは

関節のはたらき、機能がどうか?

ということです

具体的には
痛みなく、どの程度動かせて、
それはどの程度実用性があるか?

ということになります。

 

この視点が欠けている治療というのは、
不十分どころか、本末転倒と言えます。

代表的なのは、
MRIやレントゲンで、「○○に異常がある」
というだけで
手術して治しましょう。

というような治療です。

 

これではいけないというのは当然のことですよね。

 

そのように機能を重視するということからすると、
肩関節というのは少し複雑です。

3次元的に
あらゆる方向に動くので、

ある動きは問題ないけど、
ある動きは痛くて出来ない

なんてことはザラにあります。

 

そのため、様々な診察テストを行って、
肩の機能を確認し、

実際に、どこが原因で
どういう問題が起こっているのか?を
明らかにしてから治療を考えます。

肩腱板は4種類のインナーマッスルの腱の合流部

肩腱板損傷の基本についてはこちらの記事で解説しておりますので、ご参照ください。

肩腱板損傷に特徴的な症状はあるのか? 肩専門医解説

2016.12.11

 

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩の腱板を構成するインナーマッスルはそれぞれ

  1. 肩甲下筋
  2. 棘上筋
  3. 棘下筋
  4. 小円筋

という名前がついています。

これらの筋肉の先端である腱が合流して板状になっているので腱板と言うわけですね。

 

肩関節の代表的診察テスト

それでは肩に関する診察テストについて
解説していきます。

インピンジメントテスト

インピンジメントというのは
衝突するというような意味合いですが、

実際には
摩擦、擦れるというような状況に近いかもしれません。

 

次に紹介するHawkinsテストやNeerテストというのは、

肩関節の上、もしくは、
腱板の上に位置する、
肩峰(けんぽう)という肩甲骨の一部や、
そこから出ている靱帯(烏口肩峰靱帯)

腱板や腱板の付着部である
大結節(だいけっせつ)が
近づいて、擦れるような状況です。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

炎症がある部分が、
こすれたり、ぶつかったりすれば
痛いのは当然ですよね。

つまり、インピンジメントテストで
痛みが出れば、
その部位に炎症があるということが言えます。

Hawkinsテスト(ホーキンステスト)

Hawkinsテストは、
インピンジメントテストの代表的なモノで、

肩を前方に上げた状態(前ならえ)で、
肘を90°に曲げて、
肩を回旋させて手を身体の内側の方へ持っていく

この動きを医師にやられたときに
痛みが走るのが

Hawkinsテスト陽性です。

ときに引っかかりや、コキっと音がします。

引用画像:コンパクトガイド整形外科検査法 第一版 協和企画

引用画像:コンパクトガイド整形外科検査法 第一版 協和企画

Neerテスト(ニアーテスト)

インピンジメントテストのもう一つはNeerテストと呼ばれます。

こちらは肩をあらかじめ内旋位にした状態で腕を前方挙上していく動きの中で痛みが走るかどうか?
というチェックです。

結局、腕を挙上した状態で内旋するか(Hawkinsテスト)、
肩を内旋した状態で挙上するか(Neerテスト)、

という違いで肩の中では同じようなことが起こっていると考えていいと思います。

画像引用元:肩診療マニュアル 第3版 医歯薬出版

 

これらインピンジメントテストはかなり多くの人で陽性になります。

特に腱板損傷があれば、
そこで摩擦、衝突を起こすテストで
陽性になりやすいですが、

腱板損傷がなくても、
かなりの確率で陽性になるので、

これだけで判断することはありません。

外転テスト

これは肩を外転
つまり、外から上に上げていく動き

この中で痛みがでるか
力が入るか?入らないか?

