野球肩のテーピングのポイントを肩専門医が解説

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔
歌島 大輔
スポーツ整形外科医師(非常勤)景翠会 金沢病院
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

今回は野球肩のテーピングということで、

野球肩を起こしやすい選手に
特徴的な
2つの投球フォームの弱点に対する
補強テーピングを紹介いたします。

野球肩とは?
という基本からメカニズム、
弱点となる投球フォームを解説いたします。

そして、最後にテーピングの動画を
ご紹介いたします。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日は記事をご覧いただきありがとうございます。

それではいきましょう!

野球肩の基本まとめ

野球肩とは?

野球肩とは、
別名、投球障害肩と言いますが、

つまり、投球動作の繰り返しで起こる
肩の痛みのことです。

つまり、肩のどこが傷んでいる
ということを表した言葉ではないので、
野球肩と言っても、様々な病態があるわけです。

野球肩の一番の原因は?

野球肩には様々な病態がありますが、

その原因は

投球動作の繰り返しです。

adobestock_52166588

ここでもう少し、投球動作の中で
肩に何が起こっているか?

ということを理解すると、

様々な病態の野球肩も
共通した原因が見えてきます。

投球動作中の肩は回旋運動+αが実状

投げるという動作において、

一番大きく動いているのは、
肩の外旋と内旋という動きです。

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

投球動作中のこの外旋と内旋という動きは、
日常生活では経験しない可動域とスピードです。

そのため、繰り返せば、
様々なところに無理が来る

というのが原因です。

以前、この投球動作中の肩の動きがわかってきた頃、
「投げるときはストレートだろうと変化球だろうと
肩は内旋外旋・・・つまり捻って投げている!」

ということを強調し、
肩を意識して捻って投げるようとして、

肩の障害を誘発したと思われるケースがありました。

肩で起こっている現象は
肩の回旋運動ですが、

それを意識して起こすことでパフォーマンスが上がる

とは考えないことです。

逆に、その肩の回旋運動を意識して強調することは、
肩への負担を増加し、障害に繋がりかねない
と考えています。

肩の回旋運動で負担がかかるのは?

肩の回旋運動で負担がかかる部位は
たくさんあります。

その中でも、

肩の回旋運動を担いながら、
肩を安定化させている
インナーマッスル、腱板筋群であったり、

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

画像引用元:肩関節鏡下手術 (スキル関節鏡下手術アトラス)第1版 文光堂

肩の安定化の最重要組織と言ってもいい、
関節唇(かんせつしん)

glenoid_anatomy

画像引用元: Philipp N et al:Anterior Glenohumeral Instability: A Pathology-based Surgical Treatment Strategy. AAOS 2014

肩の前方の安定性に貢献している
腱板疎部(けんばんそぶ)

などが代表的です。

つまり、野球肩の病態は
これらの組織が傷んでしまう
ということが多いわけです。

野球肩の治療は原因追及と保存治療が原則

野球肩の治療のキモは

なぜ痛みが出ているのか?
という原因追及です。

MRIなどの精密検査をしても
画像上の異常がないケース
非常に微細な異常があるケース
が多く

投球動作という複雑かつ
高ストレスな動作中の痛みの原因を
特定するのは容易ではありません。

そのため、画像ばかりに頼らずに
症状、身体診察、投球フォームの確認など
総合的な判断が必要になります。

こちらもご参照ください。

野球肩の症状から中で何が起こってるか推測! 専門医解説

2016.12.19

そのように原因を追求した上で、

柔軟性や筋力などのフィジカルの改善
投球フォームの改善など

手術以外の保存治療をして、
時に手術も必要になる。

というのが野球肩の治療です。

野球肩の原因となり得る典型的なフォーム

野球肩の原因となるフォームは
いくつかあるわけですが、

ここでは肘の位置に着目して
2つご紹介します。

バックスイングからリリースまでに肘が下がる

投球動作というのは、
前脚をステップするにしたがって
肘を両肩のラインぐらいまであげていって、

その両肩のライン上に肘の高さをキープしながら、
肩甲骨や肩の回旋運動も交えながら、
腕をスイングしていく動作です。

しかし、その肩の回旋運動が入るときに、
肘が両肩のラインより下がっていると、

画像引用元:OSnow_instruction_11_肩・肘のスポーツ障害 メジカルビュー社

画像引用元:OSnow_instruction_11_肩・肘のスポーツ障害 メジカルビュー社

いわゆるインターナルインピンジメントが
起こりやすいと考えられています。

画像引用元:OSnow_instruction_11_肩・肘のスポーツ障害 メジカルビュー社

画像引用元:OSnow_instruction_11_肩・肘のスポーツ障害 メジカルビュー社

また、肩の外旋の可動域も
肘が下がると狭まるので、
余計に肩に無理がかかる

と言えます。

バックスイングで肘が背中側に入りすぎる

バックスイングで
腕を大きく振ろうと、
胸を張ろうとしすぎて、

肘が背中側に入りすぎてしまう。

画像引用元:OSnow_instruction_11_肩・肘のスポーツ障害 メジカルビュー社

画像引用元:OSnow_instruction_11_肩・肘のスポーツ障害 メジカルビュー社

という投球フォームの選手は多いです。

 

これでも肩甲骨の動きが大きく柔軟な選手は
背中に入ってしまっても、
それ以上に肩甲骨が動いているので、

大事に至らないことがありますが、

そうでないと、

肩におけるインターナルインピンジメントと
先ほどの肘下がり

両方とも起こりやすくなります。

野球肩のテーピングは弱点を補強する目的で

この2つの弱点に対して、
テーピングで補強するには?

と考えてみます。

考え方はシンプルです。

肘が下がりやすい選手には

肘が下がりやすいなら、
肘が上がる、
つまり外転方向にサポートするテーピングをやりましょう。

肘がテークバックで背中側に入りやすい選手には

肘が背中側に入ってしまうなら、
肩の前方にテーピングをして、
肩の屈曲方向にサポートするテーピングをやりましょう。

 

また、さらに
肩甲骨だけ、背中側に引っぱるようなテーピング
胸を張るのにもいいですし、

背中側に肘が入っても、
肩甲骨がしっかりと動いてくれるので、
大事に至らないフォームに修正できる可能性があります。

テーピングはそれに頼りっきりでは良くない

テーピングは投球動作を繰り返せば、
だんだんサポート力は落ちますし、

テーピングの強度も毎回同じにできるわけではありません。

また、ある動きをサポートすることは、
別の動きの妨げになることもあります。

そういう意味では、

オススメは、投球フォームの修正を徹底するときに、
その動きを覚え込ませるための一時的な使い方です。

 

今回は野球肩のテーピングのポイントと言うことで、
原因となり得る弱点投球フォームの
修正目的のテーピングをご紹介いたしました。

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

おかげさまでたくさんのご相談をいただいております。どうしてもゆっくり時間をかけて1人1人と向き合えないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること・ご提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。