肩脱臼の症状は?基本から肩の専門医が解説します

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は肩脱臼の基本的なことを
できるだけていねいに
わかりやすくお伝えしたいと思います。

肩脱臼、
つまり肩が外れるとはどういうことか?

ということから、

肩の脱臼の直後から
整復(入れた)後に注意すべき症状などを
解説いたします。

こんにちは、肩を専門とするスポーツドクターの歌島です。
今回も記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

肩脱臼とは?

肩脱臼とは、
肩が外れることを言うわけですが、

実際には肩と言っても、
肩にはいくつか関節があります。

いわゆる肩関節は

肩甲上腕関節という、
肩甲骨と上腕骨からなる関節のことを言います。
細かく言うと
肩甲骨関節窩(けんこうこつかんせつか)という
受け皿と、
上腕骨頭というボールからなる関節です。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

他には、肩鎖関節という
肩甲骨と鎖骨からなる関節もあります。

他にもいくつか関節に類するモノがありますが、
代表的なのはこの2つですね。

正確には肩甲上腕関節脱臼

そういう意味で、
正確に表現すると

肩甲上腕関節脱臼のことを
一般に肩脱臼と言います。

肩は4方向に外れるがほとんどが前方脱臼

肩の脱臼は
* 前方脱臼
* 後方脱臼
* 上方脱臼
* 下方脱臼

と4種類ありますが、
ほとんどが前方脱臼です。

X-ray anterior shoulder dislocation

X-ray anterior shoulder dislocation

つまり、上腕骨頭が前に外れます。

それにはいろいろ理由がありますが、

関節窩という
肩甲骨側の受け皿の形が、
上下に長い楕円形をしていて、

さらに、やや前に傾いている

画像引用元: Philipp N et al:Anterior Glenohumeral Instability: A Pathology-based Surgical Treatment Strategy. AAOS 2014

画像引用元: Philipp N et al:Anterior Glenohumeral Instability: A Pathology-based Surgical Treatment Strategy. AAOS 2014

ということが大きな要因です。

肩脱臼と亜脱臼の違い

ちなみに脱臼と亜脱臼の違いですが、

脱臼は
完全に関節の適合性が失われた状態

つまり、
肩甲骨の関節窩と
上腕骨頭がまったく接していない状態
これが脱臼で、

亜脱臼は、
それに至る前で、少し前や後ろなどに
ズレてしまって、

症状としては、
外れた感じ(脱臼感)があるが、
すぐに入った(整復された)ような状態が
典型的な亜脱臼です。

肩の脱臼状態の典型的症状

肩が脱臼してしまったときの
典型的な症状は

以下の2つです。

動かせない肩の痛み

まず想像の通り、
動かせないくらいに痛いです。

man suffering from neck or shoulder pain isolated on gray background

身体の位置をちょっと変えて、
肩が少し動いただけで
激痛が走ったりします。

肩の外側の痩せた外観

脱臼してしまうと、
もともとある位置に
上腕骨頭がないので、

肩の外側の膨らみが
外観上もなくなっています。

 

肩の脱臼で注意すべき症状

この肩の脱臼において
注意すべき症状があります。

肘から先のしびれや手指の動きの悪さ

それは肘から先のしびれや
手指の動きに悪さ

またはまったく動かしていないのに、
電気が走るような肩の外側の痛みです。

これらは脱臼によって
神経を損傷してしまっている、
神経を圧迫してしまっているなど、

なんらかの神経障害を疑う所見で、
より急いで脱臼を整復しないといけません。

肩の脱臼の整復後の注意すべき症状

脱臼の整復後も
注意すべき症状があります。

肩まわりの痺れや肩が全く動かないなど

さきほど、神経障害を疑う所見を
解説いたしましたが、

特に腋窩神経という
三角筋という肩を挙げる筋肉の
損傷のリスクが比較的高いので、

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節外科の要点と盲点 (整形外科Knack & Pitfalls)第1版 文光堂

整復後、肩まわりのしびれや
肩が少しも動かせない

というような症状は注意が必要です。

反復性肩関節脱臼

特に若い人でリスクが高いのが、

いわゆる「くせになる」という状態です。

これは、一度脱臼してしまったあとに、
ちょっとしたことで外れてしまう

という状態になり、

脱臼を繰り返してしまう状態で、

これを反復性肩関節脱臼と言います。

 

このメカニズムの詳細は
こちらで解説しておりますが、

バンカート損傷とは? 肩専門医が解説

2017.01.01

原則的には手術で外れにくい肩にしていくことが
一番確実です。

 

今回は肩脱臼の基本的な定義のお話や
症状のお話などをいたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。