というようなことを判断します。

 

腱板の中では
棘上筋を中心に、
肩の回旋角度によっては棘下筋も
外転運動を担います。

これらの腱板の損傷を疑って
テストします。

empty canテスト

手に持った缶の水を
空にするような手の向き
肩を外転していく動きに対して、
抵抗力をかけるテストです。

左がempty can, 右がfull can test 画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

左がempty can, 右がfull can test
画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

特に棘下筋に負荷をかけた外転と言えます。

full canテスト

empty canに対して、
full ですから、缶に水を満たすような
手の向きでやります。

こちらは棘上筋に特に負荷がかかります。

drop armテスト (ドロップアームサイン)

これは医師が腕を他動的に上げあげて、
自分でゆっくり下げてきてもらう

それが90°くらいでできずに
落ちてしまうとか、
強い痛みを訴える

という状態はドロップアームサイン陽性です。

引用画像:コンパクトガイド整形外科検査法 第一版 協和企画

引用画像:コンパクトガイド整形外科検査法 第一版 協和企画

腱板筋群のはたらきが悪いと、

肩を安定的に動かすことが出来ず
このような状態になります。

肩外旋筋力テスト

肩の外旋筋力
棘下筋が切れていると
かなり低下します。

引用画像:復帰をめざすスポーツ整形外科  第一版 メジカルビュー社

引用画像:復帰をめざすスポーツ整形外科  第一版 メジカルビュー社

左右で比べるとわかりやすいです。

内旋筋力テスト

内旋筋力は肩甲下筋の損傷で
低下します。

ただ、大胸筋などのアウターマッスルの
はたらきで筋力低下が目立たないことがあり、

特殊なテストで判断します。

lift offテスト(リフトオフテスト)

手を腰に持っていって、
腰から手を離すような位置で
保持できるかどうか

引用画像:コンパクトガイド整形外科検査法 第一版 協和企画

引用画像:コンパクトガイド整形外科検査法 第一版 協和企画

ということです。

内旋筋力が落ちていると、
保持できずに、また腰に手が触れてしまいます。

belly press テスト(ベリープレステスト)

これは手のひらでお腹を押す動作をするときに、

通常であれば肩の内旋という動きを使って、
肘がわずかに前に出るか、
そのままの位置でお腹を押せるわけですが、

内旋筋力が落ちていると、

肘が後ろに動いてしまいます。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

 

ドロップアームテスト陽性は腱板損傷の可能性:大

これら診察テストには感度・特異度というパラメーターがあります。

シンプルにお伝えすると

  • 感度が高いと腱板損傷を見逃さないテストである
  • 特異度が高いと腱板損傷じゃないのに腱板損傷だと勘違いしにくいテストである

ということです。

逆に言うと

  • 感度が低いと腱板損傷なのにそのテストが陽性にならないことも結構ある
  • 特異度が低いとそのテストが陽性でも腱板損傷じゃないことも結構ある

ということです。

 

そんな感度、特異度の性質から言うと、ドロップアームテストは感度は低いが、特異度が高いというデータが出ています。

ということは、もしドロップアームサインが陽性であれば腱板損傷の可能性が高いということです。(逆に陰性でも腱板損傷じゃないとは言えないということも押さえる必要があります)

NeerテストやHawkinsテストは逆に陽性でも腱板断裂じゃないことも

逆に感度は比較的高めでも、特異度が低いNeerテストなどは、

テストが陽性でも腱板損傷でないことも多いです。

実際、肩関節周囲炎でも腱板炎でも陽性になることが多いという印象があります。ただ、逆に感度は高めなので、これらインピンジメントテストが陰性だとすれば、腱板損傷はないんじゃないかなあと考えていいとも言えます。

まとめ

このように腱板損傷の可能性を考えて、
肩の診察をする際には、

肩の腱板筋群のそれぞれのはたらきから、
どのようなテストで痛みが誘発されるのか、
どのような筋力が落ちているのか

ということを調べていきます。

 

そのテストの結果と、
レントゲンやMRIの画像の結果を
照らし合わせて、

患者さんの症状の原因は
どこにあるのか?

ということを結論づけていく。

それが診断するということなんですね。

 

さらに治療まで含めたまるごと解説記事はこちらです。
ご参照ください。

腱板断裂(損傷)をわかりやすく基本から治療まで解説

2017.10.30

今回はわれわれ整形外科医が、
肩の診察でどのようなテストを
どのような目的でやっているか

代表的なものを解説いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。